Homeこどもの本読み物小学生(低学年)10歳までに読みたい日本名作『銀河鉄道の夜』

商品紹介

10歳までに読みたい日本名作 1巻 

銀河鉄道の夜

ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する
電子書籍版を購入する BookBeyond

内容

小学低中学年から楽しめる!オールカラーイラストで、さくさく読めちゃう「日本名作」シリーズ第1弾。少年ジョバンニが、親友カムパネルラとともに、ふしぎな世界をめぐる鉄道の旅へ出て――。一度は読んでおきたい名作を、魅力はそのまま、読みやすく収録。

この本の目次

■物語ナビ
 
1.午後の授業
2.活版所
3.家
4.ケンタウル祭の夜
5.天気輪の柱
6.銀河ステーション
7.北十字とプリオシン海岸
8.鳥をとる人
9.ジョバンニのきっぷ
10.しずんだ船の乗客
11.リンゴ
12.赤帽の信号手
13.高原と深い谷
14.サソリの火 
15.真っ暗なあな  
16.カムパネルラ

■物語について  文/芝田勝茂
■日本の名作にふれてみませんか 監修/加藤康子

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲登場人物や、シーン解説(巻頭「物語ナビ」) ▲カラーイラストで、物語の世界に引き込みます ▲読みやすい文章構成で、読書を楽しめます

はじめて読む「銀河鉄道の夜」としておすめの本です

1、オールカラーイラストで、名作がぐっと身近に
1冊に50点以上ものカラーイラストを掲載。お話の世界に入りこむ手助けをします。  
           
2、物語をわかりやすく紹介「物語ナビ」
ジョバンニやカムパネルラなどの登場人物紹介や、銀河鉄道の道のり図解、原作者の宮沢賢治についてなど、お話のイメージがつかめる「物語ナビ」つき。ささっと内容を見返せるので、感想文を書くときにも便利です。

3、原文の魅力をできるかぎりいかし、小学生向けに読みやすくした文章
小学生が楽しめるように、現代語表記にし、一部の文章をわかりやすく言いかえたり省いたりしていますが、一方で、できるかぎり原作の魅力を残すことを目指しました。難解な表現には、注釈で補足しています。

このページのトップにもどる

著者

宮沢賢治(原作)】

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『セロ弾きのゴーシュ』『注文の多い料理店』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

芝田勝茂(文)】

児童文学者。著書に『ふるさとは、夏』(福音館文庫、産経児童出版文化賞)、『真実の種、うその種』(小峰書店、日本児童文芸家協会賞)、『西遊記』(学研)等多数。日本ペンクラブ会員、日本児童文芸家協会会員。

戸部淑(絵)】

雑誌や書籍の表紙、挿絵、キャラクターデザインで活躍中。「コーンフィールド先生」シリーズ(学研プラス)、「新 妖怪ナビ・ルナ」(講談社青い鳥文庫)、「人類は衰退しました」(小学館ガガガ文庫)など。

加藤康子(監修)】

東京学芸大学大学院(国語教育・古典文学専攻)修士課程修了。中学・高校の国語教員を経て、梅花女子大学で教員として近代以前日本児童文学などを担当。その後、東海大学などで、日本近世文学を中心に授業を行う。

~芝田勝茂さんから、この本についてのメッセージです!~

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を、子どものころに読んだ記憶があります。
でも、その時は、親友カムパネルラが、どこか遠いところへ行ってしまうという、もの悲しい印象だけが残りました。
宇宙を走る鉄道の中から外を見る、美しい、ふしぎなイメージも、たしかに読んだはずなのに、いまいち、よくわかっていませんでした。
わたしの読み取る力が足りなかったのかもしれません。
でも、ほんとは、きっと、むずかしかったんです。
そして、賢治の書き直しとちゅうの、未完の文章だったせいもあるだろうと思います。
でも、今、賢治ののぞんだかたちの「最終原稿」を読んで、思います。
この作品こそ、日本の作家が生み出した、最高のファンタジーです。
こどもの時しかわからない、そして、こどもだったら、かならず読みとれることが、ここにはたくさん書いてあります。
だからこそ、今のこどもたちに、そして、小学生の時に、読んでもらいたい。
こんど、現代の小学生が読めるように、賢治の原作のイメージをこわさず、みなさんに伝えようと思って文を担当しました。
ぜひぜひ、手にとってお読みください。

このページのトップにもどる

●難しいことばの解説もわかりやすく、さし絵も要所にあり、物語にひきこまれます。(小4女子・母)

●とても、絵がキレイ☆ (小3女子)

●宮沢賢治さんの作品、ざせつしてばかりだったけど、これはとても集中して読めました。(小6女子)

●イラストもステキです。娘が自分で選んで読んでいます。あとでママも読んでみます。8歳でも分かりやすかったみたいです。(小3女子・母)

●ジョバンニの気持ちが、すごく伝わってきて、感動しました。(小6女子)

●イラストも、とてもすてきだった。(小6女子)

●(10歳名作シリーズから)日本の名作も出てうれしいと言っています。(小4男子・母)

●物語に出てくる言葉のせつめいがのっていて分かりやすい。(小3女子)

●かんどうしたのでいっぱいよみたい。(小2女子)

●読んでみたいと思っていた名作が簡単に読めるのがよかったです。(小4女子)

●ふりがながついていて、読みやすい!(小5男子)

●絵がわかりやすくて、想像しやすかったです。(小4男子)

●むかしの写真もあり、とてもわかりやすい。(小4女子親)

●イラストがカラーで読みやすかったし、話の意味もわかりました。(小3女子)

●絵がきれい。(小4男子)

●カラーも多いし、字も大きくて読みやすいです。(小4女子)

●子どもだけでなく、親も楽しめました!(小6男子親)

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

小学生が楽しめる日本名作シリーズです

「日本名作って面白い」と、お子様が楽しめるように
親しみやすく、読みやすく構成しているシリーズです。
いつか、原作を手にとるきっかけになるような
日本名作入門編として、おすすめです。

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [小学生(低学年)]
まほうのドレスハウス  ふたごのプリンセスとゆめみる宝石ドレス
名作よんでよんで  日本の昔ばなし20話
10歳までに読みたい日本名作  古事記
10歳までに読みたい世界名作  赤毛のアン
10歳までに読みたい日本名作  少年探偵団
もっと見る