Homeこどもの本読み物女の子向け読み物王女さまのお手紙つき『舞踏会とジュエルの約束』

商品紹介

王女さまのお手紙つき 1巻 

舞踏会とジュエルの約束

ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する

内容

世界中の王さまや王妃さまのそろう舞踏会で、はじめてあいさつするユリア姫。他の国の王女さまと出会い、友情が始まります。バラのドレスやゆうがなダンス、ステキな王子さま・・・それにひみつの冒険。かわいくて、かしこくて、勇気ある王女さまのおとぎ話。

立ち読み

この本の、ドキドキするみりょくや、感動のシーンを紹介します!




おとぎの世界の、あこがれるシーンがいっぱい!
文字の量や大きさもちょうどよくて、よみやすい本です

このページのトップにもどる

この本の目次

▲横に広がるカラーページに、12人の王女さまたちがせいぞろい ▲物語のはじまりは、森のお城へ到着するところから ▲女の子だけの、ひみつの冒険も待っていて、ドキドキ!

特別カラーページ◆ ティアラ会の王女さまたち


さいしょに◆ はじまりのポエム

お話◆ 1 あこがれのお城

     2 ドレスのチェック

     3 王女さまのお作法

     4 ジップワイヤー

     5 音の正体

     6 ひみつのお散歩

     7 犯人さがし

     8 力をあわせて

     9 ドレスに着がえて

     10 最高の舞踏会

     11 ジュエルの約束

さいごに◆ おわりのポエム

おまけのページ◆ ティアラ会 おまけ報告


ないしょのふうとう◆ 王女さまからのお手紙

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲おなじ年くらいの王女さまたちに出会い、すぐにうちとけます ▲すてきな王子さまたちも、舞踏会のためにお城へきています! ▲お花のゆれる特別ドレスに着がえたら、軽やかにダンスできそう!

世界じゅうの王さまのそろう舞踏会に、デビューすることになったユリア姫

●お話の最初部分を、特別にためしよみ●


 おとぎの世界の王女さまのお話です。
 ある日、ごうかな馬車が、森にあるおおきな金色の門をくぐりました。
「ついに、きたのね!」
 馬車から顔を出しているのは、リッディングランド王国のユリア姫です。
 ここ、ミストバーグのお城では、年に一度、世界二十か国の王さまと王妃さまが集まり、舞踏会がひらかれます。
 ことしは、ユリア姫も、両親である王さまと王妃さまといっしょに、このお城にまねかれ、四日間をすごすことになっていました。
 三日めにひらかれる舞踏会のことを思いうかべ、ユリア姫はひとり、きんちょうしています。
 この行事は、王女さまにとって、とても大切な意味がありました。
 せいぞろいした大人たちに自己しょうかいのごあいさつをして、一人前のりっぱなレディーとみとめてもらう、デビューの場なのです。

エントランスのそばに馬車が着くと、男の人が階段をおりてきました。
「ようこそ、ユリア姫。
はじめての舞踏会をぞんぶんに楽しみなさい」
このどうどうとした、白いおひげのおじいちゃまは、お城のあるじ、ガッドランド王です。
「はじめまして。四日間、お世話になります」
ユリア姫は、スカートを両手で軽くつまみ、にっこりとほほえみました。
王妃さまであるお母さまに、きびしくしつけられてきたとおり、かんぺきにできた気がします!
ガッドランド王に案内され、両親とお城の中へ入ると、世界じゅうから到着した王さまや王妃さまが、にぎやかに話をしていました。
(わあ、このかたがたのまえで、自己しょうかいをするのね!)
リッディングランド王国の代表として、両親や国民の期待にこたえ、りっぱにやりとげなければならない、というプレッシャーもあります。
それでも……女の子ならだれもが夢みる、はなやかな舞踏会。
ユリア姫も、ようやく、舞踏会に参加できる年になったのです。
      
 ぐるぐるした、らせん階段を五階ぶんあがった、塔のてっぺんのお部屋……そこが、ユリア姫のとまるゲストルームでした。
「ユリア、三十分後に、舞踏会用のドレスのチェックをはじめますよ。二階ぶん階段をおりて、右へ曲がると、ドレスメイクルームですからね。おくれないようにきなさい」
 お母さまがとびらをしめたとたん、ユリア姫はまどへかけよります……。


●お話のつづきは、本をよんでくださいね●

このページのトップにもどる

著者

ポーラ・ハリソン(原作)】

イギリスの人気児童書作家。本書の原作である「THE RESCUE PRINCESSES」シリーズは、イギリス、アメリカ、イスラエルほか、世界で100万部を超えるシリーズとなった。

