Homeこどもの本赤ちゃんはじめてのえほんおさかなちゃん『だぁいすきおさかなちゃんの パパかっこいい!』

商品紹介

おさかなちゃん 

おさかなちゃんの パパかっこいい!

だぁいすき

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

ダンスがうまい ダンスパパ。おんぶがうまい おんぶパパ。ちっちゃなおさかなちゃんのパパは、どんなパパ? …こどものすんだ目で見たパパの真の「かっこよさ」が、じんわりと伝わってくるお話。ページごとに変わるあざやかカラーが黒地に美しく映えます。

立ち読み

本の内容を動画で紹介します!





【お話の一部を、特別にためし読み!】


ぷく ぷく ぷく…

ひろ~い ひろ~い うみの なかの おはなしです。

(中略)

もにょ~ん もにょ~ん

あら、おともだちの パパ。
ダンスが うまい ダンスパパ。
かっこいいね!


ずん ずずん ずん ずずん

おんぶが うまい おんぶパパ。
かっこいいね!


ぷしゅ~

わっ、はや~い!
スピードパパ。かっこいいね!

(中略)

「ねえ、おさかなちゃんの パパは? どんな パパ?」


……つづきは本を読んでくださいね。

このページのトップにもどる

この本の目次

▲表紙◆「お」「か」「ん」の文字のさかなから、あわがぷくぷく! ▲見返し◆カラフルなマルがいっぱいで、こどもがひきつけられます ▲裏表紙◆大好きなパパと、いっしょに帰る喜びを伝えています

1 こどもの視線をとらえるかわいい表紙

⇒内容の説明や、世界のママの声など、解説要素の多い外カバーは、
読み聞かせ時にははずしましょう。そうすると、シンプルでかわいい表紙が登場します


2 あわがぷくぷくのぼってくる、海の中の絵の見返し

⇒黒い背景に、こどもたちの大好きな「まぁるい形」のあわがいっぱいです。
「ぷく? ぷくぷくぷく~!」と調子をつけて、音を楽しんだり、
カラフルなあわを指さしながら「い~ち、に~ぃ、さ~ん…」と数を数えたり、
「これはあか、これはみどり、じゃあ…これは?」と、色を声に出して教えたり。
いろいろ遊べる見開きページが、お話の最初と最後にあります


3 ちっちゃなおさかなちゃんが主人公の物語

⇒わずか8見開きの、ほのぼのストーリーです。
ページごとに色が変わる、美しい絵。海の、おちゃめなお友だちとそのパパ。
声に出して読むと、読み手まで楽しい気分になる、リズミカルで短い文章…。
ちっちゃなこどもがきゃっきゃっと喜び、心が育ちます


4 おまけの物語をつたえる裏表紙

⇒本をとじたあとも、大事な余韻。
ラストシーンにいなかったお友だちに、おさかなちゃんが話しかけています

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲翻案を担当した古藤ゆずさん。3児のママです ▲真っ先に擬音が目に入るように、サイズや配置をくふうしました ▲パパにくっついて安心しきった顔!「ぴとっ」をマネしたい

翻案を担当した、古藤ゆずさんが解説!

原作の魅力や、日本版の際にくふうしたこと、読みきかせのコツなどを語っていただきました。


◆こどもの目をひく 色づかいの魔法!

ベルギーの原作者は、ちっちゃなこどもにも伝わるような魔法を、ページの中にたくさんかけています。
たとえば、登場するパパたちは、とってもカラフル! ダンスパパは紫、おんぶパパはグリーン、というように。
日本版にした際に、その色の魅力をもっと伝えたくて、原作者に相談し、背景や文字まで色をそろえました。その結果、ページをめくるごとに、はっとするほど色が変わり、場面を心でうけとめることができるようになりました。
さらに海の色は美しい黒、おさかなちゃんはやわらかな白なので、目にぱっととびこんできます。こどもがおさかなちゃんを目で追い、指さしたりもしそうですよね?


