王女さまのお手紙つき

サマー姫とロザリンド姫とイザベラ姫の物語
みじかめのおはなし3つ

>
ご購入はこちらから
  • >
  • ネット書店

定価 本体1,000円+税

19件全ての画像を見る

発売日2018年08月09日

発行学研プラス

判型B6

ページ数164頁

ISBN978-4-05-204866-1

対象
  • 小3
  • 小4

王女さまのお手紙つき

サマー姫とロザリンド姫とイザベラ姫の物語
みじかめのおはなし3つ

定価 本体1,000円+税

  • twitter
  • facebook

発売日2018年08月09日

発行学研プラス

判型B6

ページ数164頁

ISBN978-4-05-204866-1

ご購入はこちらから
  • ネット書店
  • LINE
  • twitter
  • facebook

内容紹介

目次

特別カラーページ◆王女さまからのメッセージ
表紙を開くと、主人公のサマー姫、ロザリンド姫、イザベラ姫が順番に登場。この本で伝えたいことをかたりかけてきます。背景には、おはなしに登場するアイテムやシーンがカラーでえがかれていて、わくわくする気持ちも高まります

サマー姫の物語◆誕生日のおひろめドレス
誕生日のドレスすがたがテレビで放映される物語です

  1 王女さまの誕生日

  2 古めかしいドレス

  3 虹色オパール

  4 いやしのパワー


ロザリンド姫の物語◆銀色ペンダントのひみつ
赤レンガの館へいって〝ひみつのとびら〟をさがす物語です

  1 赤レンガの館

  2 かわいい赤ちゃん

  3 ひみつのとびら

  4 森での作戦


イザベラ姫の物語◆たからさがしと魔法の蝶
トロピカルなフルーツの森でたからさがしをする物語です

  1 たいへんだわ!

  2 心強い仲間たち

  3 トロピカル・フォレスト

  4 ジュエルの奇跡


それぞれの物語のあとに◆王女さま*心理ゲーム
おはなしに登場したシーンを題材に、自分が王女さまになったつもりで質問にこたえます。すると心の診断が!

  1 サマー姫の心理ゲーム
はじめて誕生日の撮影用ドレスを着たシーンをとおして「親や大人に対する心のなやみ」と「のりこえるヒント」がわかります!

  2 ロザリンド姫の心理ゲーム
〝ひみつのとびら〟発見のシーンをとおして「お友だちとの友情で気をつけたいこと」がわかります!

  3 イザベラ姫の心理ゲーム
冒険のときに着たおそろいのニンジャドレスのシーンをとおして「ピンチのとき、あなたならではの切りぬける方法」がわかります!


おまけのページ◆こぼればなし
サマー姫、ロザリンド姫、イザベラ姫がそれぞれ、物語でかたりきれなかったひみつのシーンをしょうかいします


ないしょのふうとう◆王女さま3人からのお手紙&おとぎの世界ゆき馬車きっぷ
最後のページにはちいさなふうとうがあって、なかをあけると、サマー姫、ロザリンド姫、イザベラ姫からのよせがきレターがはいっています。さらに、おとぎの世界へつれていってくれる(!?)馬車のきっぷもはいっています





【シリーズのなかでもイチオシの3話です!】

この本でとりあげた3つの物語は、どれも王女さまがピンチをのりこえ、心の成長をとげる、スカッとそうかいな展開。あっとおどろく、ジュエルの魔法シーンも登場して、ドキドキワクワク度も最高です。
これまで王女さまのお手紙を読んだ読者からも、たくさんのお返事のおたよりがよせられてきました。
物語の内容と、おたよりを一部ごしょうかいしましょう。



サマー姫の物語◆誕生日のおひろめドレス

12さいをむかえたサマー姫。国の人びとへおひろめする写真用に準備されたのは、伝統の古めかしいドレスでした。
心のショックを、どうしたらいいかわからないサマー姫。
そんなとき事件が起こり、ドレスがどろだらけになってしまいます。
サマー姫は、写真の撮影をどうするのでしょうか……。
まいごのコアラの赤ちゃんや、ロマンチックな予言のことばも登場。
ピンチのときには、虹色のジュエルがひきおこす奇跡が……!


★ 読者から サマー姫のお手紙へ お返事 ★

「誕生日におひろめするドレスは、青でサファイアのついているリボンでまとめた細いキレイめドレスがいいな! ところで、私も、サマー姫と同じ経験をしたことがある! まわりに流されるままの服を着たりしたけれど、ちゃんと気持ちを伝えたら、わかってくれたよ」(小5)

「わたしの夢のドレスは、ルル姫のような、動きやすそうなドレス。体を動かすのが好きで、涼しそうだからです。わたしも、サマー姫の気持ちがよ~~~~~~くわかります。わたしだって、あんなドレス、いやだからです。でも、じょうずに乗り切ったサマー姫はすごい!!」(小4)

「誕生日におひろめするドレスだとしたら、キラキラ光るうつくしいドレスがいいです。でも、わたしも、大人に言われるまますごしていっています」(小3)

「わたしは『ふわっ』とかるいロングドレスがすき。とくに色はターコイズブルーやエメラルドのしぜんをモチーフにしたドレスがいいな」(小4)

「誕生日におひろめするドレス、わたしはサマー姫みたいにかたがでてるドレスで色は青(こい色)、そしてスカートにはむらさきと青のグラデーション。星のモチーフのドレスがいいな」(小3)

