Homeこどもの本絵本外国の絵本センスええこにそだつ本やで~!『やわらか頭でのびのび読んでな~! ニャゴまると ゴーゴー! なんでやねんタウン』

商品紹介

センスええこにそだつ本やで~! 

やわらか頭でのびのび読んでな~! ニャゴまると ゴーゴー! なんでやねんタウン

ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する

内容

ニャゴまるは大阪弁を話す元気な男の子。パパと不思議な町へ洗車しにゴーゴー! 車、店、公園、工事現場…細かく考えられたオシャレな絵が、海外でも大絶賛。指さし、ながめるうち、こどもに秘められた、発見、遊び、しゃべりのセンスが、ぱあっと開花する!

立ち読み

やわらか頭でゴーゴー! まちへしゅっぱつや~!


ぼく、ニャゴまる。

いまから パパと まちへ、

くるまの せんしゃに いくねん。

ハイパワーの マシン 

わっくわくや~! 

(絵本の本文より)


主人公のニャゴまるは、大阪弁をしゃべるおちゃめな男の子。
大好きなパパの車に乗って洗車に出発です!
ページをめくるたびに現れる不思議な場所、ヘンテコでオシャレなキャラたち。
「みちが こんでますなぁ~」「ねてるんちゃう~」など、あちこちで飛び交うリズミカルでやわらかなひびきの大阪弁。

車の中から見える光景は夢やわくわく満載で、まさに「なんでやね~ん(すごい! おもしろい!)」の連続。

ニャゴまるといっしょに「なんでやねんタウン」のドライブを満喫しましょう!

このページのトップにもどる

この本の目次

▲こどもの大好きな、はたらく車がいっぱいの工事現場 ▲洗車が終わったら、本を上下ひっくり返して帰り道につきます ▲なんでやねんタウンの楽しいキャラや車の紙工作。ニャゴまるもいるよ

1.さいしょのページ★この絵本の読みかた

終点までいったら絵本を上下さかさまに回して、前のページにもどってくるという、「へえ~」なしかけや、この絵本でそだつ5つのやわらか頭…「はっけん」のやわらか頭、「しゃべり」のやわらか頭、「あそび」のやわらか頭、「オシャレ」のやわらか頭、「いろ」のやわらか頭について、大阪弁でゆかいに説明しています。


2.メインのページ★大好きなパパの車でゴーゴー!

◯ショッピングストリート
 ありさんのスクールバスや朝ごはんのマンションが見えます。

◯こうそうビルがい
 えんぴつのタワーなど高いビルがにょきにょき。

◯ショッピングビル
 パーキングはもう、満車のようです。

◯まちのひろば
 けっこんしきや観光客のすがたがあります!

◯びじゅつかん
 かっこいい建物や銅像・絵画が見えます。

◯おおきな公園
 ニャゴまるの好きなアイスの車がとまっています。

◯こうじげんば
 はたらく車がいっぱいです。

◯ガソリンスタンドに到着! 洗車
 ハイパワーの マシンで ごうん ごうん がこ~ん。

ここまできたら本をくるっと回し、上下さかさまにして、今度は前のページへ向かって読み進めます。
さっき通った道の、逆側の道を通って帰ります。
行くときに見たキャラや車に、別の場所でもう一度会えることも!


3.おまけのあそびページ★この くるま ど~こだ?

各シーンへもどって、わにのミキサー車や、かばのロードローラーなどをさがそう、というページです。


4.さいごのページ★ニャゴまるシリーズのほかの本をしょうかい!!

『ニャゴまるの ゆき! ゆき~!! スキーランド』をためし読み!


★車やキャラクターの紙工作つき!

カバーを開いたところに、ついています。切っておるだけ、あっというまに組みたてできます。ページの上で動かして遊べば、楽しさもいっそうふくらみます!

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲ヨーロッパふうの街並みに映えるレトロな造りの美術館 ▲ピザ配達中のバイク。いろいろな道に出てくるたびピザの数に変化が? ▲耳に心地よく、発しても楽しい大阪弁があちこちに飛び交います

ゆかいな絵とテンポのいい大阪弁で、こどもがみるみるうちに夢中に!

「やわらか頭」とは思考の柔軟性のこと。柔軟性を高めることにより視野が広がったり、理解力が深まったり、ものごとを楽しむ力がのびていきます。こどもの持つ、天性の「やわらか頭」をのびのび育てたいですよね。


★1.最初は、きれいな色と細かい描写で描かれた絵に注目!

