Homeこどもの本読み物中学生・ヤングアダルト部活系空色ノベルズ『【衝撃&笑劇】ユーチューブ参考にして練習したらポンコツ陸上部が全員覚醒したwwwユーチュー部!!』

商品紹介

部活系空色ノベルズ 11巻 

ユーチュー部!!

【衝撃&笑劇】ユーチューブ参考にして練習したらポンコツ陸上部が全員覚醒したwww

  • 山田明
  • 定価(税込)1,404円
  • 発売日2018年07月27日
  • 発行学研プラス
  • 対象中学生
ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

男女あわせて6人の桜花中学陸上部。影の薄い彼らは「モ部」と呼ばれ、グラウンド使用権までサッカー部に奪われてバカにされていた。そんな情けない彼らを変えたのは、なんと…。ユーチューブでグングン強くなる、爆笑&感動の新型サクセスストーリー!

この本の目次

▲神回。検証。ドッキリ。ユーチューブのタイトルっぽい「見出し」。 ▲イラストは人気絵師のオッドアイまさおさん。パラパラマンガも!

#0 【序章】ヒーロー降臨? オレはクラスで2番目に足の速い男だ!

#1 【ショック】足が速くてモテるのは小学生までだった……

#2 【ブチギレ!?】サッカー部に挑発されて大変なことに!

#3 【検証】運動神経いい軍団・サッカー部に勝てるのか?

#4 【超幸運】あの可愛すぎる後輩と二人で動画を!!!

#5 【やってみた】ユーチューブ先生の効果ははたして……

#6 【疑問】オレ、100メートルを何歩で走ってるんだ?

#7 【大進歩?】バカだけど、トレーニングに頭を使ってみた!

#8 【超緊張】あのカワイイ後輩との仲が一歩前進した!!!

#9 【友情?】いや、そんな大げさなもんじゃないけど……

#10【ビックリ】復帰第1号は、意外なあの男子だった!?

#11【本命?】復帰第2号は、やはりあの男子なのか……

#12【大成功】まんまと釣られるのは、こんな男子だwww

#13【絶対ダメ】「その〇〇、△△意識してる?」って聞かないで……

#14【宣戦布告】モ部だけど……言ってやった!!!

#15【決定】最初の勝負は、来週の土曜日です!

#16【リベンジ】あの時の借りは、倍にして返すぞ!!!

#17【大接戦】二か月前は1秒差でした。それがまさか……

#18【神回!!!】全員の力で! 陸上部全員の力で、サッカー部に勝つんだ!!!

#19【改名?】オレたちはもう『モ部』じゃない!

#20【決着】長かった戦いの末に手にしたものは? 勝利? それとも……

#21【ドッキリ】すべてうまくいくと思ったら、大間違いだ!!!

#22【青空】そして、新しい毎日が始まる

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲キャラ① 相葉俊介。短距離ランナー。 ▲キャラ② 佐竹なつみ。走り幅跳び。 ▲キャラ③ 滝沢健吾。サッカー部。

全く新しいサクセスストーリー。僕らのコーチはユーチューブ!

部活をテーマにした小説やマンガって、たくさんありますよね。
『バッテリー』、『弱虫ペダル』、『響け! ユーフォニアム』、などなどなど。
才能ある主人公がいて、仲間やライバルがいて、優しく見守る先輩がいて、優秀なコーチがいて……。
でも、ちょっと待ってください! そんな部活って、リアルにありますか?
才能なし、ライバルなし、コーチなし。
この物語は、なぜだか、そんなリアルな陸上部員たちが「主人公」です。
ユーチューブでグングン強くなる。
スカッと痛快。まったく新しい「サクセスストーリー」をお楽しみください。

●ストーリーをちょっと紹介☆

男女あわせて6人の桜花中学陸上部。
誰が呼び始めたのか、彼らは『モ部』と呼ばれていた。
語源は、モブキャラの「モブ」。アニメなんかで観客席に出てくる群衆のことを「モブキャラ」と呼ぶが、それが彼らだ。
わき役の中のわき役。
個々の名前もない。存在感もない。
影のうすい彼らには、ピッタリのネーミングだった。

一方、サッカー部は桜花中学のヒーロー集団。
中でもキャプテンの滝沢は特別な存在だった。
後輩女子からはもちろん、他校の女子の中にもたくさんのファンがいて、出待ちするくらいだ。
実力十分の滝沢は、全国大会への出場を公言していた。

ある日、グラウンドの使用をめぐって、サッカー部ともめごとが起きる。
サッカー部は部員が多いので、陸上部が使っている場所をサッカー部のために使わせろと、滝沢が主張してきたのだ。
さすがに怒る陸上部員たち。
それを滝沢が挑発する。
「だったらグラウンドを賭けて、俺たちと勝負しようぜ。お前らの専門の陸上で」

結果は……
陸上部のボロ負けだった。
だれ一人、自分の専門である陸上競技で、サッカー部に勝てなかった…。
このことは、すぐに学校中に知れ渡った。
バカにされ、立場をなくす陸上部員たち。
ほとんどの部員が、部活(わずかに残されたグラウンドの片隅での練習)に来なくなった。

ただただ、無為な時間をすごす陸上部員たち。
そんな中、彼らは目にする。
運命の動画を!!!

このページのトップにもどる

著者

山田明(著)】

1965年生まれ。関東学院大学経済学部卒。『マラバ・テマルとの十四日間』(リンダパブリッシャーズ)で、第2回日本エンタメ小説大賞優秀賞を受賞。『トカレフクラブ』で、第2回松田優作賞準グランプリを受賞。

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲「TKDプロジェクト」で検索!

人気急上昇中のユーチューバーTKD PROJECTとコラボ中

*この物語はフィクションです。登場する人物・団体・ユーチューバー等は実在のものと関係ありませんが、モデルとしたユーチューバーは実在します。

『TKD PROJECT』
TKD(たけだ)とYOSHIKI(よしき)。東洋大学陸上部出身の二人組みのユーチューバーです。こちらのユーチューブチャンネルには、陸上中心の楽しい動画がアップロードされています。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [中学生・ヤングアダルト]
5分後に意外な結末  5億年後に意外な結末 ピグマリオンの銀色の彫刻
5分後に意外な結末  5分後に意外な結末ex エメラルドに輝く風景
5分後に意外な結末  ①赤い悪夢
5分後に意外な結末  5秒後に意外な結末 パンドラの赤い箱
5分後に意外な結末  5分後に恋の結末 友情と恋愛を両立させる3つのルール
もっと見る