Homeこどもの本赤ちゃんはじめてのえほんおさかなちゃん『うれしいね!おさかなちゃんの じょうずじょうず』

商品紹介

おさかなちゃん 

おさかなちゃんの じょうずじょうず

うれしいね!

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

ちょきちょきするのが じょうずな子。ころころするのが じょうずな子。ちっちゃなおさかなちゃんは、なにがじょうず? …何かができるようになるってうれしい! いっぱいふやしたいね!! ページごとに変わるあざやかカラーが黒い背景に美しく映えます。

立ち読み

本の内容を動画で紹介します!





【お話の一部を、特別にためし読み!】


ぷく ぷく ぷく…

ひろ~い ひろ~い うみの なかの おはなしです。

(中略)

ちょきっ ちょきっ

チョッキーナはね、ちょきちょきするのが じょうず じょうず。


ころろ ころろ ころろ ころころころ

コロロはね、ころころするのが じょうず じょうず。


ぽわわ~ ぽわわ~

ポワリンはね、ぽわわ~って ひかるのが じょうず じょうず。

(中略)

さあ! つぎは、おさかなちゃんの ばんです。


……つづきは本を読んでくださいね。

このページのトップにもどる

この本の目次

▲表紙◆「お」「か」「ん」の文字のさかなから、あわがぷくぷく! ▲見返し◆カラフルなマルがいっぱいで、こどもがひきつけられます ▲裏表紙◆いしを はこぶのが じょうずじょうず!

1 こどもの視線をとらえるかわいい表紙

⇒内容の説明や、世界のママの声など、解説要素の多い外カバーは、
読み聞かせ時にははずしましょう。そうすると、シンプルでかわいい表紙が登場します


2 あわがぷくぷくのぼってくる、海の中の絵の見返し

⇒黒い背景に、こどもたちの大好きな「まぁるい形」のあわがいっぱいです。
「ぷく? ぷくぷくぷく~!」と調子をつけて、音を楽しんだり、
カラフルなあわを指さしながら「い~ち、に~ぃ、さ~ん…」と数を数えたり、
「これはあか、これはピンク、じゃあ…これは?」と、色を声に出して教えたり。
いろいろ遊べる見開きページが、お話の最初と最後にあります


3 ちっちゃなおさかなちゃんが主人公の物語

⇒わずか8見開きの、ほのぼのストーリーです。
ページごとに色が変わる、美しい絵。海の、おちゃめな仲間たち。
声に出して読むと、読み手まで楽しい気分になる、リズミカルで短い文章…。
ちっちゃなこどもがきゃっきゃっと喜び、心が育ちます


4 おまけの物語をつたえる裏表紙

⇒本をとじたあとも、大事な余韻。
ラストシーンにだけ登場していたお友だちの「じょうずじょうず」がここに表されています

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲翻案を担当した古藤ゆずさん。3児のママです ▲赤いお友だちのページは、地面も海草も文字も、元気な赤! ▲「じょうずじょうず」は、うれしくなってくる魔法の言葉

翻案を担当した、古藤ゆずさんが解説!

◆原作をみて「子育ての至福」を思いました

はじめて、ベルギーの原作を読んだときのこと。
色がきれいでかわいらしくて、そのうえ、ストーリーもとってもシンプルに心に伝わってくる。なんて、うれしくなっちゃう作品なんだろうって、思いました。
私には3人のこどもがいますが、こどもたちがちっちゃいときに戻って、読んであげられたなら…きっと、キャッキャッ笑って、喜ぶだろうなあ、と。
おひざにのせて、ぎゅっとくっついたときの体温、本をながめながら「じょうずじょうず!」って、カタコトのおしゃべり…そんな子育ての至福、ごほうびの時間を、この絵本は運んでくれる! そう強く感じたのです。


◆原作者が描く 海の色は…黒!

