Home書籍・ムック文芸書ノンフィクション > 『教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女わたしはマララ』

商品紹介

わたしはマララ

教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する
電子書籍版を購入する BookBeyond

内容

「すべての子どもに教育を」と訴え、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女・マララの手記。本書は、テロリズムによって生活が一変した家族の物語でもあり、女の子が教育を受ける権利を求める戦いの記録でもある。世界36か国で翻訳のベストセラー!

著者

マララ・ユスフザイ(著)プロフィール】

パキスタンで「女性が教育を受ける権利」を訴え、2012年タリバンに銃撃された16歳(当時)の少女。その勇気と主張を支持する声は世界中に広がり、相次ぎ賞を獲得。2014年史上最年少でノーベル平和賞受賞。

クリスティーナ・ラム(著)プロフィール】

世界トップクラスの国際ジャーナリスト。オックスフォード大学、ハーバード大学卒業。5冊の著書がある。イギリス海外通信員賞を5回受賞、ヨーロッパで最も権威のある通信員賞とされるバイユー戦争報道特派員賞受賞

金原瑞人(訳)プロフィール】

1954年岡山市生まれ。法政大学教授・翻訳家。児童書やヤングアダルト向けの作品のほか、一般書、ノンフィクションなど、翻訳書は400点以上。訳書に『豚の死なない日』『青空のむこう』などがある。

西田佳子(訳)プロフィール】

名古屋市生まれ、東京外国語大学英米語学科卒業。英米文学翻訳家。訳書に〈キンケイド警視〉シリーズ、〈ミッシングパーソンズ〉シリーズ、『赤毛のアン』、『小公子セドリック』などがある。

このページのトップにもどる

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [ノンフィクション]
わたしはマララ
ムー・スーパーミステリー・ブックス  闇の陰謀対談 ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ
プロメテウスの罠 7
ムー・ノンフィックス  「フルベッキ写真」の暗号
小さな宇宙人 改訂版
もっと見る