Homeこどもの本図鑑・百科小・中学生向け > 『泣けるいきもの図鑑』

商品紹介

泣けるいきもの図鑑

  • 監修今泉忠明
  • 定価(税込)972円
  • 発売日2017年08月26日
  • 発行学研プラス
  • 対象小学生
現在ショップ.学研ではご購入いただけません
ネット書店で購入する

内容

「脂肪のせいで上手くもぐることができない」アザラシや「毎日10分しか眠ることができない」キリンなど、生き物77種のかわいそうでいじらしい生態を紹介!さらに、「忠犬ハチ公」など感動の実話も11話収録。感動泣きから笑い泣きまで、この一冊!

この本のみどころ・おすすめ

▲かわいいイラストとともに切ない生態を紹介! ▲絶滅した生き物を物語形式で紹介! ▲本当にあった感動の物語を紹介!

泣ける!笑える!元気が出る!88話のびっくりエピソードが満載

「負けるとからだの色がくすむカメレオン」、「脂肪がつきすぎて上手くもぐれないアザラシ」、「たたかいに負けたらひとりぼっちになるライオン」など、77種の生き物たちが織り成す泣ける(笑える!?)エピソードを紹介!

不器用に、一生けんめい生きる生き物たちの姿を知れば、生き物のことがもっと好きになる! 小学校低学年から大人まで楽しめるネタが満載!

●生態が泣ける
生きるか死ぬか、野生で大変なくらしをしている生き物、進化によってとんでもない体になってしまった生き物、命がけで子どもを守り、育てている生き物を紹介しています。

●絶滅が泣ける
ステラーダイカイギュウ、ニホンオオカミなど絶滅した6種を物語形式で紹介。最後の1匹はいつ、どこで、どのようにして死んだのか。そこには泣ける真実が……

●実話が泣ける
宇宙にひとり片道切符で旅立っていったライカ犬、死んだ赤ちゃんをミイラになっても抱き続けたサルなど、11話の本当にあった泣ける動物エピソードを収録。

このページのトップにもどる

著者

今泉忠明(監修)】

動物科学研究所所長、ねこの博物館館長 1944年、東京生まれ。国立科学博物館特別研究員、富士自然動物園協会研究員などを経て現職。著書は「学研の大図鑑・世界絶滅危機動物」(学研・編著)など多数ある。

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [小・中学生向け]
泣けるいきもの図鑑
学研の図鑑LIVE(ライブ)  危険生物
学研の図鑑LIVE(ライブ)  昆虫
なりきり!YouTuber実験 小学生
学研の図鑑LIVE(ライブ)  深海生物
もっと見る