◆楽しくなる擬音と くりかえし

実は、「もにょ~ん」「よっとっと」といった擬音は、日本版で加えたもの。物語にあわせ、楽しくなっちゃう言葉を選びました。
ページをめくったら、最初に読むようにすると、ほら! シーンが何倍もおもしろく思えてきませんか? ゆかいなひびきを、親子で堪能してほしいのです。
また「○○○パパ」や「かっこいいね!」のくりかえしも、こどもには、安心感や心地よさのもとになるもの。自信を持って、テレずに堂々とくりかえすのがコツです。


◆こども目線で パパの魅力を

ところで、ベルギーの原作を最初にみたとき、「パパとこども」に注目する、とってもいい作品だと感じました。
この物語に出てくるパパは、長い足でダンスしたり、軽々とこどもを運んだり、ひょうきんなしぐさで笑わせたり。パパの持つ明るさ、運動神経、たのもしさ、心の広さが、こどものすんだ目をとおし「かっこよさ」として描かれているのです。
おさかなちゃんにとって、パパの心のあったかさこそが大好きで、何よりも「かっこいい!」のですね。
わたしの3人のこどももそうでしたが、ちっちゃなうちはママにべったりになりがちなもの。そんなときこそ、パパと子育ての喜びを共有したいと思いました。いそがしいパパも、こどもに読んでみていただけたら、うれしいです。
0さい、1さい、2さい…と「おさかなちゃん」を読むたびに、ママとパパとこどもがいっしょに笑いあえるしあわせを感じ、それを大事にしてほしい、と願います。

このページのトップにもどる

著者

ベルギーの絵本作家×編集者出身のママ作家!

作・絵/ヒド・ファン・ヘネヒテン

1957年ベルギー生まれ。
1998年に最初の絵本『Rikki』で、ハッセルト市国際絵本賞を受賞。さらに最高の児童図書のイラストレーターに贈られる「最優秀絵本リーダーズ・ダイジェスト賞」や、オランダで2度の「今年の絵本」にも選ばれました。
多数のベストセラー作品は、世界50か国以上で翻訳出版。ベルギーを代表する絵本作家です。
来日したこともあり、本書の製作に際して、日本独自のプロデュースに心よく賛同し、理解を示してくれました。


翻案/古藤ゆず

佐賀県生まれ。
出版社で編集の仕事を経て、乳幼児向けの本の企画、執筆を手がけています。
『おさかなちゃん』シリーズで翻案を担当したほか、大人気『めいさくたからばこ』シリーズ(学研プラス)で文を担当しました。
3児のママとしても奮闘中です。

このページのトップにもどる

▲原作者 ヒド・ファン・ヘネヒテンさん ▲ベルギーで2017年に出版された原作 ▲シリーズ全巻、日本のこどもの心をみごとにつかんでいる

ベルギーを代表する絵本作家である、ヒド・ファン・ヘネヒテンさんに、原作にこめた思いを語っていただきました。


Q おさかなちゃんシリーズを始めたきっかけは?

このシリーズは、2歳の子への3~4ページの小冊子のアイディアから始まりました。
どんな主人公にするか、円をいくつか描いてみていたときに……突然、おさかなちゃんが頭の中に生まれたのです! おさかなちゃんが男の子か、女の子かは、読み手によってかわります。おさかなちゃんは、読み手自身なのです。
シリーズを通じ、伝えようとしたことがふたつあります。
ひとつめは、両親やお友だちとの関係性の、すばらしさ、大切さ。
ふたつめは、色や、数、対義語などの知育的な要素です。
いろいろなパターンを作っては読み、また作っては読みながら、遊びの可能性をさぐっていきました。


Q こどもたちに注目してほしいところは?

こどもたちの読みかたを決めてしまいたくはないので、基本的には自由に読んでほしい。
ただ、人は、物語に感動したときにだけ、本当の意味で夢中になれるはずだし、自分の考えを深め、想像を広げたくなるものです。
わたしはいつも、こどもたちに自然にそういう瞬間がくるようにと、作品づくりのくふうや努力をしています。


Q「おさかなちゃんの パパかっこいい!」は、ヒドさんにとって、どんな物語でしょう?

原作は、「ちいさなしろいおさかなちゃんとパパ」という意味あいの題名で、パパたちのこどもへのかかわりに焦点をあてています。
おさかなちゃんは、自分の父親のことを「あったかパパ」だといい、父親の心のやさしさをじまんします。
ほかの父親のすごいところをみたあとなので、この流れに驚く人もいるでしょう!
でも、それこそが、ピュアなおさかなちゃんらしいところなのです。海のなかまたちの納得した笑顔も、それを物語っています。
こどもはよく、父親の特別なところをじまんするものです。まるで父親がスーパーヒーローであるかのように……確かに、ちょっとは本当にヒーローですけれど。
日本のこどもたちの、父親をほこりに思い、尊敬する心にひびくことを信じています。


