Home一般・専門文庫・新書学研新書学研新書『歌舞伎界随一の大名跡はこうして継承されてきた團十郎と海老蔵』

商品紹介

学研新書 

團十郎と海老蔵

歌舞伎界随一の大名跡はこうして継承されてきた

  • 江宮隆之
  • 定価(税込)864円
  • 発売日2011年07月22日
  • 発行学研プラス
現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

團十郎という名跡は海老蔵が襲名するものと思われがちだが、過去には團十郎引退後に海老蔵を名乗った人物も多い。初代から未来の13代まで、歴代の團十郎の数奇な運命と襲名の舞台裏を紐解きながら、なぜ團十郎は特別なのか? 大名跡のもつ数々の謎に迫る!

著者

江宮隆之(著)】

1948年山梨県生まれ。1989年『義経紀』で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』で第8回中村星湖賞を受賞。著書に『鈴木しずこ』『龍馬の影』(河出書房新社)、『でっちあげられた大名柳沢吉保』等。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [学研新書]
学研新書  信長・秀吉と家臣たち
学研新書  なぜ怪談は百年ごとに流行るのか
学研新書  江戸の密通
学研新書  本願寺と天下人の50年戦争
学研新書  春画にみる色恋の場所
もっと見る