Homeこどもの本読み物外国の読み物10歳までに読みたい世界名作『あしながおじさん』

商品紹介

10歳までに読みたい世界名作 15巻 

あしながおじさん

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

ジュディは孤児院を出たあと、ある人物の援助で大学へいけることになりました。その条件は、大学での生活を手紙に書いて送ること。作家志望のジュディは楽しい手紙をたくさん送ります。でも「ある人物」とは一体? さくさく読める世界名作シリーズ第15巻。

この本の目次

物語ナビ

1.ゆううつな水曜日
2.あしながおじさんへの手紙
3.大学生活スタート!
4.はじめてのクリスマスプレゼント
5.あしながおじさんからのカード
6.ロックウィロー農場
7.大学二年生
8.「この世のすばらしいこと」
9.かなわないねがい
10.農場の夏
11.大学三年生
12.自立への一歩
13.卒業
14.からっぽの気持ち
15.あしながおじさん

物語と原作者について 編訳/小松原宏子
なぜ、今、世界名作? 監修/横山洋子

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲主人公の学生生活をダイジェストで紹介 ▲当時のお手紙事情が、写真でわかります ▲1章が長くても20ページほどなので、読み進んでいる実感がわきます

3つのNewポイント! 名作が読みやすくなるしかけ、満載です

①お話をわかりやすく紹介「物語ナビ」

主人公と、あしながおじさんとの関係や、100年前のアメリカの郵便事情など、ひとめ見ただけでお話の概要がわかる、「物語ナビ」つき。映画のパンフレットのような、ヴィジュアルに訴えかける作りなので、本文を読む前に目を通せば、ストーリーがどんどん頭に入ってきます。ささっと内容を見返せるので、感想文を書くときのナビにも!


②オールカラーイラストで、名作がぐっと身近に

1冊に50点以上ものカラーイラストを掲載。お話の世界に入りこむ手助けをします。アニメーション風のタッチが親しみやすいと、大好評!


③1章が短い! さくさく読める!

エピソードごとに章が分かれていて、どんどん読み進められるのもポイント。「読めた!」という達成感が、次の読書につながります。

このページのトップにもどる

著者

小松原宏子(編・訳)】

東京生まれ。児童文学作家。著書に「わかば学園シリーズ」(くもん出版)、「10歳までに読みたい世界名作5巻若草物語」(学研)などがある。東京都練馬区の自宅にて家庭文庫「ロールパン文庫」を主宰。

横山洋子(監修)】

千葉経済大学短期大学部こども学科教授。幼稚園、小学校教諭を17年間勤めたのち現職。著書に「10分で読める友だちのお話」「10分で読めるどうぶつ物語」「毎日のちょこっとあそび」(いずれも学研)など多数。

このページのトップにもどる

表紙がかわいいので思わず手に取ってみると、物語ナビから始まり、さし絵、文字の大きさ、ページ数など、とても読みやすくできていて、気に入っています。本人も、あっという間に一冊読んでいました。(2年母)

今まであんまり本を読むことがなかったけど、このシリーズに出会って、他の本も読むことができた! この本のおかげです。ありがとう。(3年男子)

読んでいるとワクワクします。字が大きくイラスト付きで、とても読みやすかったです。(4年男子)

ジュディの努力家なところと、運がいいところが好き。(4年女子)

すごい勢いで読んでいます。(2年母)

ジュディはやることがかわいい。(2年女子)

むずかしい言葉に説明がついていて、わかりやすい。(2年女子)

ジュディはやることがかわいい。考え方がしっかりしていると思った。(2年女子)

ジュディの強さに心を打たれていました。(2年母)

おもしろくて、楽しい。字の大きさが、ちょうどいいよ。(2年女子)

物語ナビがついていて、とにかく話がわかりやすい。(4年女子)

子どもが親しみやすいヒロインの絵で、物語にもすんなり感情移入して読み進めることができました。(1年母)

主人公の心の内が書かれたたくさんの手紙には、女の子が一度は抱く気持ちが率直に表現されていて、娘にも共感できるところが多く、楽しんで読めました!(1年母)

おじさんへの手紙がおもしろい。(1年女子)

