Home参考書・辞典・資格・語学連載コラム子どもの可能性を引き出す アメリカ最新教育事情第24回 ダイバーシティ(多様性)から創られる価値

連載コラム

幼児小学生

子どもの可能性を引き出す アメリカ最新教育事情

第24回 

[2011年11月09日 公開]

ダイバーシティ(多様性)から創られる価値

織井弥生

アメリカは、人々のダイバーシティ(多様性)の上に成り立っている国です。
人種も、人々の考え方も、様々な人間の集合体です。
今回は、アメリカの多様性が教育の場でどのように扱われているかをお伝えします。

多種多様なアメリカ人の「バックグラウンド」

英語では、人のこれまでの人生経緯、経験、知識、環境、精神性などをすべて包括して「バックグラウンド」とよびます。
アメリカに住む人々のバックグラウンドは、出身国、世代(アメリカに渡来して何世代目か)、人種、宗教、教育レベル、政治的信条などの組み合わせであり、実に多様です。

アメリカのコミュニティでは、メンバーのバックグラウンドが様々であるということが、あらゆるテーマの前提です。
英語ではこれを、Diversity(ダイバーシティ、多様性)とよびます。

歴史的に移民により成立した国ですし、今も続々と移民が流入し続けていますので、ダイバーシティ(多様性)は建国時よりもずっと複雑になっている訳です。
人種的な側面だけを見れば、中西部はヨーロッパ系、南部はアフリカ系、西海岸はヒスパニック系・アジア系・先住アメリカ人が多く分布しています。
しかし、全米の大都市では、外見だけでは分からないバックグラウンドの要素が組み合わさった、多種多様な人間が集まっています。

多様性という意味で、いつ行っても面白いと思うのは、カリフォルニアのディズニーランドです。
ライドを待つ行列に並びながら、「これは何語?」、「この人は何人?」と思うことばかりです。
南カリフォルニアという場所柄、ヒスパニック系(スペイン語)の比率が高いことや、世界中からの観光客が多いということはありますが、いかにもアメリカ在住だと思われる人たち(お気軽なTシャツ、短パン、スニーカーまたはビーチサンダルという服装から判断できます)の顔かたちと話す言語が、様々であることは事実です。
ディズニーランドは、まさに、アメリカの人々の多様性が凝縮した場所だといえましょう。

人との違いから何ができるか

多様な人間が集まっているアメリカでは、ひとりひとりが違う存在だということを、小学校低学年から教えられます。
自分のバックグラウンドを受け入れるとともに、クラスメイトはそれぞれ異なるバックグラウンドを持っていることを理解し、お互いにその違いを尊重することの大切さを学びます。

そして、人とは違う自分という存在が、どのように自分らしさに磨きをかけていくかということに指導の目が向けられます。
さらに、単に人と違うだけでは、意味がありません。
自分という独特の存在が、これからどのように社会で機能していきたいか、また、何ができるのかを考え、実行していくことが自分の存在意義につながるのです。

学校の授業で、自分の意見をはっきりと述べることが求められるのも、自分の存在を示すためです。
「○○さんと同じ意見です」では何も伝えていないことと変わりありません。
たとえ人に同意する場合でも、どの点について、どのように同じ意見を持っているのかを説明することが求められます。

高校、大学、一般社会へと進んでいくうちに、自分の価値観と自分らしさを確立することは、より重要な意味を持ちます。
さまざまな人がいる中に埋没してしまうか、それとも自分の立ち位置をしっかりと定め、コミュニティのなかで機能していくか。
それは個人の努力次第だということを、アメリカ人は子どものころから、ダイバーシティ(多様性)という環境の中で、日常的に教えられて育ちます。

このビジョンが、学校の目標にも表れているのでご紹介します。
これまでに通った学校のスローガンの例です。
I can make a difference. (私は世の中を変えていく)
I can make a difference. (勇気をもって変化をもたらそう)
Dare to make a difference. (自分らしさが大切だ!)

新たな発想は多様性から生まれる

アメリカの大学や職場では、メンバーのDiversity(多様性)が重要なキーワードです。
入学や採用に際して、人種や性別等による差別が行われないためという側面があるのは事実です。
しかし、基本的に、多様な人間が集まり切磋琢磨することで新たな発想が生まれるという考えがあります。
様々な経験を持つ、様々な能力を持つ人間がともに学び、働くとき、そこには多くの視点がもたらされます。
その環境では、今までに知ることのなかった洞察が共有され、人々は刺激し合い、新しいアイデアが創造されると期待されるのです。

アメリカの大学の入学審査は、統一試験の結果や高校の成績だけではなく、出身地域、学業外の活動、推薦状、特筆すべき能力なども考慮して入学者を決定するのもその理由からです。
バックグランドの違いは、個々の学生の特徴や特長でもあるのです。

大学のホームページ上で在学生のバックグラウンド構成を公開しているのは、多様な特徴や特長を持った学生を擁していることを示すためでもあるのです。
実際に、私が留学した大学院生活でも、様々な経験を持った人たちと学ぶことは多々ありました。
ケーススタディという企業の事例を研究する授業では、数人が組になって内容を討議してまとめるグループスタディがあるのですが、それは仲良しグループではなく、ランダムに組まされたグループで行わなければなりません。
初めて話す人たちと、教材をもとに何日も何時間もかけて話し合うのですが、その過程では、ひとりひとりの特徴が余すところなく出てきます。