海の水の色は全ページ、深くて美しい黒で表されています。だから、こどもは白いおさかなちゃんに最初からぱっと目をひかれます。「これがおさかなちゃんだ」って心で理解し、すーっと物語の世界へ入っていけるのです。
一方、次々に登場する海のお友だちは、はっきりとしたあざやかカラー。よくみると、背景や文字の色まで、赤、ピンク…と変わっていきます。赤いお友だちのページは、地面も海草も文字も、元気な赤!
色をつうじてページごとにうけとめるイメージは、まだ言葉を話さない、ちっちゃなこどもの心にも、幻想的な物語を伝えることでしょう。


◆ゆかいな擬音を 最初に読んで

日本版でのくふうとして「ちょきっ ちょきっ」「ころろ ころろ」といった、ゆかいな擬音を加えました。
こどもは擬音が大好き。ページをめくったとたん、目にとびこんでくるこの擬音を、まず最初に声に出して、読みあげてみてください。
音のおもしろさに、こどもがマネしてきたら大成功です!


◆「じょうずじょうず」は 元気いっぱいに

たくさんの「じょうず」がとりあげられている、この物語。
各ページの「じょうずじょうず」は、声に出してくりかえすと、うれしくなってくる魔法の言葉。こどもが成長していく期待もこめ、テンションあげて読みたい言葉です。
ちっちゃな「じょうず」をみつけて、ほめてあげられる毎日は、とってもステキで、しあわせなことだと思いませんか。
なれてきたら、各ページの右下にあるちっちゃな文字「ぽわわ~」や「つんたった~」にも注目。「何だろうね~?」といいながら思わせぶりにめくれば、こどもは大喜び!
そんなふうに0さい、1さい、2さい…と、こどもの反応や成長を実感できる、うれしい作品です。

このページのトップにもどる

著者

ベルギーの絵本作家×編集者出身のママ作家!

作・絵/ヒド・ファン・ヘネヒテン

1957年ベルギー生まれ。
1998年に最初の絵本『Rikki』で、ハッセルト市国際絵本賞を受賞。さらに最高の児童図書のイラストレーターに贈られる「最優秀絵本リーダーズ・ダイジェスト賞」や、オランダで2度の「今年の絵本」にも選ばれました。
多数のベストセラー作品は、世界50か国以上で翻訳出版。ベルギーを代表する絵本作家です。
来日したこともあり、本書の製作に際して、日本独自のプロデュースに心よく賛同し、理解を示してくれました。


翻案/古藤ゆず

佐賀県生まれ。
出版社で編集の仕事を経て、乳幼児向けの本の企画、執筆を手がけています。
『おさかなちゃん』シリーズで翻案を担当したほか、大人気『めいさくたからばこ』シリーズ(学研プラス)で文を担当しました。
3児のママとしても奮闘中です。

このページのトップにもどる

▲原作者 ヒド・ファン・ヘネヒテンさん ▲ベルギーで2016年に出版された原作 ▲シリーズ全巻、日本のこどもの心をみごとにつかんでいる

ベルギーを代表する絵本作家である、ヒド・ファン・ヘネヒテンさんに、原作にこめた思いや、日本版をみての感想を語っていただきました。


Q 「おさかなちゃんの じょうずじょうず」は、ヒドさんにとって、どんな物語でしょう?

原作は「よくやった! ちいさなしろいおさかなちゃん」という意味あいの題名で、アイデンティティについての物語です。
お友だちの得意なことをみて、ちょっぴり不安にかられながらも「自分はだれ?」「特技って何?」と、自分の資質や得意をさがしていくのです。
最終的に、自分の得意なことがわかったとき、おさかなちゃんは、とっても幸せな気持ちになります。
おさかなちゃんはおよぐのが得意……人によっては、注目にあたいしない、あたりまえのことのように感じるかもしれませんが、おさかなちゃんにとっては、とっても意味のあることなのです。
物語の根底には「だれにだって何か得意なことがある」という思いをこめました。
おさかなちゃんの運ぶこの思いが、日本の「ちっちゃなこどもたち」にも届くことを願います。


Q 日本版は、擬音を加えたり、ページ内の色味を調整したり、絵のサイズを変更したり、厚い紙に表面加工をほどこすなど、原作とはちがうオリジナルのプロデュースをしています。それについて、どう感じましたか?

