Homeこどもの本赤ちゃんはじめてのえほんおさかなちゃん『ちっちゃな おさかなちゃん』

商品紹介

おさかなちゃん 

ちっちゃな おさかなちゃん

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

ちっちゃなおさかなちゃんが、海の中でママを探します。つぎつぎにお友だちに出会い…無事ママにも会えるかな? 世界中のママがキュンとした、かわいらしいお話。黒い背景にカラフルな色づかいが、赤ちゃんの目を引きつけます。丈夫なのに軽い合紙絵本。

立ち読み

内容を紹介した特別ムービーをごらんください。

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲こどもが喜ぶカラフルな場面が次々に ▲ママ~ どこ? おともだちに聞いてみます ▲さあ、ママに会えるでしょうか?

ぎゅーっとこどもをだきしめたくなる、かわいらしいストーリー

本を開くと、ママをさがして、ひろ~い海を泳いでいくおさかなちゃん。カラフルでコントラストの強い配色に、0,1,2歳は大喜び。お話の世界にぐいっと引き込まれます。

一生懸命なおさかなちゃんのかわいらしさに、こどもはラストでにっこり。ママはなぜかうるるっ。こどもをだきしめて、「だいすきよ」と伝えたくなる愛おしいお話です。

このページのトップにもどる

著者

世界30か国以上で翻訳されている人気作家

作・絵/ヒド・ファン・ヘネヒテン
1957年ベルギー生まれ。1988年に最初の絵本「Rikki」で、ハッセルト市国際絵本賞を受賞。さらに2007年には『ずっとママといっしょがいいの!』(主婦の友社)で、最高の児童図書のイラストレーターに贈られる「最優秀絵本リーダーズ・ダイジェスト賞」を受賞。その後も多数のベストセラーを生み出し、世界30か国以上で翻訳出版されている人気絵本作家。

このページのトップにもどる

・100日のお祝いで親せきからもらったのですが、とても喜んで見ます。読み聞かせると興奮して体もバタバタ動かすし、私も感激しました。(0歳4か月)

・娘がとびついた。子どもが気に入ったのでよかった!(1歳7か月)

・黒をベースに、カラフルな絵が描いてあるため、0歳の赤ちゃんでも注目してみてくれました。また擬音語もあり、それがすごく気に入った様子でした。(0歳6か月)

・寝る前の読み聞かせをしています。初めて与えた絵本です。じっと集中してながめています。(0歳7か月)

・泣いていても泣き止みます。このシリーズ、もっと欲しいです。(0歳4か月)

・絵がとてもきれいです。破れにくい作りになっているのもいいです。安心して、息子に預けられます。(1歳2か月)

・自分でページをめくりたがる月齢になったので、手を切らないよう、厚紙の本を探していました! ページ数や内容もわかりやすく、とても気に入りました☆彡(0歳6か月)

・日本の絵本にあまりない色づかいに、大興奮です。(0歳11か月)

・まだお座りできないため、ひざに座らせて読んでいます。そのため、子どもの表情が見えなかったので、黒い絵本を探していました。本に映った子どもの喜んだ顔が見え、私も楽しく読み聞かせできます。(0歳4か月)

・海の生物が載っている絵本はあまりないので、楽しく読めました。(0歳11か月)

・おさかなちゃんママをさがすように、いっしょにキョロキョロしながら、聞いていて、楽しそうでした。(0歳7か月)

・子供向けの本で黒いのがめずらしいです。物語も可愛い文章になっていて気に入りました。(1歳6か月)

・色々ユニークな海の生物が次々と登場してくる所がよかった。色どりもキレイです。最後にママに会えて感動しました。(0歳10か月)

・登場する生きものがいう、自分の名前がおもしろい。(0歳9か月)

・子どもが、絵本を見て、さかなとカニのかわいいイラストを描いてくれています。(1歳4か月)

