Homeこどもの本読み物小学生(中学年~高学年)王女さまのお手紙つき 7巻『しあわせ色の結婚セレモニー』

商品紹介

王女さまのお手紙つき 7巻 

しあわせ色の結婚セレモニー

ショップ.学研で購入する
ネット書店で購入する

内容

おさないころ、両親をなくしたアミーナ姫。お姉さまのようにしたういとこの結婚式で、花嫁のブライズメイドをやることに。準備に大いそがしのお城で事件が起こり…結婚式はどうなる? 王女さまたちのよせがきレターと、未来の花嫁へのおまじないカードつき。

立ち読み

おしとやかでえんりょがちなアミーナ姫が主人公。
大切な人を心からお祝いする、しあわせなセレモニーのはじまりです!



すてきな結婚セレモニーに、うっとり!
文字の量や大きさもちょうどよくて、よみやすいページ数です




【お話の一部を、特別にためし読み!】

(前略)

 お城の広場までやってきたアミーナ姫は、柱のかげから、そっとのぞきました。

 (今ならだれもいないみたい……外の庭へ出るチャンスね)

 アミーナ姫は、はなやかにかざりつけされた広場を、みわたします。

 あしたは、いっしょにくらしている、いとこのラニ姫の結婚式。
 前日のきょうは、セレモニーに出席するお客さまがたが、世界じゅうから、お城へやってくる日なのです。
 アミーナ姫のおばさまであるケシ王妃は、だいじな儀式の準備で、いそがしく動きまわっています。
 もしも今、ケシ王妃にみつかったら、すぐにお手伝いをいいつけられそう。
 アミーナ姫は注意深くあたりをみまわして、広場を横ぎろうと走りますが……。

 「きゃっ」

 もう少しのところで、だれかとぶつかって、しりもちをついてしまいました。


…つづきは、本をよんでくださいね


このページのトップにもどる

この本の目次

▲カラーページ★しあわせの光がさしこむ聖堂に王女さまがずらり! ▲ポエム★お話のはじまりとおわりには主人公の気持ちを詩にしたページ ▲登場人物の紹介★性格や家族など、王女さまの情報がわかります!

特別カラーページ◆ ティアラ会の王女さまたち
ページを観音とびらのように両がわに開くと、おとぎの世界にくらす12人の王女さまがせいぞろい!


登場人物の紹介◆今回は…
主人公のアミーナ姫や、仲間の王女さまたち、家族などを紹介したページ


さいしょに◆はじまりのポエム
アミーナ姫の心の声を、詩のようにつづったページ。はじめに読めば、お話がもっと深く理解できます


お話◆1 お城の姉妹

     2 まぼろしのトラ

     3 お友だちの到着

     4 赤ちゃんを守りたい

     5 フルーツ売り

     6 かしこいサマンサ姫

     7 晩さん会

     8 暗やみの中で

     9 こぼれでた気持ち

     10 結婚セレモニー

     11 ほんとうの気づかい



さいごに◆おわりのポエム
お話の中で、アミーナ姫が気づいたことや考えたことを、詩のようにつづったページ


おまけのページ◆ティアラ会 おまけ報告
お話の中で紹介しきれなかったこぼれ話を、王女さまたちがレポートしています


ないしょのふうとう◆ 王女さまからのお手紙&花よめのおまじないカード
ちいさなふうとうに、アミーナ姫と、お話に登場した3人の王女さまからのよせがきレターが。さらに、未来の花よめさんにおくる、おまじないカードも入っています

このページのトップにもどる

この本のみどころ・おすすめ

▲花よめのせんさいなレースのロングベールは、息をのむ美しさ ▲しあわせそうなお姉さまに、むねがいっぱいになる気持ちも体験 ▲花よめのつきそいを無事にやりとげたアミーナ姫は、はれやかな顔

ロイヤル・ウエディング……あこがれの結婚セレモニー!


まどからさしこむ、おごそかな光につつまれた聖堂

女神のように清らかなウエディング・ドレス

ゆかに広がる、長い長いベール…


主人公、アミーナ姫が、おさないころから姉妹のようにいっしょにくらしてきたラニ姫は、おおきなお城の聖堂で、結婚式をあげる、二十歳の花よめさん。
アミーナ姫は、儀式のとき、花よめのそばにつきそい、お手伝いをしたり、みまもったりする大切な役目“ブライズメイド”をたのまれていました。
花よめに信頼された人がまかさせる、とてもめいよな役目なのです。

王室の結婚セレモニーのために、世界じゅうから王さまや王妃さま、王女さま、王子さまたちがぞくぞくとやってきます。


はなやかにかざられたお城の中庭

セレモニーの前の夜を祝う、ぜいたくなディナー

聖堂への花よめの入場

ちかい、指輪の交かん

フラワーシャワー、ブーケトス

ファーストダンス…


ロマンチックなシーンが次つぎに登場して、そのたびにうっとり。
きっと、これまで結婚式に出たことのない人も、セレモニーのしあわせな空気をたっぷり味わえることでしょう!

この日のために仕立てられたアミーナ姫のブライズメイド用のドレス、お祝いにかけつけた王女さまたちのセレモニードレスもみのがせません。
式の前日には、ドレスを試着してお直しをするシーンまであって、女の子ゴコロがくすぐられまくりです!

