Homeこどもの本読み物ノンフィクション・伝記やさしく読める ビジュアル伝記『野口英世』

商品紹介

やさしく読める ビジュアル伝記 8巻 

野口英世

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

カラーイラスト満載で、低・中学年から楽しく読める伝記シリーズ第8巻。世界で活躍し、何度もノーベル賞候補となった医学者・野口英世の伝記物語。ひと目で分かる人物ガイドと、偉人がもっと好きになる巻末とじこみ新聞つき。

この本の目次

人物ガイド
1生まれたころ
2負けるもんか!
3歩んでいく道
4広がる世界
5研究者として
6ひさしぶりの日本
7黄熱病へのチャレンジ
8わたしはあきらめない!
人物について
もっと知りたい野口英世新聞

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲図解ページは野口英世の活躍がひとめでわかる! ▲イラストいっぱいで読みやすい本文。 ▲ノーベル賞と野口英世の関係等がわかる巻末新聞!

病気をなくすため、世界をかけめぐった研究者

【やさしく読める! ビジュアルで楽しめる! 新しい読み物伝記登場】
今から約140年前、野口英世は福島県に生まれました。幼いころ、左手に大やけどを負い、その後、なみはずれた努力を重ねて、病気をなくす研究に力をつくします。そして、世界にその名を知られる研究者となるのです―。

~おすすめポイント~
1、カラーイラストがいっぱい!
次から次にカラーイラストを掲載。人物について、また人物が生きた時代について理解を深める手助けをします。

2、ひとめでわかる「人物ガイド」
巻頭に図解ぺージつき。野口英世や、本文に登場する人物の紹介、野口英世の生まれた場所、活躍した場所やその当時の様子、さらに、研究内容などを紹介。本文を読む前にイメージがわきます。

3、ひみつがいっぱい「野口英世新聞」
野口英世とノーベル賞のかかわりや、意外なおちゃめエピソードなど、野口英世の人となりについて、もっと理解が深まる新聞です。おさらいできる年表付き。

このページのトップにもどる

著者

早野美智代(文)】

長崎県生まれ。創作童話の他、昔話の再話、伝記等を手がける。

脚次郎(絵)】

神奈川県出身。携帯用ゲーム会社で、ゲームイラストなどを担当。その後独立し、イラストレーターになる。

公益財団法人野口英世記念会(監修)

1928年、野口英世の没後、関係者や郷里の人々により、記念会の設立が決まり、1938年に財団法人野口英世博士記念会の設立が、文部大臣より認可される。翌年に野口英世記念館が開館し、現在まで野口英世の生涯と業績を後世に伝えている。2015年には記念館がリニューアルされた。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月