ベルギーで誕生したこの物語を、別の言語や文化を持つこどもたちに向けて翻訳する、という作業は、並大抵ではないことと理解しています。
ですから、原作に敬意をはらい、内容が正しくあつかわれるのであれば、各国の文化に合わせてローカライズすることは何も問題ないと考えます。
日本版の読者には、原作の対象である「2さい以上のこども」よりも、もっと幼いこどもたちがいます。そのため、編集する際に、2さい未満でも認識しやすく、理解しやすいように、より繊細なニュアンスが加えられ、心くばりがいきとどいているように感じます。
ちっちゃなおさかなちゃんが伝えようとしていることに、日本版の制作にかかわったメンバーが耳をかたむけ、まっすぐにこどもたちに届けようとしてくれたことを、わたしはうれしく思います。


Q 日本版の好きなところは?

日本版は、細部へのすばらしい目くばりがされ、すぐれた技術がほどこされた、美しい本です。
わたしは、この本のサイズや厚さと、つるつるの表面加工を気に入っています。
黒とほかの色のコントラストも、表面加工のない原書よりもっと深さを増していて、ちっちゃなこどもたちを強くひきつけるだろう、と想像しました。
ベルギーの原作は、サイズがもっと大きく紙は薄く、色はシックで、物語も少しちがうのですが、どちらのおさかなちゃんも、正しいおさかなちゃんだ、と考えます。


Q ベルギーで生まれたこのシリーズが、日本で翻訳出版されたことをどう思いますか?

ちっちゃなおさかなちゃんが、日本で自分の道を見つけたことを、ほこりに思いますし、満ちたりた気持ちです。
数年前、東京と京都を訪れました。
圧倒される経験でした。
すぐに、ちっちゃなおさかなちゃんが、日本でも歓迎されていること、おさかなちゃんにとって日本が見知らぬなじまない場所ではなく、生まれ故郷のようにすべてを自然に感じていて、日本という水の中をおよぎまわって生きているのだとわかりました。
しあわせなことに、日本には、おさかなちゃんといっしょに想像の旅をしてくれる、こどもたちや、ママ、パパたちがいたのです。
ちっちゃなおさかなちゃんの目をのぞきこんだ日本のこどもたちが、おさかなちゃんは自分自身のことだと認識してくれますように。
おさかなちゃんがみんなのことを大好きなのと同じように、みんながおさかなちゃんを愛してくれますように!

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲幻想的に光ってみせるお友だちも登場 ▲不思議な「もあもあ」を出すお友だちも… ▲おさかなちゃんのじょうずはね…トンネルくぐり!

世界中のママに選ばれています!

「おさかなちゃん」シリーズは、読み聞かせをしながら、こどももママ・パパも幸せになる絵本として、アメリカ、イギリス、フランスほか20か国で翻訳出版。世界中で、こどもたちに「これ読んで~!」とくり返しせがまれています。


☆イギリスのママより

「8か月の娘はこの本にまっしぐらに進み、squeals with delight(うれしそうにきゃっきゃっと声を出します)」


☆ベルギーのママより

「色づかいがaantrekkelijk(すてき)! 黒い背景が色を特別魅力的に感じさせてくれます」


☆オランダのママより

「息子はheel blij(大満足)。この本といっしょにベッドに入り、この本といっしょに起きています」


☆フランスのママより

「おさかなちゃんにくっついて喜んでいます」


☆アメリカのママより

「super cute(とってもかわいく)てquick(さっと)読みおわるのがいい!」


☆ドイツのママより

「こどもにideal(理想の)本です」



☆もちろん日本のママたちからも、絶賛の声が届いています!

