Home参考書・辞典・資格・語学連載コラム子どもの可能性を引き出す アメリカ最新教育事情第50回 帰国生の英語力の維持

連載コラム

幼児小学生

子どもの可能性を引き出す アメリカ最新教育事情

第50回 

[2014年03月19日 公開]

帰国生の英語力の維持

織井弥生

約5年にわたり続いてきました本コラムは、今回をもって最終回となります。
しめくくりとなる今回は、身に着けた英語力の維持についてです。

帰国子女となって

この度、通算11年のアメリカ生活を終えて、私たち家族は日本に戻りました。
高1の長女と小5の長男は、それぞれ日本の学校に編入しました。
あんなに苦労した日本語も、毎日の学校生活の中で嫌でも上達し、授業にもなんとかついて行くことができるようになりました。
帰国生を受け入れている学校のため、編入時に多大な配慮をいただいたこともありますが、子どもの順応性の高さにはつくづく驚かされます。

アメリカでは「家では日本語を話そうね」「日本語の本を読もうね」と言っていたのが、今では、「英語でテレビを見たら?」「暇があれば英語の本を読むといいわよ」と言うように変わりました。
それでも子ども同士の会話はまだ英語ですので、話し言葉のリズムや感覚は保っているようです。

英語力を保持する試み

せっかく身に着けた英語力をいかにして保つか? 
これは英語圏から戻ってきた帰国子女の大きな悩みです。
アメリカで日本語力をつけることに格闘していたのと反対のことを今度は取り組むことになりました。

まずは、小学生の息子が試している方法をご紹介します。

1. 読書は英語中心に
思考言語としての英語の領域を保持する最も手っ取り速い方法は、英語の本を読むことです。
日本語力のために日本の本も読ませたいのですが、帰国してしばらくの間は、学校の授業や社会生活への適応で子どもはとても疲れます。
ラクな言葉の英語の世界に浸ることは、ストレス解消法のひとつです。
ですから、英語のメディアになるべく触れさせるようにしています。
そのなかでも一番大切なのが読書です。
言語としてのボキャブラリーや表現、内容からの知識と洞察、これらを英語で得ることで英語力を保持し、同時に学力を伸ばしたいと考えています。

さらに、単に読むだけでは内容理解が足りなかったり、好きな本ばかりですとジャンルが偏ったりするので、塾の先生と文学作品を読むことをしています。
単に読み進めるだけでなく、先生には、語彙のチェックや内容分析のライティングなどの課題を出していただきます。
自宅のみの学習では「アカデミックに書く」ということがなかなか難しいので、この点を塾の先生に補っていただいています。

テレビや映画を英語で観ることも継続しています。
ディズニーチャンネル、カートゥーンネットワーク等の気楽な番組はアメリカの子ども社会を思い出して楽しいようです。
子どもたちは、もともと日本のテレビはニュースと「サザエさん」程度しか観ませんので、これはアメリカ時代とほとんど変わっていません。
映画はジャンルにこだわらず、レイティングを参考に選んでいます。

2. 英語によるオンライン学習の継続
以前もご紹介しましたが、オンライン学習も続けています。

スタンフォード大学によるEducation Program for Gifted Youth (EPGY) では、英語で算数の学習をしています。 
これは、単なる英語の学習というよりも、英語で数学の知識を得る、英語で論理的に考える機会ととらえています。
インターネットでプログラムにアクセスし、自分のペースで課題を進めていくことが基本ですが、週1回、チューターとのバーチャル・クラスもあります。
バーチャル・クラスというのは、先生と生徒が決まった時間にオンライン上の会議室システムにアクセスし、授業をおこなうものです。
アメリカでは、ビジネスでもアカデミックな世界でも、バーチャルミーティングは一般的で、このような子ども向けのクラスでも採用されています。
チューターは、生徒の希望により特定の単元を扱うこともあれば、その場で生徒の質問に答えていくなど、進め方は柔軟です。
チューターの説明はコンピューターに表示される会議室の黒板にリアルタイムで表示され、生徒もそこに書き込むことができます。
互いの顔は画面に表示され、音声による会話も可能ですので、教室での授業と同じように進行します。
生徒たちは同じプログラムで勉強しているものの、進度はそれぞれ違いますが、各自が疑問に思っていることやもっと知りたいことを質問し、クラスで共有することにより、学習の幅を広げることができることが素晴らしいと感じています。
ウェブサイト: http://epgy.stanford.edu

TIME 4 LEARNING (タイム・フォー・ラーニング) では、主にLanguage Arts(英語全般)のクラスを取っています。
ボキャブラリービルディングから読解まで網羅されており、アメリカの学校のLanguage Artsとさほど変わらない内容です。
ホームスクーリングの子どもたちを主な対象としているだけあって、英語以外にも算数、社会、理科、美術など科目が豊富で、いずれも自分のペースで進められることは大きな魅力です。
ウェブサイト: http://www.time4learning.com/

