Homeこどもの本赤ちゃんはじめてのえほんおさかなちゃん『おさかなちゃんの ばいば~い』

商品紹介

おさかなちゃん 

おさかなちゃんの ばいば~い

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

ちっちゃなおさかなちゃんを、ママがおむかえにきました。うれしくって、お友だちひとりひとりに、元気にごあいさつ。「ばいば~い」のくりかえしが楽しい、世界中のママから愛される赤ちゃん絵本。丈夫なのに驚くほど軽い仕様で、おでかけにも便利。

この本のみどころ・おすすめ

▲ばいばいするおさかなちゃん、とってもうれしそう ▲次々とお友だちにごあいさつ ▲カラフルな色が目を引きつけます

こどもは「ばいばい」が大好き! 笑顔になれるストーリー

こどもが最初には言えるようになるごあいさつは、「ばいばい」。おともだちにつぎつぎ「ばいばい」する繰り返しが楽しくて、ママもこどもも、読むだけで笑顔があふれてきます。

このページのトップにもどる

著者

世界30か国以上で翻訳されている人気作家

作・絵/ヒド・ファン・ヘネヒテン
1957年ベルギー生まれ。1988年に最初の絵本「Rikki」で、ハッセルト市国際絵本賞を受賞。さらに2007年には『ずっとママといっしょがいいの!』(主婦の友社)で、最高の児童図書のイラストレーターに贈られる「最優秀絵本リーダーズ・ダイジェスト賞」を受賞。その後も多数のベストセラーを生み出し、世界30か国以上で翻訳出版されている人気絵本作家。

このページのトップにもどる

・「ばいば~い」と手をふっていたので、買って良かったです。(1歳1か月)

・まず見た目のインパクトと、かわいイラストと、文字と絵本のページの厚み、ストーリーもとても可愛らしくて、手に取ってスグに購入決定☆☆(1歳1か月)

・まだ、「ばいばい」がわかりませんが、この本を通して覚えてもらえたらと思いました。絵はカラフルなので、すぐ興味を持ってくれました。(0歳3か月)

・絵がかわいい。内容も分かりやすく、子どもに合っている。サイズが丁度いい。やぶれないのが良い!!(1歳7か月)

・おさかなちゃんがかわいくて、まとめて2冊同時に購入してしまいましたが、子どもも喜んでくれて良かったです。(0歳9か月)

・絵がかわいくて「ばいば~い」がくり返しあるので、言葉を覚えたときにくり返し言えそうで良い。楽しみ。(0歳0か月)

・色がキレイでかわいくて購入しました。『ちっちゃなおさかなちゃん』も買いたいと思います。(0歳2か月)

・キャーキャーよろこんで見ていました!(1歳2か月)

・黒い背景に浮かびあがる、カラフルな生きものがかわいい。あいさつする、あいさつしていくということが学べそう!(0歳6か月)

・ばいばいが大好きな娘のお気に入りです!(1歳0か月)

・子供が声を出して喜んでいました。(1歳5か月)

・指をさしてニコニコしてます。(0歳6か月)

・カラフルで、小さな赤ちゃんの目をひいてくれてキレイでうれしい!(0歳5か月)

・とてもかわいい絵で色もあざやかでよかったです。(1歳8か月)

・本の厚さとイラストが気に入りました。子どももこの本が大好きで喜んでいます。(1歳0か月)

・子供が気に入ったようで毎日見ています。シリーズの他の本も購入しようと思います。(1歳2か月)

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

世界中のママから絶賛の声、とどいてます!

●オランダより
こどもは最初にdag(ばいばい)をいえるようになります。この絵本はこどもにとって、本当に楽しそう。

●ドイツより
Super Buch!(サイコーの絵本!)
1歳から読んでいて3歳になった今もこの絵本がいちばん好き! 文章を覚えて「ばいばい!」と誇らしげにいっています。

●フランスより
黒い背景のおかげで集中して聞いていられるようです。こどもがcouleur(色)にふれるのにぴったりな絵本です。

●アメリカより
4か月のときに出会って以来、1歳3か月の今までずっと absolute favorite.(超お気に入り)せがまれて1日10回は読んでいます。

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲おさかなちゃんの パパかっこいい! ▲おさかなちゃんの じょうずじょうず ▲おさかなちゃんの あのね、ママ

かわいいおさかなちゃんの本、他にもあります!

ちっちゃなおさかなちゃんとママの物語、ほかにもまだまだありますので、あわせてごらんください。



「おさかなちゃんの パパかっこいい!」
 
「おさかなちゃんのパパは…どんなパパ?」
ダンスがうまいダンスパパ、おんぶがうまいおんぶパパ。みんなみんなかっこいい…ちっちゃなこどもの目線で考える、パパのかっこよさの物語です





「おさかなちゃんの じょうずじょうず」
 
「おさかなちゃんは…なにが じょうず?」
得意なことはなあに? ちょきちょきするのが、じょうずなこ。ころころするのが、じょうずなこ。おさかなちゃんを通じて、こどものじょうずをさがす物語です





「おさかなちゃんの あのね、ママ」
 
「あのね、ママ。おともだちってね…」
ちっちゃなおさかなちゃんに、おともだちができたんですって! 「わが子ももう少しおおきくなったら、友情に恵まれますように」と願いたくなる物語です



「おさかなちゃんの できた!」
 
「ぜったいママにみせるんだ」
ちっちゃなおさかなちゃんがつくった石のつみきがたおれちゃった。悲しくなったおさかなちゃん…でもがんばって再挑戦! けなげな奮闘を描いた物語です


「ちっちゃな おさかなちゃん」
 
「わぁ~い。ママ だぁいすき!」
ママをさがして、ひろ~い海を泳いでいく、ちっちゃなおさかなちゃん。さがしているときの心細さと、ママに会えたときのうれしそうな笑顔に、ママもキュンとくる物語です


「おさかなちゃんの ぴんぽ~ん」

「ぴんぽ~ん! あれ、だれがきたのかな?」 
ちっちゃなおさかなちゃんのところへ、次々にお友だちがたずねてきます。ラストには「おたんじょうび、おめでとう!」最高にうれしいサプライズが待っている物語です

  
「おさかなちゃんの おいでおいで」
 
「おいで おいで」って、ステキなこと!
おさかなちゃんが「おいでおいで」と、お友だちを遊びに誘います。みんな集まったら…わくわくする遊びの始まり! 大好きな仲間が増えていくうれしさが伝わってくる物語です

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [はじめてのえほん]
いっしょにあそぼ  しましまぐるぐる
NEWぴよちゃんとあそぼ!  めくってばあ!
いっしょにあそぼ  まるまる ぽぽぽん
NEWぴよちゃんとあそぼ!  ふわふわだあれ?
いっしょにあそぼ  あかあかくろくろ
もっと見る