Homeこどもの本絵本日本の絵本 > 『ゆきのひのいえで』

商品紹介

ゆきのひのいえで

  • 作・絵まるやまあやこ
  • 定価(税込)1,296円
  • 発売日2014年11月07日
  • 発行学研プラス
  • 対象幼児3-5
ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

妹の世話で忙しいまなのお母さん。絵本を読んでと言っても「あとでね」、まなが妹を泣かせてしまうと「お姉さんなんだから」と叱られ…。お姉さんになったことで感じる切なさと、母の愛を再確認することでそれを乗り越える子どもの姿を描く感動絵本。

この本のみどころ・おすすめ

▲「おかあさんは、ちいちゃんばっかり……。ふうんだ、いいもん!」 ▲お気に入りのリュックにお人形や絵本、大好きなものをつめこんで…… ▲「まなちゃんは、おかあさんのだいじなたからもの」

おねえちゃん・おにいちゃんへ贈る絵本

第2回長野県絵本大賞 特別賞受賞
第7回ようちえん絵本大賞 受賞

お母さんを弟妹にとられてしまったと感じているおねえちゃん・おにいちゃんに、お母さんの気持ちを伝えらえる絵本です。

《読者からの感想 続々!》

◆「読み聞かせしている途中で涙が出そうになるくらい、共感が持てました」(年中 ママ)
◆「子どもにもっと『好き』と伝えてあげたいと思いました」(年中 ママ)
◆「母として、まなちゃんのお母さんのように素敵な対応をしてあげられているかしら?と自分を振り返る思いです」(年長 ママ)
◆「わが子の名まえに置きかえて読んであげたら、自分のことのように感じたようです」(年中 ママ)

このページのトップにもどる

著者

まるやまあやこ(作・絵)】

1982年長野県生まれ。多摩美術大学卒。主な絵本に「わたしのくつ」「おかしのくにのバレリーナ」ほか。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [日本の絵本]
どんぐりむらシリーズ  どんぐりむらのいちねんかん
PETIT POOKA  やさいさん
PETIT POOKA  くだものさん
PETIT POOKA  ぼうし とったら
かぜビューン
もっと見る