Homeこどもの本読み物外国の読み物10歳までに読みたい世界名作『アルプスの少女ハイジ』

商品紹介

10歳までに読みたい世界名作 09巻 

アルプスの少女ハイジ

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

幼いころに両親をなくし、スイス・アルプスに住む祖父と暮らすことになった5歳の少女・ハイジ。山の大自然に感動しながら、祖父やヤギ飼いのペーターと楽しい日々を過ごす。やがて、町のクララの家に行き…。さくさく読める世界名作シリーズ第9弾。

この本の目次

・物語ナビ

1.ハイジ、アルプスの山へ
2.おじいさんの小屋
3.山の上の牧場
4.ペーターのおばあさん
5.フランクフルトへ
6.ゼーゼマン家にとうちゃく
7.毎日が大さわぎ
8.クララのお父さま
9.クララのおばあさま
10.ゆうれいさわぎ
11.ハイジ、アルプスに帰る
12.おじいさんの仲直り
13.クララ、アルプスに来る

・物語と原作者について 編訳/松永美穂
・なぜ、今、世界名作? 監修/横山洋子

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲冒頭で、主人公ハイジや、おじいさんと住む山小屋などを紹介。 ▲ハイジの部屋のページを開くと…アルプスの景色が広がります。 ▲カラフルなイラストで、物語も楽しく読めます。

“名作らしい、しっかりとした内容”と、“楽しく読める”を両立!

①読書を助ける、巻頭お話図解「物語ナビ」つき!
②アニメーション風のオールカラーイラストが満載!
③1章が短いので、さくさく読める!

このページのトップにもどる

著者

横山洋子(監修)】

千葉経済大学短期大学部こども学科教授。幼稚園、小学校教諭を17年間勤めたのち現職。著書に「10分で読める友だちのお話」「10分で読めるどうぶつ物語」「毎日のちょこっとあそび」(いずれも学研)など多数。

ヨハンナ・シュピリ(作)】

スイスのチューリッヒ州ヒルツェルの田園地帯に生まれる。幼少時にグラウビュンデン州のクールの周りで夏を過ごし、その体験が後の小説作品に生かされている。50以上の物語を出版しながら慈善活動にも専念した。

松永美穂(編・訳)】

ドイツ文学者、翻訳家、早稲田大学文学学術院文化構想学部教授。翻訳作品『朗読者』がベストセラーとなり、第54回毎日出版文化賞特別賞受賞。

このページのトップにもどる

絵本から読み物へ移るときに、子どもが自分から興味を持てる、ちょうどいい本に出会えました。(1年母)

ハイジのやさしいところと、笑顔なところが大好き。(2年女子)

次のページを早くめくりたくて、ワクワクドキドキでした。ありがとうございます!(4年女子)

アルプスに行って、ハイジといっしょにヤギと遊びたくなった。(2年女子)

一日でぜんぶ読めちゃった!! どんどん読めた。(3年女子)

自分も、アルプスの山にいるような気がして、話がすぐに頭に入った。(4年女子)

低学年から手に取りやすく、内容の要所をとらえているので、原作への興味がわきやすい。(3年母)

いつも、買って帰るとあっという間に読み終わります。勉強をしているときでさえ、こんな集中見たことがありません(笑)有名で、ストーリーを知っているから、親の私も実は読んだことがない話もあり、親子で楽しんでいます。(2年母)

読みやすい。勉強になる。(4年女子)

学校の図書室に1巻の「赤毛のアン」があり、おもしろかったので、他のお話も読みたくなり買いました。全巻読みたい!(4年女子)

ヤギや、ヤギのミルク、チーズがかわいかったです。そしてハイジの部屋もかわいかったです!(3年女子)

字も大きくて、二日間で読み終わってしまいました。他にもいろんな名作が読みたいです。(5年女子)

今までになく、よく読んでいます。すごく興味があるみたいです。(3年母)

ハイジは、やんちゃだと思った。(1年女子)

名作はほとんど読んだことなかったけど、すぐに読めた!(3年女子)

子どもに読ませたい名作が、ちょうど子どもの気を引く文章量と、イラストで書かれているので、とてもありがたいです。これをきっかけに、娘は「名作はやっぱりおもしろい!」ということがわかったようです。(4年母)

字が大きくて読みやすかった!(3年女子)

読みやすいボリュームで、順番にそろえて楽しみにしています。(1年母)

かなしい場面と楽しそうな場面があったから、おもしろかったです。(5年女子)

主人公の優しい心にあこがれました。(4年女子)

絵がかわいい。ハイジの元気いっぱいなところがすき。(4年女子)

ハイジは、字の読めない人に本を読んであげたのが、えらいと思います。(2年女子)

おもしろいので、何回も読んでしまいました。(2年女子)

かわいいさし絵で、話がコンパクトにまとまっているので、低学年でも楽しく読めました。(1年母)

絵がかわいい! 字が大きくて、とっても読みやすい。(3年女子)

物語ナビがわかりやすく、内容もおもしろい。(5年女子)

ハイジはCMでしか見たことがなかったので、お話を知れてよかったです。(5年女子)

このシリーズ、「赤毛のアン」から始まり、「トム・ソーヤ」、「ハイジ」とつぎつぎに読みたくなり、増やしていくのを楽しみにしています。(1年母)

絵がとてもかわいいし、すらすら、どんどん読めちゃう! とってもおもしろい。(5年女子)

字が大きくて読みやすかった。もっといろいろな名作を読んでみたい。(4年女子)

娘はこれまで本を読まず、長文になると苦手意識を持って「読まず嫌い」になっていました。図書館や書店に連れていっても、低学年用の絵本を選ぶ始末。そんなとき、見つけたのがこのシリーズ。本当に助かっています。(4年母)

絵がかわいくて字も大きめなので、今まで本をあまり読まなかった娘が、これは読んでいます。(2年母)

ハイジは元気で大好きです。(2年女子)

絵がかわいくて、一日で読み終わった。(5年女子)

前向きでいろいろな人を元気にする力がある。(2年女子)

なかなか物語を読まなかった娘が、かわいい絵にひかれたようで一気に読んでいました。(2年女子)

両親がいなくてもがんばっているハイジが好き。(5年女子)

親子で楽しめる本だと、ためらわず買いました。ほかにアンとセーラも買いました!(2年母)

巻頭に物語ナビがついていたことで、興味を持って読み続けられました。何回も読んで、読みが深まったようです。(年長母)

以前、DVDで観て内容を知っているお話なので、とても読みたくて、何軒か書店を回って、探して購入しました。(1年母)

アルプスに行ってみたい!(3年男子)

ハイジは気むずかしいおじいさんとすぐ打ち解けて、すごいと思いました。(3年女子)

やさしくて明るいハイジが大好きです! 私も干し草でねてみたいと思いました。(3年女子)

毎日、1章ずつ音読させています。わからない言葉は調べてノートに書かせています。(1年母)

内容が分かりやすかったです。1日ですらすら読めました!(2年女子)

すごく読みやすくて、すらすら読めたので、とってもよかったです。(4年女子)

2年生ですが、一気に読みたくなるほど読みやすく、おもしろいようです。(2年母)

アニメ風のイラストと、巻頭の物語ナビが、子どもの興味を引くのに役立った。(2年母)

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [外国の読み物]
動物と話せる少女リリアーネ  プチストーリーズ 三びきのアライグマ リスは大いそがし!
10歳までに読みたい世界名作  十五少年漂流記
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
10歳までに読みたい世界名作  ナルニア国物語 ライオンと魔女
10歳までに読みたい世界名作  小公女セーラ
もっと見る