メンバーの出身国・人種・母国語・職務経験がバラバラであることは珍しくありませんが、それぞれのバックグラウンドや体験から示される意見や洞察は興味深く、それらを踏まえてひとつのものを創り出すプロセスは非常に面白いものでした。
日本人だけの議論とはひと味もふた味も違う、まさにダイバーシティ(多様性)があってこそ、個々の枠を超えたものが創造される体験でした。

このように、アメリカで生活していると、自分は自分の特徴・特長をどう活かしていきたいか、ということを頻繁に意識させられます。
日本では、個性や自分らしさを活かすことを奨励されることが多くなってきましたが、人との同質化を好む傾向は相変わらずです。
特に小中学生たちの間では、依然として、人と違うことをすると良くも悪しくも目立ってしまい、歓迎されない反応が起きることはあまり喜ばしいこととは思えません。
金子みすゞの詩「わたしと小鳥とすずと」の一節「みんなちがって みんないい。」の意識が、日本社会、特に子どもたちの間に本当の意味で浸透することを願います。

織井弥生 (おりいやよい)

織井弥生(おりいやよい)

幼少時6歳までをアメリカ合衆国にて過ごす。
上智大学外国語学部英語学科卒業。大手メーカー勤務後、日米教育委員会フルブライト奨学生として、トップビジネススクールのノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に留学、卒業(MBA)。エンタテインメント企業、インターネット関連ベンチャー企業等で事業企画、マーケティングに従事。2001年より日米間を行き来し、子ども(現在現地校中1と小2)を日本とアメリカの公立・私立校に学ばせる。カリフォルニア州在住。ビジネスコーチとしてビジネスパーソンの自発的な目標達成の支援、教育関連のコンサルティングと執筆、海外駐在家庭のアメリカ生活適応を手助けする「海外生活サポートサービス」主宰、と幅広く活動。訳書に「マーケティング戦略論」(ダイヤモンド社)ほか。

おすすめ商品

小学生の英語ドリル シリーズ

アルファベット・ローマ字・フォニックス
覚えておきたい英単語440
覚えておきたい英語の文

英語を学習したい小学生のためのCD付ドリル。
アルファベット、ローマ字、フォニックスや,国が作った小学英語副読本「英語ノート」の重要単語と英文に加え,中1前半の英文までをカバーした充実した内容の英語ドリルシリーズ。

バックナンバー

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

売れ行き順 [参考書・辞典・語学]
もっと見る
最新/イベント/懸賞/公募情報 [参考書・辞典・語学]
[最新](12月14日UP)無料体験版公開中! 詳しくはこちら。 小学生のためのタイピングスタディブック
[最新](11月12日UP)■新学習指導要領での学習漢字(教育漢字)についてのお知らせ■ 小学生の新レインボー漢字読み書き辞典 第5版
[最新](3月15日UP)■新学習指導要領での学習漢字(教育漢字)についてのお知らせ■ 小学生向辞典・事典 新レインボー小学国語辞典 改訂第5版 ワイド版(オールカラー)
[最新](3月15日UP)■新学習指導要領での学習漢字(教育漢字)についてのお知らせ■ 新レインボー小学漢字辞典 改訂第5版 小型版(オールカラー)
[最新](3月15日UP)■新学習指導要領での学習漢字(教育漢字)についてのお知らせ■ 新レインボー小学漢字辞典 改訂第5版 ワイド版(オールカラー)
もっと見る
編集部よりひとこと [参考書・辞典・語学]
「毎日ちょっとずつでも勉強してくれたら…」そんな悩みを解決! (4月10日UP) 早ね早おき朝5分ドリル 小3計算
「毎日ちょっとずつでも勉強してくれたら…」そんな悩みを解決! (4月10日UP) 早ね早おき朝5分ドリル 小2計算
「毎日ちょっとずつでも勉強してくれたら…」そんな悩みを解決 (4月10日UP) 早ね早おき朝5分ドリル 小1けいさん
「毎日ちょっとずつでも勉強してくれたら…」そんな悩みを解決! (4月10日UP) 早ね早おき朝5分ドリル 小5計算
「毎日ちょっとずつでも勉強してくれたら…」そんな悩みを解決! (4月10日UP) 早ね早おき朝5分ドリル 小4計算
もっと見る
販売部よりひとこと [参考書・辞典・語学]
この本をお使いいただいたお客さまからの声を紹介します。 (2月23日UP) 中学入試まんが攻略BON! 理科 天体・気象 新装版
超常現象専門誌「ムー」が、あなたを救う!? (8月23日UP) ムー公式 実践・超日常英会話
もっと見る
お知らせ [参考書・辞典・語学]
『深めて解ける! 英文法 OUTPUT』に関するお詫びとお知らせ (3月14日UP)
学習参考書『一問一答高校入試理科』に関する お詫びとお知らせ (10月26日UP) 一問一答 高校入試理科
■メディア紹介情報■ (10月7日UP) 書きこみノート 日本史
もっと見る
カテゴリで探す [参考書・辞典・語学]
幼児 参考書・問題集
小学生 参考書・問題集
中学生 参考書・問題集
高校生 参考書・問題集
一般 参考書・問題集
進路・就職
語学
辞典・事典・字典