Homeこどもの本読み物ノンフィクション・伝記やさしく読める ビジュアル伝記『ルイ・ブライユ』

商品紹介

やさしく読める ビジュアル伝記 10巻 

ルイ・ブライユ

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

今から200年ほど前のフランス。3歳で視力を失い、15歳の若さで、目が見えない人のための文字「点字」の基礎を発明したルイ・ブライユの伝記。巻頭には一目で分かる人物ガイド、巻末には偉人がより身近になるとじこみ新聞つき。カラーイラストも充実。

この本の目次

■人物ガイド

1.ぼく、かわいそうじゃないよ!
2.馬具職人の末っ子
3.パリュイ神父
4.村の学校
5.パリの盲学校に進む
6.親友を見つける
7.点字への道
8.ルイ、「ブライユ点字」を発明する
9.ルイ、大いそがし
10.不運つづき
11.こんなんに負けず
12.対決
13.新しい校舎、新しい時代
14.しずかな死
15.フランスの英ゆうに

■人物について
■もっと知りたい ルイ・ブライユ新聞

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲豊富なカラーイラスト。 ▲当時の時代背景などがわかる「人物ガイド」。 ▲ルイや点字についての理解が深まる「ルイ・ブライユ新聞」つき。

【低中学年から楽しめる! イラストも充実の読み物伝記】

【低・中学年から楽しく読める伝記シリーズ】
今から200年ほど前のフランス。3歳のときの事故で視力を失い、15歳の若さで、目が見えない人のための文字「点字」の基礎を発明した、ルイ・ブライユの伝記。

【この本の特長】
子どもたちが、夢中で読めるしかけが満載!

1.カラーイラストがいっぱい!
沢山のカラーイラストが、ルイ・ブライユについて、またルイが生きた時代について理解を深める手助けをします。

2.ひとめでわかる「人物ガイド」
巻頭に図解ぺージつき。本文に登場する人物や、当時の時代のようす、点字表、点字の打ち方などの紹介によって、ルイ・ブライユやその背景のイメージがわきます。

3.ひみつがいっぱいの「ルイ・ブライユ新聞」!
ルイ・ブライユがもっと好きになる、情報満載のとじこみ新聞つき。

このページのトップにもどる

著者

岡田好惠(文)】

青山学院大学仏文科卒。著書に『アインシュタイン』(講談社火の鳥文庫)、訳書に「10歳までに読みたい世界名作」シリーズ『7巻 小公女セーラ』、『20巻 がんくつ王』、『22巻 三銃士』(学研)など多数。

坂本コウ(絵)】

漫画家。東本昌平氏に師事し漫画を学ぶ。2008年「FlexComixブラッド」にて『かげおに』でデビュー。主な作品に『コミック版世界の伝記 ファーブル』『同 円谷英二』(いずれもポプラ社)などがある。

金子昭(監修)】

1940年北海道生まれ。日本点字委員会副会長および学識経験委員。監修に『コミック版世界の伝記 ルイ・ブライユ』(ポプラ社)、共訳に『ルイ・ブライユの生涯 天才の手法』(日本点字委員会)など。

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

点字の発明者 ルイ・ブライユ

「ルイ・ブライユ」は、某検索ランキングでも毎年第1位に輝く、点字の発明者です。教科書にも取り上げられるなど、近年再評価の高まるルイ・ブライユの読み物伝記。カラーイラストや特集ページなど、楽しく読める工夫も充実しています!

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [ノンフィクション・伝記]
新しい伝記シリーズ  ざんねんな歴史人物
やさしく読める ビジュアル伝記  マイヤ・プリセツカヤ
やさしく読める ビジュアル伝記  クララ・シューマン
スポーツノンフィクション  私が今日も、泳ぐ理由
やさしく読める ビジュアル伝記  野口英世
もっと見る