Homeこどもの本読み物ノンフィクション・伝記やさしく読める ビジュアル伝記『ヘレン・ケラー』

商品紹介

やさしく読める ビジュアル伝記 7巻 

ヘレン・ケラー

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

カラーイラスト満載で、低・中学年から楽しく読める伝記シリーズ第7巻。病気で視力、聴力をうしなったヘレン・ケラーは、やがて障害や差別に苦しむ人々を救おうと力をつくします。ひと目で分かる人物ガイドと、偉人がもっと好きになる巻末とじこみ新聞つき。

この本の目次

■人物ガイド   
                 
1 かしこい赤ちゃん
2 きぼうの旅
3 サリバン先生
4 ウォーター!!
5 点字の手紙
6 目の見えない子どもたち
7 もっともっと!
8 ヘレンだから、できること
9 戦争と日本
10 ランプの明かり
11 旅立ち

■人物について      
■もっと知りたい ヘレン・ケラー新聞

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲きれいなカラーイラストで楽しく読めます。 ▲本文を読む前にイメージがわく図解ページ。(人物ガイド) ▲ヘレンのことがもっとわかる新聞つき。(ヘレン・ケラー新聞)

【低中学年から楽しめる! 魅力満載の読み物伝記】

1歳半のときに病気にかかり、
目が見えなく、耳が聞こえなくなったヘレン・ケラーの伝記です。
おさないころから明るく前向きで、どりょく家のヘレンは、
やがて、世の中の苦しんでいる人たちをすくおうと活動をはじめます――。

~おすすめポイント~
1、カラーイラストがいっぱい!
カラーイラストをたっぷり掲載。人物や人物が生きた時代について理解を深める手助けをします。  
           
2、ひとめでわかる「人物ガイド」
巻頭に図解ぺージつき。ヘレン・ケラーが楽しんだ日々のくらしや、住んでいたお屋しきのようす、おもな登場人物の紹介など、本文を読む前にイメージがわきます。

3、ひみつがいっぱい「ヘレン・ケラー新聞」
日本に来たときのエピソードや、エジソンほか交流があった有名人とのやりとりなど、人物についてもっと理解が深まる新聞です。

このページのトップにもどる

著者

楠 章子(文)】

第45回毎日児童小説・中学生向きにて優秀賞受賞。2005年、『神さまの住む町』でデビュー。『小さな命とあっちとこっち』、『ばあばは、だいじょうぶ』など著書多数。

佐々木メエ(絵)】

本の挿絵や企業広告などを中心に、フリーのイラストレーターとして活動。「10歳までに読みたい世界名作 小公女セーラ」「同 フランダースの犬」「10歳までに読みたい日本名作 里見八犬伝」他作品多数。

東京へレン・ケラー協会(監修)】

ヘレン・ケラーの二度目の来日を記念し、1950年、社会福祉施設として発足。障害者、特に視覚障害者の支援事業を行っている社会福祉法人。ヘレン・ケラー学院を開校、また点字出版所、点字図書館なども開設。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [ノンフィクション・伝記]
新しい伝記シリーズ  ざんねんな歴史人物
やさしく読める ビジュアル伝記  ヘレン・ケラー
スポーツノンフィクション  私が今日も、泳ぐ理由
やさしく読める ビジュアル伝記  ナイチンゲール
やさしく読める ビジュアル伝記  織田信長
もっと見る