Home一般・専門専門書教育・保育教育ジャーナル選書『ぼくが院内学級の教師として学んだことあかはなそえじ先生の ひとりじゃないよ』

商品紹介

教育ジャーナル選書 

あかはなそえじ先生の ひとりじゃないよ

ぼくが院内学級の教師として学んだこと

  • 副島 賢和
  • 定価(税込)1,512円
  • 発売日2015年07月17日
  • 発行学研教育みらい
ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

筆者が院内学級の教師として、赤鼻のピエロとして関わるなかで、笑顔を取り戻し、治療に向かう意欲を高めていく子供達。その経験を基に、子供との接し方や保護者・家族との関わり方、院内学級の必要性、(院内外に関わらず)教育の重要性などについて語る。

著者

副島 賢和(著)】

昭和大学大学院保健医療学研究科准教授。「さいかち学級(昭和大学病院内学級)」担当。東京都小学校教諭時代にさいかち学級担任を務め、2014年より現職。ホスピタルクラウン(病院のピエロ)としても活躍。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [教育・保育]
Gakken保育Books  保育所保育指針ハンドブック
Gakken保育Books  0.1.2歳児保育 「あたりまえ」を見直したら保育はもっとよくなる!
人間解放の創造的学習
Gakken保育Books  発達が気になる子の個別の指導計画
子どもの未来は親が決めなさい
もっと見る