Q ベルギーで生まれたこのシリーズが、日本で翻訳出版されたことをどう感じますか。

ちっちゃなおさかなちゃんが、日本で自分の道を見つけたことを、ほこりに思いますし、満ちたりた気持ちでいます。
数年前、わたしは、東京と京都を訪れました。
圧倒される経験でした。
すぐに、ちっちゃなおさかなちゃんが、日本でも歓迎されていること、おさかなちゃんにとって日本が見知らぬ、なじまない場所ではなく、生まれ故郷のようにすべてを自然に感じていて、日本という水の中をのびのびとおよぎまわってくらしているのだとわかりました。
しあわせなことに、日本には、おさかなちゃんといっしょに想像の旅をしてくれる、こどもたちや、ママ、パパたちがいたようです。
ちっちゃなおさかなちゃんの目をのぞきこんだ日本のこどもたちが、おさかなちゃんは自分自身のことだと認識してくれますように。
おさかなちゃんがみなさんのことを大好きなのと同じように、みなさんがおさかなちゃんを愛してくれますように!

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲よっとっと、さかだちパパ。かっこいいね! ▲ひゅひゅう~、くちぶえパパ。かっこいいね! ▲パパのかっこいいところを、かんがえるおさかなちゃん

世界中のママに選ばれています!

「おさかなちゃん」シリーズは、読み聞かせをしながら、こどももママ・パパも幸せになる絵本として、アメリカ、フランス、ドイツほか20か国で翻訳出版。世界中で、こどもたちに「これ読んで~!」とくり返しせがまれています。

☆ベルギーのママより

「リズミカルでherhaling(くりかえし)のある文章。次を予想しやすく安心感につながります」


☆ポーランドのママより

「目を喜ばせてくれるfantastycznie(ファンタスティックな)絵。bardzo polecamy(すごく おすすめ)です!」


☆ドイツのママより

「親子でさし絵ごとにlacht(笑って)楽しんでいます」


☆アメリカのママより

「こどもといっしょに演じられそうなactions(動作)がいっぱい」


☆フランスのママより

「パパバージョンなので、父の日にとても役立ちました!」


☆オランダのママより

「1歳6か月の娘がdol op(大好き)で、いつも本棚から持ってきます」



☆もちろん日本のママ・パパたちからも絶賛の声が届いています!

