Home一般・専門文芸書文芸・エッセイ > 『~京都佛光寺の八行標語~晴れてよし、降ってよし、いまを生きる』

商品紹介

晴れてよし、降ってよし、いまを生きる

~京都佛光寺の八行標語~

  • 佛光寺
  • 定価(税込)1,512円
  • 発売日2015年07月23日
  • 発行学研プラス
現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

京都佛光寺の門前に、毎月掲示されているたった八行の標語が、心にしみると大きな反響を呼んでいる。ツイッターなどでも拡散され、日本中に広がった共感の輪を、美しい写真とともに1冊の本にまとめた。自身の心の潤いに、またプレゼントにも最適だ。

著者

佛光寺(著)】

京都下京区にある真宗佛光寺派の本山。1968年頃から門前に標語の掲示をはじめ、現在に至っている。月替わりで標語の内容が変わるが、最近になって、真理をついている、心にしみるなど、共感の輪が広がっている。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [文芸・エッセイ]
尊びの剣
人生を思い通りに操る 片づけの心理法則
天の川 早田貞夫時代小説短編集
詩集 夜の声
【図説】はじめての古典落語
もっと見る