Home一般・専門文庫・新書学研新書学研新書『性をめぐる罪と罰江戸の密通』

商品紹介

学研新書 

江戸の密通

性をめぐる罪と罰

  • 永井義男
  • 定価(税込)821円
  • 発売日2010年01月22日
  • 発行学研プラス
現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する
電子書籍版を購入する BookBeyond

内容

江戸の性がらみの犯罪を分類して実例と判決を取り上げ説明する江戸の犯罪&刑罰よみもの。現在とは異なる「密通」の定義や、同じ罪でも身分や立場によって刑に差がついたことなど、現在ではあり得ない江戸の性と刑罰の常識にも言及。

著者

永井義男(著)】

1949年福岡県生まれ。1997年『算学奇人伝』で第六回開高健賞を受賞し、本格的な作家活動に入る。著書は時代小説多数、ノンフィクションは『江戸の下半身事情』『江戸の性の不祥事』など。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [学研新書]
学研新書  信長・秀吉と家臣たち
学研新書  江戸の密通
学研新書  本願寺と天下人の50年戦争
学研新書  なぜ男女別学は子どもを伸ばすのか
学研新書  フィンランド式キッズスキル入門
もっと見る