Homeこどもの本読み物外国の読み物10歳までに読みたい世界名作『ひみつの花園』

商品紹介

10歳までに読みたい世界名作 13巻 

ひみつの花園

ショップ学研+で購入する
ネット書店で購入する

内容

両親が亡くなり、おじの家に預けられることになったメアリー。大きなお屋敷は、夜になるとすすり泣く声が聞こえたり、庭には10年間も閉ざされた花園あったり…荒れた庭がよみがえるにつれ秘密がとかれて……! さくさく読める世界名作シリーズ第13巻。

この本の目次

物語ナビ

1.メドロック夫人の話
2.ムーア
3.マーサ
4.ひとりぼっち
5.だれかがないてる!
6.館のたんけん
7.庭のかぎ
8.なき声の正体
9.真夜中のおしゃべり
10.ひみつを守らなくちゃ
11.ラージャ
12.春のおとずれ
13.もう来ない!
14.ディコン
15.まほう
16.ぼくがだれか知っているか?
17.おなかがペコペコ
18.庭の中に

物語と原作者について 編訳/日当陽子
なぜ、今、世界名作? 監修/横山洋子

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲古いお屋しきの3つのひみつとは…?(物語ナビ) ▲主人公が暮らしていたイギリス・ヨークシャー地方の様子を写真で紹介 ▲文字が大きく、1章が短いので、読書が苦手でもすらすら読めます

3つのNewポイント! 名作が読みやすくなるしかけ、満載です

①お話をわかりやすく紹介「物語ナビ」

主人公が引き取られた大きなお屋しきのひみつや、物語の舞台ヨークシャーの風景など、ひとめ見ただけでお話の内容がわかる、「物語ナビ」つき。映画のパンフレットのような、ヴィジュアルに訴えかける作りなので、本文を読む前に目を通せば、ストーリーがどんどん頭に入ってきます。ささっと内容を見返せるので、感想文を書くときのナビにも!


②オールカラーイラストで、名作がぐっと身近に

1冊に50点以上ものカラーイラストを掲載。お話の世界に入りこむ手助けをします。アニメーション風のタッチが親しみやすいと、大好評!


③1章が短い! さくさく読める!

エピソードごとに章が分かれていて、どんどん読み進められるのもポイント。「読めた!」という達成感が、次の読書につながります。

このページのトップにもどる

著者

日当陽子(編・訳)】

翻訳家。英語教師。訳書に「魔女の本棚」シリーズ(ルース・チュー作 フレーベル館)、「リトル・プリンセス」シリーズ(ケイティ・チェイス作 ポプラ社)など多数。

横山洋子(監修)】

千葉経済大学短期大学部こども学科教授。幼稚園、小学校教諭を17年間勤めたのち現職。著書に「10分で読める友だちのお話」「10分で読めるどうぶつ物語」「毎日のちょこっとあそび」(いずれも学研)など多数。

朝日川日和(絵)】

香川県で生まれる。イラストレーター。ゲームのキャラクターから、本の挿絵まで幅広く活躍中。著書に、「10歳までに読みたい世界名作2巻 トム・ソーヤの冒険」(学研)などがある。

このページのトップにもどる

主人公のメアリーがだんだん明るくなっていって、私もうれしくなりました。(3年女子)

花園が見つかるの?と読んでいてドキドキした。物語ナビがあるから、分かりやすい!(2年女子)

漢字にふりがながあって、読みやすい。さし絵がたくさんあって、どんな場面か分かりやすい。(1年女子)

楽しかったから、一日で読んでしまいました。(2年女子)

いろんなことに挑戦する主人公がすき。いろんなタイプのワクワクドキドキがあって、すごくおもしろい。(5年女子)

メアリーはさいしょはきどっていたけど、おわりのほうには友だち思いになれて、よかった。(2年女子)

読書嫌いの子ども2人が、夢中で読んでくれます。ほどよい省略のしかた、ちょうどよいイラスト…すばらしいです。(2年母)

「物語ナビ」がわかりやすく、読みたい!気持ちが高まります。美しい写真や絵がたくさんあり、子どもでもお話の世界をふくらませることができたようです。新刊にも期待してます。(1年母)

メアリーは勇気があるし、だんだん元気で優しい女の子になっていくところが好きです。(1年女子)

とても絵がかわいくて、読みやすかったです。(5年女子)

原作の雰囲気を損なわず、でも読みやすい良い本です。(3年母)

