Home一般・専門文芸書文芸・エッセイ > 『「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」』

商品紹介

「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」

  • 旺季志ずか
  • 定価(税込)1,404円
  • 発売日2018年05月18日
  • 発行学研プラス
ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する
電子書籍版を購入する BookBeyond

内容

ド貧乏、シングルマザー、共依存、恋愛依存、熟年結婚など、あらゆるテーマを実体験からつづれるのが強みの人気脚本家。本書は、自身が脚本を書いたドラマの名セリフにあわせて叱咤激励する、初の自己啓発エッセイ。「さあ、幸せになる準備はいいですか?」

著者

旺季志ずか(著)】

脚本家。女優を志すも挫折。高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで、50種類の職を経験した豊富な人生経験を生かし、数々のヒットドラマを生み出す。代表作に「屋根裏の恋人」「ストロベリーナイト」などがある。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [文芸・エッセイ]
詩集 夜の声
尊びの剣
人生を思い通りに操る 片づけの心理法則
天の川 早田貞夫時代小説短編集
わいたこら。 ――人生を超ポジティブに生きる僕の方法
もっと見る