このページのトップにもどる

▲ティアラ会からの招待状 ▲内気なティアラの新学期 ▲しあわせ色の結婚セレモニー

「舞踏会とジュエルの約束」をよみおわったら、
次はこの本がおすすめです★





「王女さまのお手紙つき ティアラ会からの招待状」

大舞踏会でのデビューをひかえたナッティ姫は、姉のユリア姫から『ティアラ会』と魔法のジュエルのひみつを教えてもらいました。わくわくのナッティ姫を待ちうけていたのは……。
物語に加え、王女さま12人の自己しょうかいや、魔法のジュエル図鑑など『ティアラ会』に招待された気分で読める! ぶあついデラックス版。


「王女さまのお手紙つき 内気なティアラの新学期」

王女さまの学園“ロイヤル・アカデミー”へ入学した、エラ姫。両親とはなれ、ほかの国の王女さまたちとくらすお話です。
校舎で見つけたひみつの道や、お庭でのピクニック、ウサギの赤ちゃん……きびしい上級生や先生とのハラハラする事件も、みのがせません。


「王女さまのお手紙つき しあわせ色の結婚セレモニー」

おさないころ、両親をなくしたアミーナ姫。お姉さまのようにしたういとこの結婚式で、花よめさんにつきそう“ブライズメイド”をたのまれます。世界じゅうのお客さまでにぎわうお城で、もうひとつの事件が……。不思議なジュエルの魔法や、気になる王子さま、セレモニー用の特別なドレスも、要注目です。



「王女さまのお手紙つき 雪ふる森のお守りジュエル」


雪と氷にかこまれたお城でくらす、フレイア姫のお話です。
過保護なお父さまにきびしく育てられてきたフレイア姫。ある日、ほかの国の王女さまたちがお城へやってきます。
雪ふる森のスケートリンクや、おてんばな赤ちゃんネコ、お守りジュエルにひめられた不思議な力……。心あたたまるできごとが、待っています。


「王女さまのお手紙つき 南の島の願いごとパール」

内気でおとなしい、クララベル姫が、南の島へいくお話です。
ターコイズブルーの海、仲よしの王女さまたちとすごす時間、けがをしたイルカの赤ちゃん、そして不思議な力をもつパール……。
ハラハラする事件も、起こります。


「王女さまのお手紙つき 誕生日のおひろめドレス」

12さいの誕生日をむかえたサマー姫。国の伝統儀式として、写真撮影をおこないます。
でも、儀式用に準備されたのは、かなり古めかしいドレスで、大ショック……。
虹色にかがやく魔法のジュエルや、まいごの赤ちゃんコアラ……ロマンチックなできごとも、待っています。


「王女さまのお手紙つき たからさがしと魔法の蝶」

フルーツやお花にかこまれたメルヘンチックなジャングルの平和をまもるため、伝説のたからものをさがすイザベラ姫のお話です。
いたずら好きの子ザルや、わくわくする探検、仲よしのお友だちとのお泊まり会、魔法の蝶……奇跡のようなできごとが、つづきます。


「王女さまのお手紙つき 銀色ペンダントのひみつ」

親しい王女さまたちと、ちいさな島にある赤レンガの館へ集まったロザリンド姫のお話です。
むじゃきな赤ちゃん犬や、おいしいチョコレートのおかし、夜のパーティー……それに、思いがけない事件。
わくわくするものやできごとが、次つぎに登場。

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲さいごのページには、バラ色ピンクのちいさなふうとうが! ▲お話のあとに、よんでくださいね ▲お手紙を書いたのは、主人公のユリア姫と3人の王女さまたち

さいごのページには、お話に登場したユリア姫たちからのお手紙がついています!

★お手紙のはじめを、のぞいてみましょう★

こんにちは、ユリアです。
わたしたち4人は、生まれてはじめて友情を知りました。
夜の森の冒険やごあいさつだって、
ひとりではびくびくだった。
でも……

(つづきは、お手紙をよんでくださいね)

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲お城のそばの美しい森と動物を守るため、大活やく。カッコイイ!! ▲舞踏会デビューのためのきびしいレッスンも、みんなで乗りきります ▲王女さまたちのおめかしドレスを紹介するページもあります

読者の声 続々とどいています!