「ここみて~!」と細部にちりばめられた、かわいいモノやかっこいいモノ、興味をひかれるモノなどを発見したり。
時間経過にそってさまざまな場所に登場する同じキャラや車に気づいたり。
読む人それぞれが、いつのまにか自然に自由な発想で、好きなように楽しんでいる絵本なのです。


★2.今度は、ニャゴまると同じ目線でいっしょに読み進め、
お話を楽しみましょう!


「かっこよ~に してもらってるなぁ~」「ごみ はこぶで~」など、リズミカルでやわらかなひびきの大阪弁が、大人の頭まで心地よく刺激してくれます。

このページのトップにもどる

著者

ベルギー×日本…「やわらか頭」のリアル育メン2人が、夢のような絵本を実現!

作・絵/トム・スカンプ

じぶんたちをとりまく美しい世界でおきていることに気づき、
それを楽しむことをおぼえてほしい


ベルギーの絵本作家。わが子を車の後部座席に乗せたり、アトリエにつれてきたときにあそぶ姿を見て、この本の企画を思いついたという、子煩悩パパ。
★ベルギー生まれ。美術大学卒業後、ポーランドでグラフィック・アートを学び、ポスター、はがき、おもちゃ、切手などを制作。絵本にも「やわらか頭」でたくさんの遊びを盛りこんでおり、作品が世界中で翻訳出版されている。


翻案/寿 太郎(ことぶき たろう)

みんな感動してオドロかな、そんしまっせ~
めっちゃ細か~く描いてるし、
おもろい登場人物が待ってまっせ~


芸人の顔も持つ、元・保育園園長。持ち前の「やわらか頭」を駆使し、こどもたちの「楽しい!」「うれしい!」を引き出すために日々奮闘。コテコテの大阪弁ネイティブスピーカー。
★ 幼稚園・保育園勤務を経て、36歳でおおわだ保育園(大阪・門真市)の園長に(現在は理事長)。アレルギーを持つ子のため、卵と乳製品を除いた給食を全員で食べる取り組みがテレビで紹介され、レシピ本『おおわだ保育園 卵・乳製品除去の「なかよし給食」』(小学館)も発売。遊び心いっぱいの「オープントイレ」がキッズデザイン賞を受賞するなど、多方面で活躍。

このページのトップにもどる

▲「この絵本、開いたら、閉じれません。」人気絵本作家・村上康成氏 ▲「まちがいない!」人気絵本作家・中川ひろたか氏 ▲「ノリノリ!りょこういこか~」に巻かれた宣伝オビ


☆「やわらか頭」のエキスパート・絵本界の巨匠たちが絶賛!


表紙に巻かれている宣伝オビには、『おおきくなるっていうことは』『さつまのおいも』(童心社)などの作品で大人気の絵本作家、中川ひろたか氏・村上康成氏からの巨匠コンビ直筆すいせんメッセージが載っています。

ちなみにこのシリーズの別の巻には、『いいからいいから』(絵本館)ほか関西のテレビ番組『ちちんぷいぷい』でもおなじみ、大人気絵本作家・長谷川義史氏と、奥さまである、あおきひろえ氏の巨匠夫婦直筆すいせんの宣伝オビが巻かれています。

「つっこんで ためになる コテコテ絵本」(長谷川義史氏)

「こどもたちよ! センスを みがくべし!」(あおきひろえ氏)



やわらか頭な大人の代表ともいえる、絵本界のそうそうたる巨匠たちが、「おもしろい!」「あたらしい!」と太鼓判を押しているのです!


翻案を担当した寿 太郎氏とプライベートでも親交があるという、ある絵本作家は、自身の店で、このニャゴまるシリーズが売れていく瞬間を目の当たりにしたそう。

ほかにも、絵本界の「やわらか頭」な巨匠たちが発した、このシリーズへのオドロキと絶賛の声が、続々報告されています。


書店でおもしろい本があるなと思って購入した。
帰ってよくみたら、寿 太郎の本だった~!

こんな本つくられたらかなわんなぁ~ よく考えられてる!

果汁100% ワンダーランド!

ついついはまる コテコテ絵本

アイデンティティがニョキニョキしてくる感じ

よくも悪くも圧倒される

受け身では、はじきとばされる感覚。
ならばとことん入っちゃいましょう!

センスがよくて男前。これでクラスの人気者



……と、さすが「やわらか頭」の巨匠たちらしい、奥深い言葉さくれつで、このシリーズの魅力を表してくれました!
絵本界の巨匠たちの創造力をも刺激する、ミラクルなニャゴまるワールドなのです!



☆さらに、保育の現場でも盛りあがっています!

こどもたちを笑顔にする達人・園の先生たちからも、このシリーズを絶賛する声が続々届いています!

