Home参考書・辞典・語学辞典・事典・字典高校辞典(国語) > 『学研上級漢和辞典漢字源 改訂第六版 特別装丁版』

商品紹介

漢字源 改訂第六版 特別装丁版

学研上級漢和辞典

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

『漢字源改訂第六版』の別バージョン。本文などは全く同じで、ケースと表紙が異なる。ケースイラストは「へびつかい」。小口と天の柱に工夫で引きやすい「優しい辞典」。親字、熟語、図版は類書中最多。漢字情報満載の漢字総合辞典。

この本の特長

漢字のことならこの1冊!


圧倒的な情報量を誇る漢字の総合辞典、待望の改訂版。
特別装丁版は、独特の世界観と絶妙な構図で、余白すら描く人気の絵師「へびつかい」さんのイラストをあしらったケースと表紙。

【1】使う人に優しい!「引きやすい」工夫が満載!
★抜群に引きやすい&探しやすい……初心者も安心、使う人に優しい漢和辞典!

●すぐ見つかる! 小口の「部首画数印刷」
 ⇒矢印付きの画数表示で、検索にかかる時間短縮
●直感的に探せる! 本文の全ページの上欄外に「同画数部首一覧」
 ⇒部首の画数さえわかれば、現在地も目的地もわかって、すいすい引ける便利な機能
●類書初! 「歴史的仮名遣い」と「子供の名付」読みも掲載の「音訓索引」
 ⇒漢文や古文で出てきた「旧かな」のままでも引けて、古典の授業も安心
 ⇒子供の名付けで、読みの候補からも引ける
 ⇒日本での漢字使用の実態に即した「訓読み」も多数掲載だから、探しやすい

【2】発信したい人に!「文章を書く」「漢字を書く」に役立つ!
★「語彙力」「発信力」「表現力」を高めるのに役立つ漢和辞典!

●類書初! 現代日本語の漢字の[使い分け]
[類語]は、さらに踏み込んだ、漢字の使い分けを解説
 ⇒漢字表記に自信がつく!漢字表記の幅が広がる!
●類書中最多! 筆順は、最大10コマ表示
 常用漢字+人名用漢字の約2600字に掲載
 ⇒迷う筆順は、[字形][注意|書き]に解説付きで、疑問も解決

【3】高校生に最適!「用例」で学習効率がアップ!
★類書初![最重要][重要][名言]のロゴマークが付き、「役立つ用例」になった!

●類書初! 高校生が授業で習う漢文用例に、「最重要」「重要」のロゴマークを付けて、全訳
⇒「漢文の学習」が効率よくできる!
●類書初! 学習にも人生にも役立つ漢文用例に、「名言」のロゴマーク付き
⇒漢和辞典は、授業で習わなくても、入試問題に出るかもしれない、人生に役立つかもしれない「名言」の宝庫
 ⇒有名な漢文用例、有益な漢文用例に、[名言]のロゴマーク付き
 ⇒熟語のうち故事成語に、[成語]のロゴマーク付き

●試験直前の重点学習に役立つ[語法]!
 語法は、漢文の授業で最初に習い、入試問題でも必ず問われるもの。
 そして、覚えておくべき基本的な語法は、それほど多くない。
 基本的な語法を覚えておくことは、漢文理解への近道。
 ⇒[語法]の用例に、[最重要][重要][名言]が多数あるものを選択学習すれば、学習効率がアップする!
 ⇒ロゴマークが目立つ紙面で、探しやすい!

【4】漢字のなりたち・動植物名は、類書を圧倒する情報量
★調べる辞典とともに、「読める辞典」になった!

