Homeこどもの本読み物名作・昔話名作よんでよんで『日本の昔ばなし20話』

商品紹介

名作よんでよんで 

日本の昔ばなし20話

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

名作おはなし集。「ももたろう」や「うらしまたろう」など、古くから日本の子どもたちに読み継がれてきた、伝統ある日本のむかしばなしを20話収録。幼児教育の現場で人気のイラストレーターが描くかわいい絵が特徴。全20話の解説つき。読み聞かせに最適。

この本の目次

1. ももたろう
2. つるの おんがえし
3. おむすびころりん
4. うらしまたろう
5. かさじぞう
6. ねずみの すもう
7. したきりすずめ
8. きんたろう
9. 花さかじいさん
10. かにむかし
11. 三まいの おふだ
12. ぶんぶくちゃがま
13. いっすんぼうし
14. かぐやひめ
15. ちからたろう
16. わらしべちょうじゃ
17. かもとりごんべえ
18. かちかち山
19. 天ぐの かくれみの
20. 雪女

おはなしの解説/横山洋子
昔話はなぜおもしろい/西本鶏介

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲短くテンポのいい文章が、飽きさせません。「きんたろう」より。 ▲大胆な構図の「つるのおんがえし」。子どもの心に感動的に迫ります。 ▲「かさじぞう」は、しっとりと、情感豊かなイラストで。

文章とイラストの絶妙なバランス!

①伝統ある日本の昔ばなしを、コンパクトに、たっぷり20話も!

知っておきたい日本のお話が、読みやすくまとまっていて、読み聞かせに最適。すっとストーリーが頭に入ってきます。
1冊で20話も収録されているので、毎日ちがうお話を楽しめて、お得! かさばりがちな絵本棚の、省スペースにも貢献します。

②大きくてかわいいさし絵に、子どもが集中。

幼児教育の現場で活躍中のイラストレーターたちの手による、誌面いっぱいのダイナミックなさし絵は、何度見返しても新たな発見があり、子どもを飽きさせません。1冊でいろいろなタッチのイラストを楽しめるのも、うれしいポイント。

③全話解説つき!

幼稚園・小学校教諭を17年間勤めた経験を持つ監修者による、各話の解説が、ためになる!と大好評! お話の背景やテーマを頭に入れておくと、読み聞かせる声にも、より一層、心がこもります。

「お話の解説が、読み聞かせる前知識として、とてもありがたく助かりました。メッセージを頭に置くことにより、心して読み聞かせることができました」(読者の声より)

このページのトップにもどる

著者

西本鶏介(文)】

1934年、奈良県生まれ。国学院大学文学科卒。児童文学作家。評論・創作・民話研究などでも活躍。著書多数。昭和女子大学名誉教授。

このページのトップにもどる

▲まるで桜の木の上にいる気分…「花さかじいさん」。 ▲クライマックスはダイナミックに。「いっすんぼうし」。 ▲日本昔ばなしならではの、和風タッチを味わいたい「かぐやひめ」。

定番のお話がまとまっていて、読み聞かせ用に気に入っています。息子も「このページがすき」といって楽しんでいます。(4歳5か月)

知っていてほしいお話がたくさん入っていて、とてもよかったです。親も改めて読み直しができて、うれしかったです。絵が大きいところも気に入りました。(3歳0か月)

さし絵がとてもかわいく、子どもの興味がそそられました。字の大きさも、読みやすくちょうどいいです。(3歳6か月)

5年生のお兄ちゃんも、いっしょに喜んで読んでいました。(5歳4か月)

大きさも重さもちょうどよい。20話も入っているのに内容もしっかりしている。字が大きくて、ひらがなが多いので、5歳の子どもでも読めるところがいい。(5歳8か月)

分かりやすくまとめられており、娘も非常に興味を持って聞いていました。文章も暗記してしまったところもあるほどで、大変よかったです。(2歳4か月)

軽くて、読みやすいです。絵もかわいくて子どもも気に入っています。(4歳3か月)

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [名作・昔話]
10歳までに読みたい世界名作  宝島
10歳までに読みたい日本名作  走れメロス/くもの糸
名作よんでよんで  日本の昔ばなし20話
10歳までに読みたい世界名作  名探偵シャーロック・ホームズ
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
もっと見る