「ページをめくるたびに『え! なんでやね~ん!』、こどもたちみんな目をキラキラさせてみています」(26歳・女性)

「読むときに、いっしょに指を出して、なぞりながら読むと、よりいっそう盛りあがります」(23歳・女性)

「『さあ、みんなでおもろいところを探そうや!』『どこから読んでもおもろいな!』」(35歳・男性)

「『くるっと まわして おうちへ ゴーゴー!』って。いろんな角度から見るたび、また新しい発見が」(52歳・女性)

「『このネコよ~出てくるなぁ~』ニャゴまるといっしょに探したり考えたり。こどもの思考力がさえるのを実感できます」(38歳・女性)

園で絵本をかこみ、目をかがやかせて見入っているこどもたちのすがたが浮かんできますね! 

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲工事現場での元気な会話。大阪弁のノリがテンションをアップ! ▲ぺったぺった歩くアヒルさんには、いろんな場所で出会います ▲終点の洗車場。矢印と案内文にそって本をターン

ニャゴまるワールドをもっと楽しんでいただくために

じょうぶで、安全な作りを心がけました!

■タテ30センチ強の大判サイズ!
こどもの視界を考え、大きすぎずワクワクはMAX。
「見わたすのにちょうどいい」を追究しました。

■中面まで全ページ、つるつるの表面加工がほどこされ、
色がきれいに、楽しく見えます。

■中ページの紙は厚く、ぴたっと水平に開く作り。
じょうぶな上に、綴じで絵が見にくくなることもありません。

■安全を配慮し、本の角は丸くしてあります。



原作者の許可を得て、日本版ならではのくふうを加えました!!

■絵の中に、ちいさなおしゃべりをいっぱい加えました。
全部読みあげていく必要はありません。
お子さまの好きそうな2、3か所を指さし、「この子○○っていってるよ」「『ぺったぺった』って歩いてるね~」などと声をかけてみてください。
お子さまのうれしい反応が引きだされる、きっかけになるかもしれません!

■ページの上下に、矢印を入れました。
実線の矢印が行き、点線の矢印が帰りを表しています。
本の向きがわからなくならないように、案内文つき。


原作の良さは生かしつつ、日本のこどもたちのことを考え、かなり大胆にアレンジ!
(原作者のトム・スカンプ氏に理解してもらうため、苦戦することもありましたが、ねばり強く交渉し、承諾を得ました)
できあがった日本版を見たトム・スカンプ氏は「I'm very happy with it!」、「(日本版の)オリエンタルな文字が、美しいね」「紙の光沢で絵が映えて素敵だな」と喜んでくれました!

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲3冊とも、表紙はニャゴまるの得意げなバンザイポーズ! ▲3冊とも、簡単に組み立てて、ページの上で遊べる紙工作つき ▲「ゆき!ゆき~!!」の宣伝オビには、園の先生25人のコメントも!

ほかの巻もあわせてごらんください

「センスええこにそだつ本やで~!」シリーズは、ほかにも、おすすめがあります。
表紙を並べれば、お部屋にキュートなコーナーが!

「ニャゴまるのゆき! ゆき~!! スキーランド」

ニャゴまる、パパとゆかいなスキーランドへしゅっぱ~つ。はじめてのスキー、うまくできるやろか~? ドライブ、コテージにお泊まり、夜のおまつり、リフトでのぼって、すべって……本をタテ向きに回して進むページもあって、シリーズの中でいちばんアクティブな1冊です。


「ニャゴまるの あっちゃこっちゃ くるまでいこか~」

ドライブが大好きなニャゴまる。パパのかっこいい車にのって、空想の町へとくりだします。すいかのトラックやぞうのしょうぼうしゃと出会ったり、交差点やロータリー、高速道路なども出てきて、わくわくのドライブ感満載。思わず「これみて~!」「こんなところに~」と指さしたくなる、建物やキャラクターたちもみのがせません。


「ニャゴまるの ノリノリ! りょこう いこか~」

ニャゴまる、はじめての飛行機に挑戦。サングラスをかけてノリノリ!で向かう先はひろ~い空港。いろんな国からやってきた個性的なキャラクターたちが、わいわいがやがや、なぜか全員大阪弁でおしゃべりしています。空港から空に飛びたって、南の島へつくまでのお話です。

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [外国の絵本]
おさかなちゃん  ちっちゃな おさかなちゃん
おさかなちゃん  おさかなちゃんの ばいば~い
おさかなちゃん  おさかなちゃんの ぴんぽ~ん
めくってはっけん  せかいちずえほん
どんどんめくってはっけん  からだのふしぎ
もっと見る