Homeこどもの本読み物小学生(低学年)10歳までに読みたい日本名作『里見八犬伝』

商品紹介

10歳までに読みたい日本名作 4巻 

里見八犬伝

ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する

内容

小学低中学年から楽しめる!オールカラーイラストで、さくさく読める「日本名作」シリーズ第4弾。犬士の一人、信乃は、悪と戦いながら、運命の仲間を探す。いつか八犬士は出会い、里見家の呪いを解けるのか―。一度は読んでおきたい名作を、読みやすく収録。

この本の目次

■物語ナビ 

1.その始まり
2.たたり
3.八つのふしぎな玉
4.宝刀村雨丸
5.浜路
6.二つの戦い
7.仲間をさがして
8.荘助の危機
9.はなればなれに
10.もう一人の浜路
11.ふたたび暗雲が
12.親兵衛参上!
13.幻術
14.妙椿の正体 
15.八犬士  

■物語について  文/横山充男       
■日本の名作にふれてみませんか 監修/加藤康子

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲登場人物ページは、引き出しながら読めます。 ▲お話地図や図解で、理解を深められます。 ▲カラーイラストで、物語の世界に引き込みます。

はじめて読む「里見八犬伝」としておすめの本です

1、オールカラーイラストで、名作、古典がぐっと身近に
1冊に50点以上ものカラーイラストを掲載。お話の世界に入りこむ手助けをします。  
           
2、物語をわかりやすく紹介「物語ナビ」
登場人物紹介、お話地図、原作についてなど、物語のイメージがつかめる「物語ナビ」つき。ささっと見返せるので、感想文を書くときにも便利です。登場人物紹介ページは、引き出しながら、本文を読むのもおすすめ。

3、原文の魅力をできるかぎりいかし、小学生向けに読みやすくした文章
小学生が楽しめるように、現代語表記にし、わかりやすく言いかえたり省いたりしています。難しい言葉や表現は、注釈で補足しています。

このページのトップにもどる

著者

横山充男(文)】

高知県出身。『少年の海』で児童文芸新人賞、『四万十川物語 光っちょるぜよ!ぼくら』で日本児童文芸家協会賞を受賞。ほか『幻狼神異記』シリーズなど多数の作品がある。日本児童文芸家協会会員。

佐々木メエ(絵)】

本の挿絵や企業広告などを中心に、フリーのイラストレーターとして活動。作品に、『10歳までに読みたい世界名作 小公女セーラ』『同 フランダースの犬』『ベストフレンズベーカリー』ほか多数。

加藤康子(監修)】

東京学芸大学大学院(国語教育・古典文学専攻)修士課程修了。中学・高校の国語教員を経て、梅花女子大学で教員として近代以前日本児童文学などを担当。その後、東海大学などで、日本近世文学を中心に授業を行う。

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

小学生が楽しめる日本名作シリーズです

「日本名作って面白い」と、お子様が楽しめるように
親しみやすく、読みやすく構成しているシリーズです。
いつか、原作を手にとるきっかけになるような
日本名作入門編として、おすすめです。

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [小学生(低学年)]
10歳までに読みたい世界名作  西遊記
10歳までに読みたい日本名作  走れメロス/くもの糸
10分で読める  10分で読めるわらい話 二年生
なぜ?どうして?  なぜ?どうして?かがくのお話1年生
10歳までに読みたい日本名作  里見八犬伝
もっと見る