Home一般・専門文庫・新書学研新書学研新書『江戸の旬・旨い物尽し』

商品紹介

学研新書 

江戸の旬・旨い物尽し

  • 白倉敬彦
  • 定価(税込)778円
  • 発売日2008年03月14日
  • 発行学研プラス
現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

季節ごとの野菜や魚介などを見事な知恵で味わっていた江戸時代の食について、豊富な図版を用いて解説。庶民の食卓から大名家まで、また吉原遊廓や芝居小屋での食べ物や、当時の上方での料理なども紹介。現代日本の食の原風景を浮彫にする一冊。

著者

白倉敬彦(著)】

1940年、北海道生まれ。早稲田大学文学部中退。フリーの編集者として、長年美術;・浮世絵関係の企画・編集に携わり、近年では春画に関する著述も多い。『江戸の春画、『江戸の吉原―廓遊び』など著書多数。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [学研新書]
学研新書  信長・秀吉と家臣たち
学研新書  なぜ怪談は百年ごとに流行るのか
学研新書  江戸の密通
学研新書  本願寺と天下人の50年戦争
学研新書  春画にみる色恋の場所
もっと見る