長女は、学校で帰国子女のみを対象とする英語クラスに入っています。
リーディング、ライティング、スピーチとバランス良い授業が受けられるので、現地のハイスクールと同等のアウトプットを継続することができています。
担当のネイティブの先生には授業以外のことでも積極的に相談するようにしています。


◆真のバイリンガルとなるために
二人の子どもは、言葉でなく社会的側面においても日本とアメリカ両国を理解しコミュニケートできるバイリンガルになってほしいと願っています。

長女は3歳から15歳までのほとんどの期間を通じてアメリカの現地校教育を受けたことで、彼女の思考ロジックはアメリカ文化に基づいて英語で組み立てられています。
これを日本語による日本文化に基づくものに矯正するのではなく、いま持っているものと同列で日本の考え方や文化を理解し、状況によって使い分けられるようにすることが重要なテーマです。

生まれてから9歳までアメリカ人の子どもと同じ環境で育った長男は、その後日本でどっぷり日本語の環境に移行しました。
彼の場合は、アメリカで獲得した基本的英語能力の上に、年齢相応のアカデミックな英語運用能力をつけていくことがポイントです。
日本に居ながらにしてそれを進めていくことは困難を伴いますが、継続することで少しでも前進させたいと考えています。

今の努力がこれからどのような形につながっていくのかは未知数ですが、獲得してきた英語力とアメリカ文化への理解が、将来本人と周囲の人たちに役立つものとなるようにと希望しています。

また、日本にいらっしゃる方たちには、これまでご紹介してきたインターネットで得られるツールを含め、日本に居ながらにして英語を学ぶ機会はたくさんありますので、目標を定めて英語の学習に励んでいかれることを願ってやみません。
ぜひ、英語のスキルを楽しみながら身につけ、世界への扉を広げてください。


今まで長期にわたりコラムをお読みいただきましてどうもありがとうございました。
読者の皆様、そして、ずっと支えてくださった学研の志村さんに心より感謝申し上げます。

織井弥生 (おりいやよい)

織井弥生(おりいやよい)

幼少時6歳までをアメリカ合衆国にて過ごす。
上智大学外国語学部英語学科卒業。

大手メーカー勤務後、日米教育委員会フルブライト奨学生として、トップビジネススクールのノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に留学、卒業(MBA)。

エンタテインメント企業、インターネット関連ベンチャー企業等にて事業企画、マーケティングに従事。

2001年より日米間を行き来し、子ども二人を日本とアメリカの公立・私立校に学ばせる。カリフォルニア州在住。

現在、ビジネスパーソンと組織のパフォーマンスを加速させるビジネスコーチング、教育関連のコンサルティング・執筆、駐在家庭のアメリカ生活適応を助ける「海外生活サポートサービス」主宰、と幅広く活動。

訳書に「マーケティング戦略論」(ダイヤモンド社)ほか。

おすすめ商品

小学生の英語ドリル シリーズ

アルファベット・ローマ字・フォニックス
覚えておきたい英単語480
覚えておきたい英語の文

英語を学習したい小学生のためのCD付ドリル。
アルファベット、ローマ字、フォニックスや,国が作った小学英語副読本「英語ノート」の重要単語と英文に加え,中1前半の英文までをカバーした充実した内容の英語ドリルシリーズ。

バックナンバー

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

売れ行き順 [参考書・辞典・語学]
もっと見る
編集部よりひとこと [参考書・辞典・語学]
学研編集部より (7月26日UP) 大学受験TERIOS イチから鍛える英語リスニング 必修編
学研編集部より (6月30日UP) 世界史単語の10秒暗記 ENGRAM2250
学研編集部より (4月10日UP) 現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法
本書の特長 (3月7日UP) ディズニー漢字ブック 中学校で習う全漢字の書き方 漢検対応
中学3年分の数学が、ボカロで圧倒的にわかりやすく勉強できる! 新学習スタイル (3月1日UP) MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学数学
もっと見る
販売部よりひとこと [参考書・辞典・語学]
超常現象専門誌「ムー」が、あなたを救う!? (8月23日UP) ムー公式 実践・超日常英会話
もっと見る
お知らせ [参考書・辞典・語学]
『深めて解ける! 英文法 OUTPUT』に関するお詫びとお知らせ (3月14日UP)
学習参考書『一問一答高校入試理科』に関する お詫びとお知らせ (10月26日UP) 一問一答 高校入試理科
■メディア紹介情報■ (10月7日UP) 書きこみノート 日本史
もっと見る
カテゴリで探す [参考書・辞典・語学]
幼児 参考書・問題集
小学生 参考書・問題集
中学生 参考書・問題集
高校生 参考書・問題集
一般 参考書・問題集
進路・就職
語学
辞典・事典・字典