Homeこどもの本読み物小学生(低学年) > 『ぼくがスカートをはく日』

商品紹介

ぼくがスカートをはく日

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

今度、学校で演劇のオーディションが開催される。ぼくは、女神の役をやりたい。「男子が女子の役をやるんだって!」と言われるだろう。けれど、ぼくは自由に自分らしく生きたい。本物の女の子になりたい。――12歳のグレイソンは、一歩、進みはじめる。

著者

エイミ・ポロンスキー(著)】

アメリカ、シカゴ育ちの作家。学校教師。今作品(原作タイトル「Gracefully Grayson」)が、2016年の全米図書館協会「レインボー・ブック・リスト」に選ばれる。

西田佳子(訳)】

名古屋市出身、東京外国語大学英米語学科卒業。訳書に『わたしはマララ』(金原瑞人氏との共訳)、『すごいね! みんなの通学路』、「警視キンケイドシリーズ」他多数。

まめふく(絵)】

イラストレーター。『波うちぎわのシアン』、『風鈴』の挿絵他、文具・雑貨などのイラストを中心に活動。

松中権(解説)】

認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表。一橋大学卒業後、電通入社。2010年、NPO法人を仲間達と設立。2017年電通を退社し、LGBTと社会をつなぐ場づくりや将来に向けた活動に取り組む。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [小学生(低学年)]
10歳までに読みたい世界名作  宝島
10歳までに読みたい日本名作  走れメロス/くもの糸
なぜ?どうして?  なぜ?どうして?せかいはふしぎ 2年生
キラピチブックス  すみっコぐらし 日記ブック
動物と話せる少女リリアーネ  動物と話せる少女リリアーネはじめてのものがたり 友だちは、白い犬!
もっと見る