巻頭のしかけページの工夫がとてもいいのと、絵が今風なところが子どもの興味をそそるようで、シリーズ4冊目の購入です。(3年母)

おもしろい。絵がカラーでわかりやすい。ことばの説明があるので、わかりやすい。(4年女子)

この本を読んで、名作が好きになった。(4年女子)

このシリーズは、1冊読むと何冊も読みたくなる!! とても楽しいです。(2年女子)

巻頭に、登場人物の紹介や、物語の舞台が描かれていることで、ストーリーの世界に即座にひきこまれます。(2年母)

かわいいし、読んでいて気持ちがよくなります。ありがとうございました。(2年女子)

メアリーが元気な女の子になったことに感動した。(5年女子)

読みやすく、おもしろいようで、あっという間に読破しています。最初の解説がとてもいいです。(2年母)

2ヶ月に1回の発売が長く感じて、発売されるとすぐに本屋に行ってます。(2年女子)

お話がとてもおもしろくて、何回でも読みたくなります。(2年女子)

名作は細かい字のものが多く、とっつきにくいので、このシリーズはとても気に入りました。(4年女子)

巻頭の物語ナビと、すべての漢字にふりがながついていたことで、本好きな年長でも読むことができました。(年長母)

難しい言葉には説明が書いてあったので、わかりやすかったです。(3年女子)

カラーイラストがきれいなので、子どもが読んでみようという意欲がわいてくる本だと思います。(3年母)

字が大きくて、すごくいいです。年長の弟も読みやすいといっていました。(3年女子)

子どもの頃に大好きだった本を娘に買いました。おもしろかったー!と喜んでくれました。(3年母)

イラストがかわいくて、想像力を働かせながら、スラスラ読んでいました。大人が見ても楽しいと思いました。(3年母)

私もきれいなひみつの花園に行ってみたい。(3年女子)

値段も文章の量もちょうどよかった。(2年女子)

世界の名作を、うまく子どもの読みやすい長さ、絵でまとめていると思います!(2年母)

メアリーはへそ曲がりだけど、前向きで、コリンをはげまそうとしていて、やさしい。(4年女子)

全巻そろえたいです。こんなかわいい本、めったにないです。(2年女子)

初めは元気がなかったメアリーが、少しずつ明るくなっていったところがよかった。(2年女子)

本のはじめに物語ナビがあって、写真や説明がくわしく載っているのが、とてもよいと思いました。(3年母)

とても、主人公がかわいいです。(2年女子)

メアリーがコリンに、すごくやさしくしているところが、よかった。(2年女子)

わがままでへそ曲がりだったメアリーが、友だちのおかげで明るくなってよかった。(2年女子)

メアリーは、前向きでぼうけんが好きそうな子だから、好き。(4年女子)

イラストが、すごくかわいかったです。(4年女子)

友情のシーンがとってもよかったです。(3年女子)

すごく感動しました。心にきざみこまれました。(5年女子)

シリーズのどの本も読みやすくていいです。(2年女子)

絵が、すご~くかわいい!(5年女子)

とてもすらすら読めて、マンガよりおもしろい。(3年女子)

どんどん次のページを読みたくなる。(5年女子)

物語ナビがあるので、すらすら読めました。(4年女子)

とても読みやすい。物語がわかりやすく感じることができ、感情移入しやすいようです。(2年母)

冒険って感じで、すごくおもしろかった。(5年男子)

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲花と共に友情も育っていく、感動的なストーリー ▲ヒバリ、エニシダなど、文中の動植物もていねいにイラストで再現 ▲ひみつの花園の中は…夢のような美しさ!

圧巻のオールカラーイラストが、ストーリーを盛りあげます!

「名作は難しい?」
そんなイメージを取りはらい、おさんが自分で読みたくなる名作にするために、オールカラーのイラストにこだわりました。ページをめくるたび登場する魅力的な絵に引っぱられ、いつの間にか物語の世界に夢中になっているはず!

明るく元気なイメージの、黄色がアクセントになった表紙が目印。初めて触れる世界名作シリーズとして、お子さんに、お孫さんに、また入学やお誕生日のプレゼントとしても喜ばれます。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [外国の読み物]
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
動物と話せる少女リリアーネ  動物と話せる少女リリアーネはじめてのものがたり しあわせの黒いねこ
10歳までに読みたい世界名作  名探偵シャーロック・ホームズ
10歳までに読みたい世界名作  怪盗アルセーヌ・ルパン
動物と話せる少女リリアーネ  イルカ救出大作戦!
もっと見る