Homeこどもの本幼児おべんきょう知育5・6・7歳 ひらめき☆天才パズル『すいり』

商品紹介

5・6・7歳 ひらめき☆天才パズル 4巻 

すいり

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

パズルは天才への第一歩。条件推理パズルで論理的な思考を身につけ、頭を使う楽しさを知る。ノートタイプで取り組みやすく、ちょっと難しめでやりがいがある。最後の一問は、子どものころからパズル好き・京都大学パズル博士の東田大志氏からの挑戦。

この本のみどころ・おすすめ

▲男の子のいう条件から、車を見つける問題。 ▲シルエットのヒーローと、ポーズが変わっているから難しい! ▲写真に重複して写っている人もいるので、数えるのが難しい!

探偵気分で、なぞを解き明かせ!

いくつかの条件から1つの答えを「すいり」する問題です。
論理的思考力や推理力、問題解決能力が問われます。楽しく問題を解いて、力をつけましょう。

※たとえばこんな問題……
好きな恐竜は、どれかな? 
【条件1】4本足で立っている。 【条件2】体に模様はない。 【条件3】頭に角がある。
絵の中から選びましょう。

■内容■
・説明文を読み解いて、答えを絞る問題
・イラストの一部やパーツ、シルエットを元に絵を選ぶ問題
・バラバラになった写真や形を組み合わせて全体を推測する問題
・ヒントをもとに暗号を解く問題
などなど…

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

お子さんの「できた!」という笑顔に出会える一冊です。
パズルが解けたとき、スッキリして嬉しくなります。こういった体験をたくさんすることで、頭を使うことが楽しくなり、天才への第一歩となります。

このページのトップにもどる

著者

東田大志(協力)】

京都大学でパズル同好会創設、2016年京都大学大学院で世界初の「パズル学」博士号を取得したパズル研究者。

東田大志(協力)

京都大学でパズル同好会創設、2016年京都大学大学院で世界初の「パズル学」博士号を取得したパズル研究者。

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [知育]
こどもずかん  0さい~4さい こどもずかん英語つき よくばりバージョン
こどもずかん  0さい~4さい こどもずかん 英語つき
5・6・7歳 ひらめき☆天才パズル  まちがいさがし
学研の幼児ワーク  2歳 もじ かず ちえ
はじめてのおけいこノート  めいろ
もっと見る