「わたしはこの本を読んで、サマー姫が、これからのミラニア王国の未来を切り開いたんじゃないかなと思ったよ。わたしはサマー姫だけで1さつの本も持っているよ。わたしがたん生日におひろめするドレスを着るなら、青や水色や白などの色の海をモチーフにしたごうかではなやかなドレスが着たいな」(小6)

「サマー姫は、センスがいいですね。それに、服の作り方がじょうずですね。わたしもその服を着てみたいです。サマー姫のお母様のドレスもきれいですね」(小4)

「サマー姫の物語を読んで、とてもいんしょうにのこりました。サマー姫の勇かんなところに感どうしました。おうえんしてます!」(小4)

「最初は流れにまかされていたサマー姫だけど、自分のいしをまっすぐ伝えられて『私もあんな女の子になりたいな』と思いました」(小5)

「サマーひめのものがたりがすっごくかんどうしました。ゆうきが、ありますね。いつか、あいたいです!」(小2)

「私は今まであんまり勇気を持てませんでした。ティアラ会のみんなはとても勇かんで、私に勇気をくれました。今とてもティアラ会に入りたいです。親にかくしごとをすることはとてもむずかしいと思うけど、これからもがんばってください」(小6)

「サマー姫はいっぱいともだちがいていいなぁー。わたしも、ともだちがいっぱいできているよ!サマー姫にも、みんなをみせたいなぁー」(小2)

「サマー姫のコアラ、家でもかいたい!」(小4)




ロザリンド姫の物語◆銀色ペンダントのひみつ

仲のいい王女さま、ナッティ姫、イザベラ姫、アミーナ姫と、海にうかぶ島にある、赤レンガの館へやってきたロザリンド姫。
この館に、銀色ペンダントのひみつがかくされているかもしれないと知り、ロマンチックななぞときにいどむことになりました。
しかし、館の赤ちゃん犬とあそびたい3人と意見がわかれ、気まずいムードに…。
古い館の探検、おいしいチョコスイーツ、思いがけない事件……ドキドキする1日のスタートです。


★ 読者から ロザリンド姫のお手紙へ お返事 ★

「ロザリンド姫のはっきりと意見を言うところは、いいところだと思います。少し強く言いすぎてしまうところはしょうがないと思うけれど…。ティアラ会の活動を楽しみにしています」(小5)

「わたしは、ハキハキ言う人、きらいじゃないですっ!(心の声:でもちょっときつく言われると悲しいかな)もうちょっと、やさしく言うのはどう? ロザリンド姫ならできるよね! 頭の整理!」(小4)

「わたしはロザリンド姫とはせいはんたいです。あとから思うと『さっき、いえばよかった』や『○○、やりたいっていえばよかったな~』とかいろいろあるけど、やっぱりはっきりいうロザリンドひめもわたしはいいと思うから、あまり気にしないで!!」(小3)

「ロザリンド姫のようなタイプの人は、そばにはいないけど、もしいても、そういう人も、少しはいたほうがいいと思うよ」(小4)

「クラスにはロザリンド姫みたいな子が多いけれど、私はあまり気にしなければいいと、思ったりします。きっとロザリンド姫もすぐこうかいしたでしょ。だから、ほっといたら、あやまってくるからと、思っています」(小3)

「わたしのまわりにとくにロザリンド姫みたいな子はいないけど、もしともだちでそういう子がいてもけっしてごかいしたりはぜったいしません。ロザリンド姫はいつも心のやさしい人だから!」(小2)

「わたしは、お友だちに、きつい言ばを言ってしまうときが、あるの。そんなとき、ロザリンド姫はどうする? ロザリンド姫のゆうきのあるこうどうがすごいなと思いました。パッチをたすけたいと思うきもちもつたわったよ」(小2)




イザベラ姫の物語★たからさがしと魔法の蝶

イザベラ姫のくらすお城のまわりには、フルーツいっぱいのトロピカルな森があります。
ところがある日、そこを、みしらぬ男たちにあらされてしまうのです。
王であるお父さまにいっても、とりあってもらえなかったイザベラ姫は、お友だちのナッティ姫、アミーナ姫、ロザリンド姫に助けをもとめました。
仲よしの男の子サル、暗号の巻物のなぞ、魔法の蝶も登場して、わくわくする気持ちをもりあげます。
かけつけた王女さまたちの力をかり、どんな方法で森を守るのでしょうか。


★ 読者から イザベラ姫のお手紙へ お返事 ★

「わたしがね、のりこえようとしていることは、自信を持つことです。学校などでも発表するときに自信をなくして小さな声になっちゃうんだ。けど、イザベラ姫が言ったようにのりこえられるって信じてる。イザベラ姫はわたしが初めて読んだ姫なんだよ」(小6)

「ティアラ会のメンバーが力を合わせて事件を解決するのがとってもおもしろいです。ピンチをきりぬけるときの考え方なども、勉強になりました」(小5)

「お父さまやトレジャー・ハンターたち大人の気づかない暗号に先に気づくなんて、イザベラ姫たちはさすが!」(小6)

「絵がかわいくて、おはなしもメルヘンでいいですね」(小4)

「子ザルのペトロのかつやくが、ありえないほどすごいと思った」(小3)

「おいつめられても、あきらめず、いろんなことを考えて、いい道をえらび、すばらしい!」(小5)

「王女さまたちが、みんなでがんばってなんとかしてしまうのがすごいと思いました」(小2)

著者紹介

こちらもおすすめ

※取扱い状況は各書店様にてご確認ください。

※取扱い状況は各書店様にてご確認ください。

閉じる