・何よりも色がとてもきれいで、目をひきました。子どもも声をあげて喜んでいたのですが、読む私も楽しいです。(0歳9か月)

・とても優しい絵とお話で、親子そろって楽しく読んでいます(・v・)(1歳3か月)

・ペラペラとめくってあそんでいます。ストーリー性があるので、読むほうも楽しくよめます。シリーズの他の本も買ってみましたが、よかったです。(0歳11か月)

・カラーがはっきりしていて視覚的に楽しい。ストーリーもわかりやすく読みやすい。(0歳2か月)

・子供がすごく見ていて、また読んであげたくなりました。(0歳2か月)

・ぷくぷくという1ページ目から、イラストがかわいく明るく、また子供が生き物の特徴を覚えやすい。(1歳4か月)

・おさかなちゃんがかわいい。微妙な色使いがきれい。(0歳4か月)

・話の長さもちょうど良く、カラフルなので、子どもも見入ってます。ストーリーもすごく良いです♪(0歳3か月)

・色合い、一つ一つの絵の大きさがとても印象的だった。子供には簡単な内容かと思ったけれど、自分が繰り返し読みたくて購入した。絵、色、大きさ、がとても好みで、一日に何度も読み返している。(1歳7か月)

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

世界中のママから絶賛の声、とどいてます!

●フランスより
とてもとても優しいストーリーです。Tout mignon!(すべてがかわいい!)

●ドイツより
1歳4か月の息子はこの本が大好き。おさかなちゃんとママを探して…最後にはとっても幸せな表情で"Mama!"といいます。

●イギリスより
8か月の娘が本を手に取ったととたん、squeals with delight!(歓声をあげました!)この本にはこどもをひきつける何かがあります。

●オランダより
Keer op keer moet ik het voorlezen.(何度も何度も読みたい本)ドキドキの展開…ラストはハッピーエンドです!

●日本のママたちの声!!

・100日のお祝いで親せきからもらったのですが、とても喜んで見ます。読み聞かせると興奮して体もバタバタ動かすし、私も感激しました。(0歳4か月)

・娘がとびついた。子どもが気に入ったのでよかった!(1歳7か月)

・黒をベースに、カラフルな絵が描いてあるため、0歳の赤ちゃんでも注目してみてくれました。また擬音語もあり、それがすごく気に入った様子でした。(0歳6か月)

・寝る前の読み聞かせをしています。初めて与えた絵本です。じっと集中してながめています。(0歳7か月)

・泣いていても泣き止みます。このシリーズ、もっと欲しいです。(0歳4か月)

・絵がとてもきれいです。破れにくい作りになっているのもいいです。安心して、息子に預けられます。(1歳2か月)

・自分でページをめくりたがる月齢になったので、手を切らないよう、厚紙の本を探していました! ページ数や内容もわかりやすく、とても気に入りました☆彡(0歳6か月)

・日本の絵本にあまりない色づかいに、大興奮です。(0歳11か月)

・まだお座りできないため、ひざに座らせて読んでいます。そのため、子どもの表情が見えなかったので、黒い絵本を探していました。本に映った子どもの喜んだ顔が見え、私も楽しく読み聞かせできます。(0歳4か月)

・海の生物が載っている絵本はあまりないので、楽しく読めました。(0歳11か月)

・おさかなちゃんママをさがすように、いっしょにキョロキョロしながら、聞いていて、楽しそうでした。(0歳7か月)

・子供向けの本で黒いのがめずらしいです。物語も可愛い文章になっていて気に入りました。(1歳6か月)

・色々ユニークな海の生物が次々と登場してくる所がよかった。色どりもキレイです。最後にママに会えて感動しました。(0歳10か月)

・登場する生きものがいう、自分の名前がおもしろい。(0歳9か月)

・子どもが、絵本を見て、さかなとカニのかわいいイラストを描いてくれています。(1歳4か月)