・お手紙つきが嬉しくて、このシリーズにすっかりはまっています。これからも楽しみにしています。(小3母)

・王女さま4人が力を合わせてシカの赤ちゃんを助けてあげたところに、感動☆(小2親)

・王女さまが、ただオシャレをして舞踏会デビューするだけだと思ってたら、夜の森を冒険したからびっくり! 動物好きだけど、一人じゃ怖くてできないよ。友だちってすごいね。(小5)

・王女さまの手紙が楽しい。ティアラ会の続きが楽しみ。(小3)

・女の子を惹きつける工夫満載で、素晴らしい本だと思います。(小1母)

・絵がかわいくて、お話もロマンチック! 女の子が大好きな物語です!!(小4)

・本屋で1番かがやいていましたっ! 絵がかわいい!(小4)

・お姫さまなのに森へ行ったりするなんて、すごいと思いました。はじめてのお友だちができたんだね。おもしろかった。楽しかったです。(小2)

・いつも前向きにがんばるのは、すごいと思うよ。どんなピンチも乗り越えて、これからもその気持ちを忘れずにすごしてね。(小2)

・ユリア姫は、舞踏会という注目される立場でプレッシャーを抱えて、何事も努力していてすごいと思いました。(小6)

・みんなと森へ行くところが、ワクワクしました。(小5)

・シカの赤ちゃんがワナの刃にがっしりと挟まれているのをみて、すごくつらそうな顔ですごく悲しそうでした。でもその時、ユリア姫とクララベル姫とジャミンタ姫とルル姫が助けていて、すごく勇気のある子だなと思いました。(小3)

・ユリア姫のことを心の強い子だって思いました。みんなをまとめたり、レイバン公爵にも怖がらずに話せていて、とてもすごかったです。わたしも、手紙を通じてユリア姫と心でつながれたらいいなと思いました。(小4)

・とってもおもしろくて、あこがれる本でした。ハラハラドキドキがとまらなかったです。(小2)

・ユリア姫は友だちがすぐにできて、いいなー!とあこがれました。(小5)

・だれもがあこがれる本だと思いました。わたしも、あの人たちみたいになりたい!! いいな~!!(小4)

・とても感動的で、とてもいい本だと思いました。(小4)

・わたしも、友だちと仲よくなれるようなきっかけを作ってみようと思います!(小3)

・かわいいお姫さまが、勇気を出していろんなことをするところが、とってもおもしろくって夢中になりました。(小5)

・ユリア姫は、がんばりやさんだと思ったよ。だってユリア姫は、森にいたシカを一生懸命助けたし、あこがれの舞踏会デビューをやりこなせたからだよ。(小3)

・ユリア姫の気持ち、よく分かる。小学校にはじめてきたときに、自己紹介は怖かったの。でも、気持ちと考えていることをお話していたら、友情が生まれた気がしたよ。(小2)

・ユリア姫。わたしは、友だちと元気にご挨拶ができるようになりました。最初は恥ずかしかったけど、今は、もう恥ずかしくはありません。(小1)

・ユリア姫は勇気があって、なんでもチャレンジして色々なことを知って、いっぱい覚えてる。ユリア姫だけじゃなく、ジャミンタ姫、ルル姫、クララベル姫、みんなで力を合わせてがんばっているんだなと思いました。(小3)

・王女さまたちの勇気が、本を読んで伝わってきました。(小3)

・この話を読んだら、勇気があるってすてきだなって思えてうれしい!(小3)

・わたしは、王女さまのお手紙を読んで、元気をもらいました。元気がもらえてうれしいです。わたしは、怖がりでした。けど、王女さまのお手紙を読んで、ちょっとだけ怖がりがなくなりました。怖がりをなくしてくれてありがとうございます。(小2)

・わたしも、ユリア姫のようなそっと優しくできる人になりたいな!(小5)

・わたしも、勇気のある女の子になりたいです。(小4)

・最初のページの言葉が心に残りました。どのプリンセスもみんなかわいくて、わたしもユリア姫みたいになりたいです。(小3)

・ユリア姫みたいに勇気があってかしこい女の子になりたいです。いじめられても、泣かないで自信をもって立ち向かいたいです。今は友だちがいっぱいいるけど、もっともっとお友だちを増やして、みんなで助けあいながら、生きていきたいです。(小4)

・本の中に入りたいと思うほど、お気に入りみたいです。(小1母)

・1行読むたびに、次が何か気になりながら、読みました。(小3)

・すごく4人とも勇気があると思いました。でも4人で力を合わせたから、友情も深まり、いろんなことができたのかなぁと考えながら読みました。(小5)

・ユリア姫は、かわいくて、かしこくて勇気のある姫だと思います。クララベル姫やルル姫やジャミンタ姫とすぐに仲よくなってシカを助けたり、ワナを探して使えなくしたり、動物を4人で助けて、本当にすごいなと思います。(小5)

