Homeこどもの本読み物女の子向け読み物水瓶座の少女アレーア『ふたりだけの旅路』

商品紹介

水瓶座の少女アレーア 3巻 

ふたりだけの旅路

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

水に触れると変身するアレーアは、帆船クルクスの仲間とわかれ、同じように水に対して秘密を持つレノックスと、ネス湖をめざして旅立つことに。旅の途中、心ひかれるレノックスと自分は、兄妹なのでは……という不安が、アレーアの心にめばえる。

この本の目次

▲目次

1章 メルヘンの世界…………7
2章 ギャング…………20
3章 星空…………31
4章 北へ…………53
5章 ハイランド…………71
6章 川の精霊…………93
7章 ツァバナ・ラバンダ…………109
8章 きみは美しい…………135
9章 ロッホ・ネス…………156
10章 湖底の街…………164
11章 エルバリン…………185
12章 過去からのメッセージ…………209
13章 風とともに進む…………239
訳者あとがき…………252

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲美しいスコットランドを、アレーアとレノックスは旅をする。

恋と冒険と再生の物語!

帆船クルクスの仲間と別れたアレーアとレノックスは、
自分たちの生まれの秘密を知るための冒険に出発した。
数々の困難を乗りこえながら、
ふたりの距離はどんどん縮まっていく。
強くて美しい少年レノックスに心ひかれるアレーアは、
ふたりの関係に思い悩むのだった。

ネス湖を目指し、スコットランドを冒険するふたりが、
数々のピンチに!?

いよいよ明かされる、アレーアの正体!

謎の少年レノックスとの関係は!?

水中を舞台に、アレーアの冒険はまだまだつづく!

このページのトップにもどる

著者

プロフィール

★著者 タニヤ・シュテーブナー
ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州生まれ。
10歳で物語を書き始める。
デュッセルドルフ、ヴッパータール、ロンドンの大学で、
文芸翻訳、英語学、文学を学ぶ。
翻訳および編集の仕事にたずさわったのち、
現在は、児童書、ヤングアダルトを中心に作家として活躍中。
日本では「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズ(学研プラス)がある。
家族とともに、愛猫サムソン、イゼイと暮らしている。

ホームページ(ドイツ語)http://tanyastewner.de/


★訳者 中村智子(なかむらともこ)
神奈川県生まれ。
ドイツ語圏の児童文学を中心に、
さまざまな分野の書籍紹介にとりくんでいる。
訳書に「動物と話せる少女リリアーネ」、「動物病院のマリー」、「フローラとパウラと妖精の森」、
「コーンフィールド先生とふしぎな動物の学校」(いずれも学研プラス)、「真珠のドレスとちいさなココ」、「アントン―命の重さ」(主婦の友社)ほか。
家族とともに、愛猫ヨーヨー、マフィンとくらしている。

ブログ http://www.bibliocat.eu/


★イラストレーター 千野えなが(せんのえなが)
千葉県在住。
多くの書籍の装丁画、挿絵などで活躍中。
「ジャングル・ブック」、「この子だれの子」(講談社青い鳥文庫)、
「らくだい魔女」シリーズ(ポプラポケット文庫)など多数。
鳥や虫が好き。ペンネームの「えなが」は鳥のエナガに由来。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [女の子向け読み物]
まほうのドレスハウス  ふたごのプリンセスときらきら星のバレリーナ
水瓶座の少女アレーア  運命の五人
動物と話せる少女リリアーネ  サバンナの女王!
動物と話せる少女リリアーネ  動物園は大さわぎ!
王女さまのお手紙つき  星のジュエル 運命のジュエル
もっと見る