最後にびっくりして、またすぐに最初から読みたくなりました。(3年女子)

シリーズで、女の子向け、男の子向けがバランスよく発刊されていて、いつも新刊が楽しみ。(3年母)

5歳の娘が大好きで、毎月1冊ずつ増やしています。自分で読むので、ふりがなのある長い物語を探して、たどりつきました。(年長母)

「あしながおじさん」ってなんだろう?どんな人だろう? とふしぎがたくさんあって、ワクワクしました。(4年女子)

子どもが読みたいと思うかわいい絵で描かれていて、親しみやすいです。有名な物語が多く、娘にぜひ読んでほしいのでシリーズを集めたいと思っています。(4年母)

読みやすい有名なお話を探していたら、この本に出会いました。娘も読みやすいと気に入っているので、シリーズの他の本も購入していこうと思います。(4年母)

表紙の絵がかわいいので、興味がわいた。読んでみたいと思った。(3年女子)

娘はあまり読書が好きではありませんでしたが、好んで読むようになり、親としても喜んでいます。(4年母)

カラーなので、絵からも物語を読み取ることができました。私はこのシリーズが好きなので、新刊を楽しみにしています!(6年女子)

このシリーズは、字も大きくて読みやすくて、さし絵もカラーでとてもかわいい。どんどん読みたくなる。読む本がなくなると、またこのシリーズの本がほしくなる。(2年女子)

ふだん、なかなか名作を手に取ってくれないのですが、このシリーズは絵がかわいいので、好きなようです。(2年母)

ジュディなどの登場人物がかわいくて、とても気に入り、毎日読んでいます。手紙がおもしろくて、とてもよいと思います。(2年女子)

読んでいて「これは誰?」と思ったときに、物語ナビを見ればすぐわかるから、便利!!(2年女子)

「あしながおじさん」っていう名前がおもしろい。(5年女子)

感想文の宿題に使っています。「3年生なのだから、絵本ではなく長い本を読みましょう」と学校で言われたらしく、このシリーズは本当に役に立っています。(3年女子)

もっともっと、このシリーズをたくさん出してください。すらすら読めます!(4年女子)

娘が、自分にもあしながおじさんが現れないかなぁと、夢を膨らませていました。(2年女子)

あきらめない心を教わりました。(3年女子)

このシリーズを読んで、大きくなったら英語の本も読んでみたくなった!(4年女子)

話の長さがちょうどよくて、低学年の子でもわかりやすい!(3年女子)

イラストがあるので読むのが楽しくなる!(3年女子)

絵がたくさんあったり、オールカラーで、読み始めたら止まらない~(6年女子)

いろんな人に読んでほしい! ほんとうに感動したー!(4年女子)

内容がおもしろい!!(3年女子)

キャラクターがかわいくて、お話もおもしろい。シリーズで他に4冊持っています。(3年女子)

カラフルで、とても読みやすい。本屋さんで、手に取りやすい!(5年女子)

書店でこのシリーズを自分で見つけてきてから、1冊ずつ増やしていって、いま4冊目。絵がすてきなので、絵本感覚で読んでいるみたいです。(年長母)


このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲主人公が見た唯一の「あしながおじさん」の姿は、シルエット ▲会ったことのないおじさんに、手紙で学生生活を知らせます ▲各エピソードにきれいなイラストが入り、読みやすい!

圧巻のオールカラーイラストが、ストーリーを盛りあげます!

「名作は難しい?」
そんなイメージを取りはらい、おさんが自分で読みたくなる名作にするために、オールカラーのイラストにこだわりました。ページをめくるたび登場する魅力的な絵に引っぱられ、いつの間にか物語の世界に夢中になっているはず!

明るく元気なイメージの、黄色がアクセントになった表紙が目印。初めて触れる世界名作シリーズとして、お子さんに、お孫さんに、また入学やお誕生日のプレゼントとしても喜ばれます。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [外国の読み物]
王女さまのお手紙つき  金色の草原で 恋はじまる
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
動物と話せる少女リリアーネ  イルカ救出大作戦!
動物と話せる少女リリアーネ  トラはライオンに恋してる!
動物と話せる少女リリアーネ  サバンナの女王!
もっと見る