Homeこどもの本図書館向けその他教科 > 『「ふつう」ってなんだ? LGBTについて知る本』

商品紹介

「ふつう」ってなんだ? LGBTについて知る本

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

「男」か「女」で単純に性別を分けられない人が日本には7.6%いる(40人の教室に約3人)。この本を読めば,性の多様性について正しく学べ,お互いの理解を深められる。日常や学校現場での事例を,マンガと図解で小中学生に読みやすく解説。

この本の目次

第1章
マンガ「男らしいって なんだろう」
①ふつうってなに?
②男らしさや女らしさってなんだろう?
③性のありかたを考えてみよう
④いろいろな性のありかたの名前を知ろう
⑤LGBTってどういう意味?
⑥性のありかたは十人十色
わたしのライフヒストリー①

第2章 LGBTの人たちの気持ち
マンガ「見えない未来」
①自分らしくありたい!でも……
②自分のことをかくさないといけないとき
③将来ってどうなるの?
わたしのライフヒストリー②

第3章 みんなが過ごしやすい学校って?
マンガ「窮屈な 学校生活」
①学校での男女分けについて考えてみよう
②学校生活で困るのはどんなこと?
③みんなが恋の話をしたいわけじゃない
④心ない言葉に接したときはどうすればいい?
私のライフヒストリー③

第4章 カミングアウトするとき/受けるとき
マンガ「本当の自分 出してもいい?」
①カミングアウトってなに?
②カミングアウトはなぜするの?
③カミングアウトする?しない?
④カミングアウトを受けたらどうする?
⑤やってはいけないアウティング
⑥ひとりひとりのカミングアウト
わたしのライフヒストリー④

第5章 世の中はどんどん変わっている!
マンガ「ボクたちの未来」
①LGBTをめぐる世界のいま
②LGBTをめぐる日本の取り組み
③自分たちができることって、どんなこと?
④自分と社会の多様性を認めていこう

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

本書の特長

本人だけでなく,友だち・周りの大人も知っておきたい!「LGBT」に関する疑問や不安にこたえる1冊

【マンガ・図解で読みたくなる!】
各章の導入部はカラーマンガ。綺麗な絵柄で誰もが読みたくなります。
中も見ていて楽しくなるようなレイアウト。眺めるうちに新しい価値観に触れられます。

【いろいろな性のありかたを解説】
「男」か「女」で単純に性別を分けられない人が日本には7.6%います(40人の教室に約3人)。
この本では,性を考える軸を紹介し,いろいろな性のありかたがあることを丁寧に解説。
日常や学校現場での事例や,当事者インタビュー,社会の取り組みについての情報も満載です。

【「多様性」について学ぶきっかけに】
これからの社会で必要とされる「多様性」について,LGBTをきっかけに理解を深めることができます。
学校生活についても多く取り上げているので,自分に関わる身近な問題として考えやすいつくりです。

このページのトップにもどる

図書館いこ

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [その他教科]
「ふつう」ってなんだ? LGBTについて知る本
青春ハンドメイド  第3巻 お部屋をいろどるインテリア・ツール
名人はっけん! まちたんけん  名人はっけん! まちたんけん 全5巻
青春ハンドメイド  第2巻 スクールライフを楽しむアイテム
絵とDVDでわかるスポーツ  ③体操競技(器械運動)・体つくり運動/ルールとテクニック
もっと見る