「デザイン、色合い、キャラ、海の生き物にひかれて購入しました。気に入っています(0さい児ママより)」

「絵がかわいい。次ページへの擬音がさりげなくていい(1さい児ママより)」

「娘が「じょーずじょーず」と復唱する姿に胸キュン。子育てはサイコー楽しい↑(2さい児ママより)」

「1さいの息子が、キャッキャッと楽しそうに指をさしました! 表紙に書いてあったとおりです(1さい児ママより)」

「読み始めはジーッと見てるだけでしたが、コロロのページで手を上下に動かしたりしてました!(0さい児ママより)」

「ぐーと言いながら、手でさわっています~!(0さい児ママより)」

「『じょうず じょうずってうれしいね!!』は、いいフレーズだなと思いました。いっぱい言ってあげたい(1さい児ママより)」

「こどもの“いいところみつけ”をいっぱい楽しめる本(0さい児ママより)」

「『○○ちゃんもおさかなちゃんみたいにじょうずじょうずだね~』とほめるのに使えそう!(1さい児ママより)」

「5か月のこどもでも見やすい絵です。プラス思考の肯定的な言葉が多いところもいい!(0さい児ママより)」

「こどもの“できる!できた!!”という気持ちが育ちそう(2さい児ママより)」

「海のなかまがそれぞれじょうずなことを披露する内容がかわいい!(0さい児ママより)」

「『じょうず じょうず』をくりかえし音読するから、こどもをたくさんほめてあげているようでいい気分になります!(1さい児ママより)」

「カラフルでキレイね~、と、いつも話しています(2さい児ママより)」

「ページごとに色がまとまっている。同系色のグラデーションもきれい(1さい児ママより)」

「よくみると、たくさんの種類の青が使われていて幻想的!(0さい児ママより)」

「ポワリンのページはさすが。暗い海底で光っている絵がうまく表現されていると思います(1さい児ママより)」

「ポワリンのページが好き。色づかいと、ポワリンの個性(光ること)をほめている文がいいなと思いました(0さい児ママより)」

「みんながほめてくれるシーンは、はなやか&にぎやかで、自然と笑顔になってしまいました(1さい児&3さい児ママより)」

「みんなひとつずつ、何か得意なことがあるのを、じょうずとほめているところがすてきですね(2さい児ママより)」

「最後のみんなが集まっているページがお気に入り。いろいろなことができると、じょうず・楽しいってことが伝わってくる感じがします(0さい児ママより)」


国内外のママたちからの感動の声は、本書のカバー裏表紙にも紹介しています。

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲おさかなちゃんの パパかっこいい! ▲おさかなちゃんの あのね、ママ ▲おさかなちゃんの できた!

かわいいおさかなちゃんの本、他にもあります!

ちっちゃなおさかなちゃんとママの物語、ほかにもまだまだありますので、あわせてごらんください。



「おさかなちゃんの パパかっこいい!」
 
「おさかなちゃんのパパは…どんなパパ?」
ダンスがうまいダンスパパ、おんぶがうまいおんぶパパ。みんなみんなかっこいい…ちっちゃなこどもの目線で考える、パパのかっこよさの物語です





「おさかなちゃんの あのね、ママ」
 
「あのね、ママ。おともだちってね…」
ちっちゃなおさかなちゃんに、おともだちができたんですって! 「わが子ももう少しおおきくなったら、友情に恵まれますように」と願いたくなる物語です





「おさかなちゃんの できた!」
 
「ぜったいママにみせるんだ」
ちっちゃなおさかなちゃんがつくった石のつみきがたおれちゃった。悲しくなったおさかなちゃん…でもがんばって再挑戦! けなげな奮闘を描いた物語です



「ちっちゃな おさかなちゃん」
 
「わぁ~い。ママ だぁいすき!」
ママをさがして、ひろ~い海を泳いでいく、ちっちゃなおさかなちゃん。さがしているときの心細さと、ママに会えたときのうれしそうな笑顔に、ママもキュンとくる物語です


「おさかなちゃんの ぴんぽ~ん」

「ぴんぽ~ん! あれ、だれがきたのかな?」 
ちっちゃなおさかなちゃんのところへ、次々にお友だちがたずねてきます。ラストには「おたんじょうび、おめでとう!」最高にうれしいサプライズが待っている物語です

  
「おさかなちゃんの おいでおいで」
 
「おいで おいで」って、ステキなこと!
おさかなちゃんが「おいでおいで」と、お友だちを遊びに誘います。みんな集まったら…わくわくする遊びの始まり! 大好きな仲間が増えていくうれしさが伝わってくる物語です


「おさかなちゃんの ばいば~い」  

こどもは「ばいばい」が大好き!
こどもが最初には言えるようになるごあいさつは、「ばいばい」。ちっちゃなおさかなちゃんが、お友だちに次々「ばいばい」するくり返しが楽しい物語です

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [はじめてのえほん]
いっしょにあそぼ  しましまぐるぐる
NEWぴよちゃんとあそぼ!  とびだす いないいないばあ!
NEWぴよちゃんとあそぼ!  めくってばあ!
NEWぴよちゃんとあそぼ!  ふわふわだあれ?
おさかなちゃん  ちっちゃな おさかなちゃん
もっと見る