Home一般・専門歴史・宗教・科学ムー・宗教・精神世界 > 『仏にすがった“アマテラスの子孫”たち天皇の仏教信仰』

商品紹介

天皇の仏教信仰

仏にすがった“アマテラスの子孫”たち

  • 藤巻一保
  • 定価本体1,800円 + 税
  • 発売日2013年10月11日
  • 発行学研プラス
現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

天皇=神道というのが現代の日本人の「常識」だが、江戸時代まで、即位礼を含めた主要な宮中行事は仏教を軸に営まれ、歴代の天皇はだれもが熱心な仏教徒だった。ミカドたちのありのままの精神の軌跡を通し、忘れられた日本人の精神文化の真相に迫る一冊。

著者

藤巻一保(著)】

作家、神秘思想研究家。東アジア、特に神道や密教、陰陽道をはじめとした、日本における神秘思想の研究を中心に著述活動を展開。『日本秘教全書』『天皇の秘教』『性愛の仏教史』など、多くの著作がある。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [ムー・宗教・精神世界]
ムー認定 神秘の古代遺産
ムー認定 驚異の超常現象
現代語古事記
天皇の秘儀と秘史
あの世の命 この世の命
もっと見る