・何よりも色がとてもきれいで、目をひきました。子どもも声をあげて喜んでいたのですが、読む私も楽しいです。(0歳9か月)

・とても優しい絵とお話で、親子そろって楽しく読んでいます(・v・)(1歳3か月)

・ペラペラとめくってあそんでいます。ストーリー性があるので、読むほうも楽しくよめます。シリーズの他の本も買ってみましたが、よかったです。(0歳11か月)

・カラーがはっきりしていて視覚的に楽しい。ストーリーもわかりやすく読みやすい。(0歳2か月)

・子供がすごく見ていて、また読んであげたくなりました。(0歳2か月)

・ぷくぷくという1ページ目から、イラストがかわいく明るく、また子供が生き物の特徴を覚えやすい。(1歳4か月)

・おさかなちゃんがかわいい。微妙な色使いがきれい。(0歳4か月)

・話の長さもちょうど良く、カラフルなので、子どもも見入ってます。ストーリーもすごく良いです♪(0歳3か月)

・色合い、一つ一つの絵の大きさがとても印象的だった。子供には簡単な内容かと思ったけれど、自分が繰り返し読みたくて購入した。絵、色、大きさ、がとても好みで、一日に何度も読み返している。(1歳7か月)

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲おさかなちゃんの パパかっこいい! ▲おさかなちゃんの じょうずじょうず ▲おさかなちゃんの あのね、ママ

かわいいおさかなちゃんの本、他にもあります!

ちっちゃなおさかなちゃんとママの物語、ほかにもまだまだありますので、あわせてごらんください。



「おさかなちゃんの パパかっこいい!」
 
「おさかなちゃんのパパは…どんなパパ?」
ダンスがうまいダンスパパ、おんぶがうまいおんぶパパ。みんなみんなかっこいい…ちっちゃなこどもの目線で考える、パパのかっこよさの物語です





「おさかなちゃんの じょうずじょうず」
 
「おさかなちゃんは…なにが じょうず?」
得意なことはなあに? ちょきちょきするのが、じょうずなこ。ころころするのが、じょうずなこ。おさかなちゃんを通じて、こどものじょうずをさがす物語です





「おさかなちゃんの あのね、ママ」
 
「あのね、ママ。おともだちってね…」
ちっちゃなおさかなちゃんに、おともだちができたんですって! 「わが子ももう少しおおきくなったら、友情に恵まれますように」と願いたくなる物語です



「おさかなちゃんの できた!」
 
「ぜったいママにみせるんだ」
ちっちゃなおさかなちゃんがつくった石のつみきがたおれちゃった。悲しくなったおさかなちゃん…でもがんばって再挑戦! けなげな奮闘を描いた物語です


「おさかなちゃんの ぴんぽ~ん」

「ぴんぽ~ん! あれ、だれがきたのかな?」 
ちっちゃなおさかなちゃんのところへ、次々にお友だちがたずねてきます。ラストには「おたんじょうび、おめでとう!」最高にうれしいサプライズが待っている物語です

  
「おさかなちゃんの おいでおいで」
 
「おいで おいで」って、ステキなこと!
おさかなちゃんが「おいでおいで」と、お友だちを遊びに誘います。みんな集まったら…わくわくする遊びの始まり! 大好きな仲間が増えていくうれしさが伝わってくる物語です


「おさかなちゃんの ばいば~い」  

こどもは「ばいばい」が大好き!
こどもが最初には言えるようになるごあいさつは、「ばいばい」。ちっちゃなおさかなちゃんが、お友だちに次々「ばいばい」するくり返しが楽しい物語です

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [はじめてのえほん]
いっしょにあそぼ  しましまぐるぐる
NEWぴよちゃんとあそぼ!  とびだす いないいないばあ!
NEWぴよちゃんとあそぼ!  めくってばあ!
NEWぴよちゃんとあそぼ!  ふわふわだあれ?
おさかなちゃん  ちっちゃな おさかなちゃん
もっと見る