Homeこどもの本読み物外国の読み物ピップ通りは大さわぎ!『あやしいニオイがぷんぷんするよ~!ボビーの町はデンジャラス!』

商品紹介

ピップ通りは大さわぎ! 1巻 

ボビーの町はデンジャラス!

あやしいニオイがぷんぷんするよ~!

現在ショップ学研+ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

9歳のボビーは、両親とねこと一緒にピップ通りに引っ越してきた。ねこは大事なボビーの友達だ。しかしある日突然姿を消してしまう。なんと、町中のねこの姿がいなくなっていたのだ。ボビーは隣に住む兄妹と一緒に捜索を開始する。すると、ある人物が浮上する

この本の目次

おもな登場人物しょうかい

お話
1、ピップ通りってど~んなところかニャ?
2、ボビー・コブラー登場
3、コンカースが…いない!
4、マシュマロばあさん
5、なぞの警告
6、チョークのジェフ
7、キャット・マップ(=ネコ地図)
8、モーおばさんからの電話
9、あやしい人物リスト
10、聞きこみ開始!
11、暴走じいさん
12、ベニー、レニー、ケニー
13、帰ってきた~~~!!!!
14、マイク動物病院
15、犯人は…あの人!!!???
16、ボビー・コブラー、作戦を考える
16のやり直し ボビー、今度こそ作戦を考える
17、ほんもの、そっくり!
18、イメルダ、危機一発!
19、一件落着!?

おまけのお話
ネコのコンカースの1日

クイズやパズルで遊ぼう!
ボビーからのちょうせんじょう

訳者のあとがき

2巻予告クイズ

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

イギリス発! おバカでヘンキャラいっぱいの新シリーズ!

……ヤバいヤツらがいっぱいの町で、
ぼくは事件にまきこまれ……
だれかぁ~、たすけて~!!

「おバカ」で「ヘン」なキャラいっぱいの
もっともキケンな新シリーズが、イギリスからやってきた!!
それが本作「ピップ通りは大さわぎ!ボビーの町はデンジャラス!」

タイトルにもある「デンジャラス」=キケン。
では、なにが「デンジャラス」なのかというと…。

●ハラハラのストーリーがデンジャラス!
お父さんの仕事の都合で、「ピップ通り」という町に、引っ越してきた主人公・ボビー(8歳)。
しかし来てそうそう、飼い猫コンカースが、行方不明に!
あわててピップ通りをさがしまわるボビーは、やがて気づく…。
この町は「ネコゆくえふめい」のポスターで、うめつくされていることに…!
なぜ、ネコがこんなにも、行方不明に??
コンカースを救うため、ボビーはキケンなナゾにせまっていき、ついに、もっともデンジャラスなナゾへたどりつく…!

●住んでるヤツらがデンジャラス!
ピップ通りの住民は、とにかくアヤシイ人ばかり!
たとえば…
・コスプレ好きの女の子・イメルダ
・まばたきがはげしすぎるマシュマロばあさん
・昼ドラの女王・大女優ルバーブさん
・自称「老人暴走族」のキースさん
・「超」ケッペキのジェフさん
・いつもポッケにネズミの獣医マイクさん
……などなど、濃~いキャラいっぱい!!
こんなアヤシイ面々にふりまわされながら、ボビーは事件を解決できるのか!?

●おまけページのクイズやパズルもデンジャラス!
巻末ページには、クイズや迷路など、遊びもいっぱい!
その名も「ボビーからのちょうせんじょう」。
いつのまにか時間を忘れて夢中になってしまうので、デンジャラス!

●カバーのしかけがデンジャラス!
このカバー、本をじっくり見ると、「何か」が浮かび上がるという、デンジャラスなしかけが!
いったい何が、出てくるのかな?
ぜひ、じっさい手にとってみて、たしかめよう!

このページのトップにもどる

著者

著者紹介

ジョー・シモンズ/作
イギリス・ブライトン在住。長年ジャーナリストをつとめ、本書が初の創作読み物となる。

スティーヴ・ウェルズ/絵
イギリス・バース在住。イラストレーター兼デザイナー。これまで100冊以上の本のデザインを手がけてきた。

岡田好惠/訳
静岡県生まれ。訳書に『デルトラクエスト』シリーズ(岩崎書店)、『リリー・クエンチ』シリーズ(学研)など。著書に『アインシュタイン』(講談社火の鳥文庫)など。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [外国の読み物]
王女さまのお手紙つき  おとぎのお城の心理ゲーム
動物と話せる少女リリアーネ  プチストーリーズ 三びきのアライグマ リスは大いそがし!
10歳までに読みたい世界名作  十五少年漂流記
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
10歳までに読みたい世界名作  小公女セーラ
もっと見る