・この本を読んで、わたしも出会いや友情を大切にしようと思ったよ。この本を読んだおかげで成長したよ。また、次の冒険が楽しみだよ。(小3)

・この本を読んで、友情が大事と知りました。おもしろかったです。(小2)

・かわいいプリンセスたちがたくさんいて、友情をみせてくれるのがいいなあと思いました!(小4)

・普段はきれいなドレスを着ているのに、そのドレスをぬいで、お城を抜け出して冒険するところがすごいと思いました。(小3)

・ジャミンタ姫がジュエルに力をこめてるところや、ルル姫の宙返り、ユリア姫のドレスにびっくりしたよ。この本は一生の宝物だよ。(小3)

・みんなで力を合わせて動物も助けていて、すごいなっと思ったし、かわいいお洋服とか、きれいなドレスとか、色々持っていて勇気もあるお姫さまをみて、勇気が出てきて、わたしも友だちを助けたいなっと思いました。(小2)

・ユリア姫の手紙を読んで、お友だちってやっぱりすてきと思います。(小4)

・わたしも「友情」を大切にしたいです。(小4)

・たくさんのお友だちと仲よくしていて、いいお話だと思いました。(小3)

・ユリア姫は、とっても勇気があるね。みんなと力を合わせて柵を登ったりして、すごくみんなと仲がいいなと思ったよ。(小2)

・ユリア姫がかわいかったです。あと、ジャミンタ姫がジュエルに特別な力をこめられることが、すごいと思いました。(小2)

・王女さまたちの絵がかわいいし、性格もよく分かりました。(小3)

・絵がかわいかったです! ストーリーがおもしろかった。(小4)

・かわいくて、ノートに写してしまうほどの魅力があった。(小4)

・とても絵がかわいくて、いっぱい種類を増やしてください!!(小3)

・ユリア姫もルル姫たちも、みんなかわいかったです。友情や、やさしさ、勇気のことが書かれていてとてもいい本でした。(小3)

・ユリア姫は、すごくやさしくて、かわいいし、知らない人とすぐ仲よくできるからすごいなぁ。大好きです。(小2)

・ユリア姫は、自分が思ったことを信じてやってることがすごいなと思いました。本当に会えたらいいなと思いました。(小2)

・いろんな王女の個性があって、それでも、チームワークがつくれるなんてすごいなって思った。(小2)

・プリンセスが大好きなので、とてもあこがれました。(小3)

・本を読んでいるときに、「また今度もこういう本をほしいな」と思いました。(小1)

・ティアラやネックレス、ドレスなどすてきだね!(小3)

・わたしだったら、友だちと王子さまで迷ってしまうと思いますが、やはり、わたしも友だちを選ぶと
思う。(小4)

・この本の主人公のユリア姫は、わたしと同じ性格だったので、「うんうん」と思いながら、本を読みました。(小5)

・ユリア姫が、わたしに勇気をくれた。うれしかったよ。(小1)

・かわいい!! ユリア姫、勇気があってお友だちができてよかった!(小4)

・絵がとってもかわいくて真似したくなるし、お話が読みやすくてとってもいいです。(小6)

・プリンセスのドレス、どれもかわいくて、ゴージャスでほしくなりました。(小4)

・みんなすてきな王女さまでした! シカを助けられてステキ!!(小4)

・全部の姫がかわいかったです。(小3)

・おもしろくて、かわいくて、信じる力があって、お姫さまの大変さが分かりました。(小3)

・みんなでいっしょに協力しているところが、かっこよかったです。(小3)

・どんなことも、友だちと協力したり努力していたユリア姫がすごい。(小6)

・ユリア姫は、みんなに意見をいえてすごいと思いました。わたしは、なぜか、なかなかみんなに意見をいえません。だから、そんなユリア姫がうらやましいです。(小2)

・わたしも冒険したい!! ドレスを着て踊りたい!!!(小4)

・とても美しくて、やさしいのが分かりました。すごいアドベンチャーになったんだね! わたしも、お姫さまになってみた~い!(小3)

・ダンスをおどったり、冒険をしたりして、姫としてすごくよかった。(小3)

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [女の子向け読み物]
王女さまのお手紙つき  ティアラ会からの招待状
魔法医トリシアの冒険カルテ  飛空城とつばさの指輪
王女さまのお手紙つき 6巻  雪ふる森のお守りジュエル
動物と話せる少女リリアーネ  イルカ救出大作戦!
動物と話せる少女リリアーネ  動物園は大さわぎ!
もっと見る