「今までにない新しいお話。パパが読み聞かせする用にもおすすめ(1さい児パパより)」

「ついにパパが登場!! うれしすぎる~!!(0さい児ママより)」

「パパが読み聞かせするときは、いつもこの本を選ぼうとします(2さい児ママより)」

「4か月のこどもが笑顔になってくれました。本で笑ったのははじめてです!(0さい児&2さい児ママより)」

「読みながらのコミュニケーションがとりやすいように感じました。はじめての絵本に選んでよかったです(0さい児ママより)」

「ほかの本ではあまりないのですが、この本では次のページへとどんどんめくろうとします(1さい児ママより)」

「“ちっちゃなおさかなちゃん”の巻では、ママだけなのがさびしいと感じていました。今回はパパが登場していたので、すぐに購入しました(2さい児パパより)」

「おさかなちゃんをやさしくみつめるパパに、心の広さや包容力、たのもしさを感じ、夫を重ねました(0さい児ママより)」

「最後にパパに「ぴとっ」とくっつくところで、ほっぺをくっつけて「ぴとっ」と言うと、声をあげて笑います(0さい児ママより)」

「「あったかパパ」にほっこりしました!!(0さい児ママより)」

「特技ではなく、あったかいというのがとてもよかったです。誰でもあてはまる。そしてパパの愛も表している(2さい児ママより)」

「おんぶパパのページをはじめて読んだとき、ずんずずん、で笑っていました(1さい児ママより)」

「1さいの娘が、絵をさわりながら楽しそうにしていました(1さい児ママより)」

「それぞれのページのパパをみては、すごいねー、かっこいいねー、と言っています(2さい児ママより)」

「おさかなちゃんをうれしそうに指さします(1さい児ママより)」

「大好きなカメと大好きなおんぶがダブルで出てきたので、たいへん興奮していました(2さい児ママより)」

「表紙のデザインがとてもかわいく、思わず手にとって読んでみました。今では3冊めで、毎日こどもに読んでいます!(2さい児ママより)」

「表紙の大きな絵と大きな文字が好きです(1さい児ママより)」

「パパがメインの本とは! ありそうでなかなかないです(1さい児ママより)」

「パパがテーマなのはめずらしい。父の日のプレゼントにしてもよさそう(0さい児ママより)」

「ママ中心の絵本が多い中、パパにスポットをあててくれたことがうれしい(0さい児ママより)」

「海のなかまが親子で登場するので、画面にハクリョクがあって楽しい!(2さい児ママより)」

「よくみると、パパたちの絵もおちゃめでかわいい(1さい児ママより)」

「さかだちパパのページでは、前のめりになり、キャー!っとテンションがあがってました(0さい児ママより)」

「さかだちしているところがおもしろい(2さい児ママより)」

「くちぶえパパのページは、とくに色がきれいで、ポーズがかっこいい(1さい児ママより)」

「ダンスパパのページでは、『もにょ~ん』という擬音がおもしろく、しかもタコダンスとは! こどもとその場でまねっこしちゃいました(1さい児&3さい児ママより)」

「テクスチャーがとてもきれいで思わずみとれた!(0さい児パパより)」

「色がすごくキレイ。黒地がおしゃれにきいている(1さい児パパより)」

「それぞれの場面でのおさかなちゃんの表情が、無邪気でかわいい(1さい児ママより)」

「カラフルな色づかい。ほっこりするストーリーですね(0さい児ママより)」

「色がハッキリしていて赤ちゃんが興味を示しやすい。短い言葉でも優しさを感じるし、テンポが良い(0さい児ママより)」

「最後のページがお気に入り。全員が集まってパパとおさかなちゃんがくっついているところがかわいいです(0さい児ママより)」

「カラフルな絵とわかりやすい表現が魅力だと思います(1さい児ママより)」

「本の角が丸いところなど、心配りがいきとどいていますね(1さい児ママより)」

「これからも長く読みつづけられそうです(0さい児ママより)」


国内外のママ・パパたちからの感動の声は、本書のカバー裏表紙にも紹介しています。

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲おさかなちゃんの じょうずじょうず ▲おさかなちゃんの あのね、ママ ▲おさかなちゃんの できた!

かわいいおさかなちゃんの本、他にもあります!

ちっちゃなおさかなちゃんとママの物語、ほかにもまだまだありますので、あわせてごらんください。



「おさかなちゃんの じょうずじょうず」
 
「おさかなちゃんは…なにが じょうず?」
得意なことはなあに? ちょきちょきするのが、じょうずなこ。ころころするのが、じょうずなこ。おさかなちゃんを通じて、こどものじょうずをさがす物語です





「おさかなちゃんの あのね、ママ」
 
「あのね、ママ。おともだちってね…」
ちっちゃなおさかなちゃんに、お友だちができたんですって! 「わが子ももう少しおおきくなったら、友情に恵まれますように」と願いたくなる物語です





「おさかなちゃんの できた!」
 
「ぜったいママにみせるんだ」
ちっちゃなおさかなちゃんがつくった石のつみきがたおれちゃった。悲しくなったおさかなちゃん…でもがんばって再挑戦! けなげな奮闘を描いた物語です



「ちっちゃな おさかなちゃん」
 
「わぁ~い。ママ だぁいすき!」
ママをさがして、ひろ~い海を泳いでいく、ちっちゃなおさかなちゃん。さがしているときの心細さと、ママに会えたときのうれしそうな笑顔に、ママもキュンとくる物語です


「おさかなちゃんの ぴんぽ~ん」

「ぴんぽ~ん! あれ、だれがきたのかな?」 
ちっちゃなおさかなちゃんのところへ、次々にお友だちがたずねてきます。ラストには「おたんじょうび、おめでとう!」最高にうれしいサプライズが待っている物語です

  
「おさかなちゃんの おいでおいで」
 
「おいで おいで」って、ステキなこと!
おさかなちゃんが「おいでおいで」と、お友だちを遊びに誘います。みんな集まったら…わくわくする遊びの始まり! 大好きななかまが増えていくうれしさが伝わってくる物語です


「おさかなちゃんの ばいば~い」  

こどもは「ばいばい」が大好き!
こどもが最初には言えるようになるごあいさつは、「ばいばい」。ちっちゃなおさかなちゃんが、お友だちに次々「ばいばい」するくり返しが楽しい物語です

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月