Homeこどもの本絵本日本の絵本どんぐりむらシリーズ『どんぐりむらのどんぐりえん』

商品紹介

どんぐりむらシリーズ 4巻 

どんぐりむらのどんぐりえん

  • 作・絵なかやみわ
  • 定価(税込)1,296円
  • 発売日2013年09月06日
  • 発行学研教育出版
  • 対象幼児3-5
ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する

内容

どんぐりむらのどんぐりえんの子どもたちは近頃とてもはりきっています。もうすぐ、年に一度の園行事・お店屋さん祭りがあり、家族や村のつぶたちをお客様として招待するからです。先生たちの見守る中で、のびのび育つ子どもたちの、楽しい園生活を描きます。

この本のみどころ・おすすめ

▲1)カバー袖と帯のどんぐりえんごっこ ▲2)見返しも見応えたっぷり! ▲3)もちろん今回もどんぐり新聞付きです! 書評も面白いですよ!

どんぐりむらシリーズ第4弾は、シリーズ史上最多登場キャラ数&カラフル度No.1の『どんぐりえん』!

どんぐりむらのおしごといろいろ物語第4弾の舞台は「園(保育園&幼稚園)」(どんぐりむらには園はたった一つなのです)。
どんぐりむらのどんぐりえんには、子どもたちが今日も元気にやってきます。年に一度の園の行事・お店屋さん祭りに向け、子どもたちは張り切っています。さてさて、どんなお祭りになるのでしょうか。さりげない、先生たちのサポートも見どころです。
もう一つの見どころは、色使い。シリーズで一番のカラフルな絵で魅せます。しかも、園児は18つぶ! 先生3つぶ! シリーズ最多のキャラ数です。
今回も、楽しみ方は本編のお話の他にも盛り沢山! 絵本の読後も繰り返したっぷりどんぐり世界を楽しめます!
1)カバー袖と帯の「どんぐりえんごっこ」は、どんぐりえんが作れるペーパークラフトになっています。テープルに給食を乗せたり、ちびトイレに座ったりできます。
2)巻頭のおむかえはだれですか&巻末のどんぐりえんのキャラ紹介。キャラ紹介では全園児と家族を紹介しています。
3)投げ込みの「どんぐり新聞」では、後日談やどんぐりむらの様々なキャラクターのエピソードが楽しめます。

このページのトップにもどる

著者

なかやみわ(作・絵)プロフィール】

女子美術短期大学造形科グラフィックデザイン教室卒業。企業のデザイナーを経て、絵本作家に。代表作『そらまめくん』シリーズ、『くれよんのくろくん』シリーズ他多数。

このページのトップにもどる

【特集】どんぐりぱんレシピ

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [日本の絵本]
PETIT POOKA  やさいさん
どんぐりむらシリーズ  どんぐりむらのどんぐりえん
どんぐりむらシリーズ  どんぐりむらのぱんやさん
PETIT POOKA  ぼうし とったら
PETIT POOKA  くだものさん
もっと見る