Home一般・専門文芸書教養・雑学・サブカルチャー > 『世界でいちばんやさしい 教養の教科書』

商品紹介

世界でいちばんやさしい 教養の教科書

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

歴史・哲学・言語・心理・文化・経済・社会・日本・芸術の全9テーマから成る、「教養の入門書」の決定版!数ある教養本のなかでも、イラスト図解の量は群を抜いており、ポップで親しみやすいイラストで「楽しく教養を身につけたい」という人におすすめ!

この本の目次

▲本書の詳細な目次① ▲本書の詳細な目次②

Chapter 1 歴史
「大きな物語」の終焉とは何か

Chapter 2 哲学
哲学は「私」をどう捉えたのか

Chapter 3 言語
人にとっての「言語」とは何か

Chapter 4 心理
人は「心」をどう科学したのか

Chapter 5 文化
グローバル時代に「文化」をどう捉えるべきか

Chapter 6 経済
人は「経済」とどうかかわってきたのか

Chapter 7 社会
「自由」と「制約」のバランスはどう作るのか

Chapter 8 日本
日本を「アイデンティティ」から捉えるとどうなるか

Chapter 9 芸術
芸術を「時代の流れ」としてながめると何が見えるか

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

本書を読むことで得られる効果

効果1 先人の思考や思想から「知」と「思考の枠組み」が得られる
効果2 目の前の事象に自分なりの「解釈」ができるようになる
効果3 解釈をもとに新たな「アイデア」が生み出せるようになる
効果4 本書より少し難しめな教養本の理解の手助けができる
効果5 かつて難しすぎて挫折してしまった本へのリベンジができる
効果6 新聞やニュースの理解をもっと深めることができる

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

学研編集部より

本書は「楽しく気軽に、さまざまな分野の教養を身につけられる本」という基本コンセプトに基づいて、絶対に途中で挫折せず読破できるという点に徹底してこだわりぬき、随所に工夫を盛り込みました。

本書には、著者でカリスマ現代文講師である児玉先生のわかりやすい解説の文章とともに、人気イラストレーターfancomiさんのポップで親しみやすいイラストが全編にわたって掲載されています。

本書がみなさまの教養を豊かにするための一助となれば幸いです。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [教養・雑学・サブカルチャー]
世界でいちばんやさしい 教養の教科書
学研の図鑑  美しい鉱物
物理のすべてがわかる本
【公式】日本城郭検定過去問題集―2級・3級・4級編―
現代語古事記
もっと見る