Homeこどもの本読み物小学生(低学年)動物と話せる少女リリアーネ『動物と話せる少女リリアーネはじめてのものがたり 友だちは、白い犬!』

商品紹介

動物と話せる少女リリアーネ 

動物と話せる少女リリアーネはじめてのものがたり 友だちは、白い犬!

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

シリーズ初の、低学年向け読み物が登場! 動物と話せる力を持つリリアーネは、ふしぎな力のせいで、友達ができませんでした。ある日、旅行先で、白くて小さな犬と出会います。犬は、せっせと食べ物を集めているようですが…。 心温まる友情と勇気の物語!

この本の目次

▲もくじ

このお話の登場人物たち …4
1 夏休み …6
2 コンラートとハト …21
3 出会い …29
4 白い犬 …39
5 新しい友だち …49
6 ぼんさいの木 …63
7 のら犬のひみつ …75
8 キンカチョウの話 …89
9 ねこのお母さん …97
10 ほんとうの家 …113

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲登場人物がひとめでわかるよ。 ▲イラストが多く、さくさく読めるよ。

初の1~3年生向け!

リリアーネシリーズから、
初の1、2、3年生向けの本ができました!

リリアーネは小学2年生の女の子。
動物と話せる力のせいで、いじめられ、友達ができません。

そんなリリアーネは、家族といっしょに、
夏休みをすごしていました。
ある日、一匹の白い小さな犬と出会います。

白い犬は、食べ物をせっせとたくさん集めては、
しげみの中に運んでいるようです。
いったい、どうしてでしょう?

心あたたまる、
小さな犬との、勇気と友情の物語!

(※「友だちは、白い犬!」は2014年に刊行された『スペシャルⅡ ボンサイの大冒険!』をもとに、低学年向けに再編集したものです)

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

今の子ども達にぴったりの物語

リリアーネは、人とはちがう自分の能力を、
ずっと短所だと思っていました。

けれど人や動物たちと出会い、
いっしょに困難にたちむかううちに、
これは自分にしかない大事な個性・長所だと気付き、成長していきます。

また、登場人物や動物たちを通して、
さまざまな価値観や生き方がえがかれています。

「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズは、
個性のありかたや、多様性が考えられている、今の時代を生きる子ども達にぴったりの物語です。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [小学生(低学年)]
まほうのドレスハウス  ふたごのプリンセスときらきら星のバレリーナ
10歳までに読みたい日本名作  走れメロス/くもの糸
名作よんでよんで  日本の昔ばなし20話
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
10歳までに読みたい世界名作  西遊記
もっと見る