Home実用趣味実用図鑑 > 『世界の海のへんないきもの DVDつき』

商品紹介

世界の海のへんないきもの DVDつき

現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

世界の海の「猛毒、凶暴、ともかく姿がへん」を集めた写真図鑑。深海魚も掲載。DVDの映像は、国内外で活躍する水中映像カメラマン尾崎幸司氏が担当。映像で見る、世界の海のへんないきものの姿は、写真とはまったく別の、リアルな様子を見せる。

この本の目次

▲カニ? ハゼ? いや、カエルか…? ▲ゲームキャラのようでもあり、ゆるキャラのようでもあり… ▲口の中で、子育てをする魚。

へんないきもの (見た目編)


海の底を彩るカラフルなウミの” ウシ”。
アオウミウシ

美しいサンゴとともに生きる赤と白の小さな妖精。
ピグミーシーホース

漫然と呆然としているが、いざという時には、俊敏。
マンボウ

海藻のように漂う、忍者のごとき風来坊。
ニシキフウライウオ

カニ? ハゼ? いや、カエルか…?
カニハゼ

翼はありますが、空はとべません。
ホウボウ

ヘン顔選手権、優勝候補筆頭。
メガネウオ

名前はボロですが、美しい観賞魚として人気です。
ボロカサゴ

花魁のように艶やかな、スリムスタイルの魚。
オイランヨウジ

ゲームキャラのようでもあり、ゆるキャラのようでもあり…
ダンゴウオ

海底にゆらめく、愛嬌あふれるいきもの。
チンアナゴ(ガーデンイール)

変幻自在に変身する、イカ世界の異端児。
ハナイカ

こんな姿ですが、なんと人類の遠い遠い親戚です。
ホヤの仲間

コラム
はばたくようにゆらめく「カメガイ」



へんないきもの (猛毒凶暴巨大編)


猛毒針の美しきドレスを着た魚。
ミノカサゴ

海底に潜む猛毒のエイリアン。
オニオコゼの仲間

電気ショックで、獲物を捕食。
シビレエイ

強烈な毒針は、致死レベル。
カツオノエボシ

青酸カリの約1000 倍。超猛毒の超危険生物。
ヒョウモンダコ

サンゴ礁のデストロイヤー(“ 破壊王”)
オニヒトデ

解毒剤なしの絶望的猛毒魚。
フグの仲間

名前の響きまでが超凶暴。
バラクーダ(オニカマス)

鋭い歯をもつ 海のハンター。
ウツボの仲間

映画にも” 出演”。危険度AAA の肉食ザメ。
ホホジロザメ

ガラスすら打ち破る ハードパンチャー。
モンハナシャコ

漁師の命を脅かす、時速60 キロの猛突魚。
ダツの仲間

裂けた口。鋭く尖った牙のような歯。おまけに、性格獰猛。
ハモ

毒の棘を武器に、密集隊形ですごす。
ゴンズイ

ヒレをはばたかせ、” 海を飛ぶ” 巨大な魚。
オニイトマキエイ(マンタ)


気はやさしくて力持ち。世界最大の魚類。
ジンベエザメ

コラム
黄金のオニオコゼは、
敵から見えない?




へんないきもの (生き方編)


口の中で、子育てをする魚。
イエローヘッド・ジョーフィッシュ

他人(魚)の体をそうじする魚。
ホンソメワケベラ

隠れ上手の芸達者。
ミミックオクトパス

釣りをする魚。
アンコウ

海の底を歩く魚。
カエルアンコウ

光るいきもの。
ウコンハネガイ

文字通り、捨て身で生きるいきもの。
ナマコの仲間

他人同士、力を合わせて生きる。
ニシキテッポウエビとギンガハゼ

コラム
キモかわ系のモンツキカエルウオ



へんないきもの (深海編)


深海で生き続けた 古代ザメの末裔。
ラブカ

大蛇の姿をした、竜宮からの使者。
リュウグウノツカイ

強烈な異形ぶりは、深海でもトップクラス。
フウセンウナギ

宇宙から来たに違いない、食べずに生き続けられる謎の生命。
ダイオウグソクムシ

ねらった獲物は逃さない。大きな口と牙のような歯。
オニキンメ

3億8000 万年の時を超えて、命を紡ぎ続けた古代魚。
シーラカンス

頭の中は透けて見えるが、その生態は不透明。
デメニギス

笑っているようにも見えますが、食事中の姿です。
オオグチボヤ

いびつなまでに大きな腹は、自分より大きな獲物を食べるため。
オニボウズギス

全身をアンテナにして、暗黒の深海を生きる。
ジョルダンヒレナガチョウチンアンコウ



DVD の中で出会える「へんないきもの」たち



「へんないきもの」に出会える全国水族館ガイド

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲美しいサンゴとともに生きる赤と白の小さな妖精。 ▲ヘン顔選手権、優勝候補筆頭。 ▲名前はボロですが、美しい観賞魚として人気です。

★へんないきものは、動く姿がもっとへん。★

DVDの映像は水中撮影のパイオニア尾崎幸司氏によるもの。尾崎氏の貴重映像は国内に留まらず海外の番組でも評価が高い。写真で見ると何の変哲もないようないきものすら。海中では不思議な動きを魅せる。写真だけでも十二分に楽しめる内容になっているが、ぜひこの貴重な映像も一緒に楽しんでほしい。

このページのトップにもどる

著者

監修者プロフィールなど

[監修] 
武田正倫(国立科学博物館)
国立科学博物館名誉館員、名誉研究員、
国立感染症研究所客員研究員。
専門は海洋無脊椎動物の系統分類と
生物地理学的研究。

[水中撮影] 
尾崎幸司(東京シーハント)
水中映像のパイオニアとして半世紀以上にわたり活躍。
現在も精力的に撮影を行い、その貴重な映像は、
国内外のテレビ番組で多く扱われている。

[装幀] 
平野篤史(ドラフト)
アートディレクター。2004年ドラフト入社。
2004年TDC賞受賞、2013年JAGDA新人賞受賞。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [図鑑]
ハンディ版 よくわかる日本のキノコ図鑑
生きもの出会い図鑑  日本のチョウ
日本産シダ植物標準図鑑2
ヴィジュアル版 UMA生態図鑑
世界の野生ネコ
もっと見る