●「漢字のなりたち」がバージョンアップ
 ⇒藤堂明保先生の学説を基盤に、最新の研究成果を反映
  古音・コアイメージ・初義・語源・字源・単語家族・同源語を解説
 ⇒なりたちが総体的に理解できる
●動植物名は、動植物の同定と学名表記
 ⇒古代中国人の考え方や世界の捉え方への、理解が深まる

【5】親字数は、類書中最多!17 500字!
●見出しの漢字は、凸版印刷と共同開発のフォント多数!
 ⇒字体・字形の確認ができる
●熟語数 96 000語、古代文字 4 300点、図版 540点を収録
 ⇒類書中最大の情報量!
※その他、基本的な部分は、改訂第五版を継承しています。

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

漢字を使ったコミュニケーションに役立つ辞典

特別装丁版は、独特の世界観と絶妙な構図で、余白すら描く人気の絵師「へびつかい」さんのイラストをあしらったケースと表紙。
少女が、漢字や動植物やモノを操るというイメージで描いてもらいました。
『漢字源』を使って、言葉や文章、思考や感情を整理してほしいという思いを込めています。

現代の日本では、漢字なくして円滑なコミュニケーションは取れません。
漢字は「表意文字」と言われるように、たった1字でたくさんの情報を得られます。
組み合わせれば、さらに得られる情報は多く正確になっていきます。
漢字を使いこなすことは、コミュニケーションの幅を広げることにつながるでしょう。

古代の中国では、先人の言葉は価値あるものとして、大切に受け継がれてきました。
その価値ある言葉を使って文章を書くことで、
自分の思考や心情を伝え、相手の思考や心情を理解できると考え、
歴代の知識人は、そのための訓練を行いました。
漢文に使われてきた言葉がコミュニケーションの大事な道具だったのです。

中国は世界最先端の文化を持っていたことから、
日本を始めとした周辺の国々は、漢字や漢文を通じてその文化を吸収し、
古代の中国人と同様に漢字や漢文をコミュニケーションの道具としました。
そうして巨大な「東アジア文化圏」を築きました。

日本は、遠い古代に漢字と漢文を輸入し、歴代の日本人は試行錯誤しながら、
漢字と漢文を日本語の中に取り込み、ひらがな、カタカナまで生み出し、社会生活に溶け込ませました。
現代の日本語話者は、苦労もありますが、その大きな恩恵を受けています。

  ……………

この辞典は、漢字の語源研究の第一人者である藤堂明保先生の
「日本人に正しく漢字を理解してほしい」という思いを
辞典という形で示したものです。
「なりたち(解字)」に始まり、漢文文脈上での漢字の意味を解き、熟語にまで配慮しています。
さらに日本語としての意味や用法についても充実させています。
改訂第六版では、加納喜光先生によって、「なりたち(解字)」がさらに充実したものとなり、
動植物の漢字が精確となり、「正しく理解できる」辞典であるとともに、
「読める辞典」「読みたくなる辞典」となりました。

  ……………

辞典における漢文は、漢字の意味を導き出すための用例として大切な役割を担っています。
その一方で、漢文にはそれ自体、心情を揺さぶる美しさがあったり、
文章や論理の手本となるものがあったりするとともに、
人生における「教養」「知恵」「哲学」が凝縮された名言・名文もあります。
そのような漢文用例には[最重要][重要][名言]のロゴマークを付けて、
読む楽しさや、人生を生きるヒントを加えています。

  ……………

漢和辞典は本来、「漢文を読むための辞典」です。
古代中国を理解するためであるとともに、
漢字・漢文を取り込んだ日本語や日本を理解するための辞典です。
現在では、漢和辞典の機能・役割が見えにくくなってしまっていますが、
本来の役割・機能に現代的な解釈を加えるなら、
漢字・漢文をコミュニケーションの道具として使いこなし、
漢字・漢文によるコミュニケーションを円滑にするための辞典ともいえます。

  ……………

そんな漢和辞典での最大の難関が、漢字を見つけることです。
漢字を見つけやすくするために、小口に画数を印刷したり、
また、同画数の部首一覧を本文の全ページの上部に設けて感覚的に引けるようにしたり、
できるだけ多くの訓読みや、歴史的仮名遣いの音訓や、子供の名付けの読みなどを音訓索引に入れたりと、
検索ストレスの軽減を考えました。

使う人に便利で役立つと思ってもらえるよう、
そして、漢字を使ったコミュニケーションによって、よりよい人生になるよう、
心を込めて作りました。
お手に取っていただけたらこれに勝る喜びはございません。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [高校辞典(国語)]
学研 現代新国語辞典 改訂第六版
漢字源 改訂第六版 特別装丁版
漢字源 改訂第六版
学研 現代新国語辞典 改訂第六版 小型版
学研全訳古語辞典 改訂第二版小型版
もっと見る