Home参考書・辞典・資格・語学連載コラム金田一先生の日本語のココロ第12回 「音位転換と倒語」

連載コラム

高校生語学・検定辞典・事典

金田一先生の日本語のココロ

第12回 

[2010年03月17日 公開]

「音位転換と倒語」

金田一 秀穂

金田一先生の日本語のココロ

 

『現代新国語辞典改訂第四版』P.985より

 「だらしない」という語がある。近世語の「しだらない」が変化した語だ。
「しだら」は、事のいきさつ、ひどい有様などの意で、「ふしだら」という語に残っている。
「あたら(新)しい」も、奈良時代には「あらたし」であったが、平安時代に「あたらし」になった。「あら」は「新た」という語に残っている。
このように、一語中の音の位置が変わってしまう現象を「音位転換」または「音位転倒」という。

 さんざか(山茶花)→さざんか
 手持ちぶさた→手持ちぶたさ
 ちゃがま(茶釜)→ちゃまが
 はらつづみ(腹鼓)→はらづつみ
 おさわがせ→おさがわせ

などがその例であるが、最近若者の間では「雰囲気」を「ふいんき」と読む例が増えているという。原因としては、しゃれで言ったものが定着(だらしない)、発音しやすさ(さざんか・ちゃまが)、記憶の不確かさ(雰囲気など)があげられる。(なお、「だらしない」「あたらしい」「さざんか」以外は誤用)

 外来語でも、原語に対する知識不足や発音のしやすさから、
 シミュレーション→シュミレーション
 フェミニズム→フェニミズム
のように、誤用が起こりやすい。

 ない、隠語に多い「たね(種)→ねた」「ばしょ(場所)→しょば」「しろうと(素人)→とうしろ」のように、音の位置を変えて作った言葉を「倒語」という。

『学研現代新国語辞典 改訂第四版』

学研現代新国語辞典 改訂第四版

言葉や漢字の微妙な使い分けが明快な総合国語辞典。基本語から新語やカタカナ語、アルファベット略語などまで豊富に、74,000語を収録。時代のながれにに対して、広く柔軟に対応した辞典で、高校生から一般まで広く役立つ辞典。金田一春彦、金田一秀穂 編。

『学研現代新国語辞典 改訂第四版』

バックナンバー

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

売れ行き順 [参考書・辞典・語学]
もっと見る
編集部よりひとこと [参考書・辞典・語学]
学研編集部より (4月10日UP) 現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法
本書の特長 (3月7日UP) ディズニー漢字ブック 中学校で習う全漢字の書き方 漢検対応
中学3年分の数学が、ボカロで圧倒的にわかりやすく勉強できる! 新学習スタイル (3月1日UP) MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学数学
中学3年分の英単語を、ボカロと一緒に制覇セヨ!新学習スタイル (3月1日UP) MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学英単語
本書の特長 (2月16日UP) 中学入試まんが攻略BON! 理科 天体・気象 新装版
もっと見る
お知らせ [参考書・辞典・語学]
『深めて解ける! 英文法 OUTPUT』に関するお詫びとお知らせ (3月14日UP)
学習参考書『一問一答高校入試理科』に関する お詫びとお知らせ (10月26日UP) 一問一答 高校入試理科
■メディア紹介情報■ (10月7日UP) 書きこみノート 日本史
もっと見る
カテゴリで探す [参考書・辞典・語学]
幼児 参考書・問題集
小学生 参考書・問題集
中学生 参考書・問題集
高校生 参考書・問題集
一般 参考書・問題集
進路・就職
語学
辞典・事典・字典