このページのトップにもどる

著者

ポーラ・ハリソン(原作)】

イギリスの人気児童書作家。本書の原作である[THE RESCUE PRINCESSES」シリーズは、イギリス、アメリカ、イスラエルほか、世界で130万部を超えるシリーズとなった。

さし絵を担当した ajicoさんから メッセージをいただきました!


この物語でアミーナ姫が学ぶことは
わたしも似た経験があったので、とても思いいれがありました。

せんさいな感情のうつりかわりを感じとってもらえるように
表情には特に気をつかいました。

ほかの巻に登場するアミーナ姫よりも
ひとりのプリンセス…ひとりの女の子として
とても近くに感じられる1冊になっていると思います。

また、
ほかの巻のふんいきとはちがった、パンツスタイルのドレスや
変そうする王女さまたち、セレモニー用のドレスなどなど
衣しょうも、楽しんでくださいね。 (ajico)


【ajico(絵)プロフィール】

デザイン会社でのグラフィックデザイナー勤務を経て、イラストレーター・デザイナーとして活動開始。イラストレーション・デザイン・ハンドメイドアクセサリー・雑貨中心に活躍中。
小学生の女の子に大人気のおとぎ話「イチゴのお手紙つき」シリーズ(学研プラス)でも、ときめきいっぱいのさし絵をえがいている。

このページのトップにもどる

▲仲間の王女さまたちも、お祝いのドレスに着がえて登場です ▲大理石の聖堂での、ごうかなロイヤル・ウエディングにうっとり ▲やさしいいとこのラニ姫の前では、心を開いた妹らしい笑顔に

・この本を大切にしています。すごくすてきで、わたしのお守りの本です!(小4)

・プリンセスや王女が大好き。ドレスやお城やアクセサリーが出てきて、とてもかわいくて、楽しいです! これからも読みたいです(小4)

・この本、友だちも持っています。はやっています。すごくおもしろいです!(小3)

・これで3さつ目だったけど、いちばん楽しかった!(小2)

・女の子に必要なものは、かわいくてかしこくて勇気のあること……と、よくわかりました(小3)

・とても心がひきつけられました。買ってよかったです(小3)

・115ページの、心の中でさけぶアミーナ姫のやさしさが好きです。わたしも、人に気をつかってがまんしてしまう性格なので、この本をよんで自分のことみたいに思いました(小6)

・わたしも、えんりょさえして、自分のはんいを広げなければ、めいわくになんてならない、と思っていました。しかしアミーナ姫の本をよみ、それはちがう、よけいなめいわくもあるということを知ることができました。「王女さまのお手紙つき」シリーズは、わたしの人生の教科書のようです!(小3)

・アミーナ姫、がまんしないで、自分の気持ちをはっきりと言えばいいと思います。わたしも以前、お母さんにだまっていたことがありました。でも、すなおに言ったら「がまんしなくても、言ってみなくちゃわからないんだ!」と思いました。アミーナ姫も、がまんをしなくていいんだよ(小3)

・わたしは、いつもお母さんを困らせちゃって、きらわれているんだなと思ったことがあったけど、わたしとお母さん2人だけの時間があったときに、お母さんに、わたしのこと、「きらいじゃないよ」と言われて、ほんとうにうれしくてなみだが出そうだった。アミーナ姫も自信を持って!(小4)

・最後の「ほんとうの気づかい」が、おもしろかった!(小5)

・「人に頼ってもいい」ということを知れてよかったね(小2)

・アミーナ姫は、とてもかしこくてかわいいと思ったよ。わたしも、しあわせな花よめになるために勉強をがんばろうと思う!(小6)

・わたしは、この本が大すきです。アミーナ姫に会いたいと思います。これからも、もっと、アミーナ姫のようにやさしい人になりたいです(小1)

・友だちと助けあうんだね! とってもすてきでうらやましい! わたしもやってみよう! 小指についているジュエル、わたしもほしい!(小4)

・最後が、すごい感激しました。アミーナ姫がブライズメイドをやって、ラニ姫が結婚をするというので、夢中で読んでしまいました(小6)

・ラニお姉さまの結婚セレモニーは、読んでいてとっても感動的でした(小3)

・お姉さまが結婚するところがよかった(小1)

・いつかわたしも、アミーナ姫みたいにお城でくらして、結婚式のつきそい役をしてみたいです。ドレスがとってもかわいいね(小3)

・ブライズメイドにえらばれるなんてすごい(小2)

・いとこの結婚式に出られたアミーナ姫が、とてもうらやましかったです(小4)

・アミーナ姫のラニ姫へのあいじょうがわかったよ!(小1)

・わたしは、結婚式でフラワーガールをやったことがあるよ~!(小2)

・わたしは、結婚式にでたことがあります! 花よめさんをみて、ステキだなと思いました。ステキな人と出会えてよかったねと思いました(小2)

・ラニ姫がいたなんて、はじめてしったよ! みんなかわいい王女なのね(小2)

・自分も、ラニ姫みたいな結婚式をあげたいです(小3)

・王女さまってうらやましいな~! わたしも、ラニ姫のようなすてきなドレスで、心からおいわいされる結婚式にしたいな(小4)

・わたしもいつか、好きな男の子とラニ姫みたいに結婚できたらいいなって思うんだ。わたしは、しあわせあふれる、みんなが感動の、なみだが出る式がいい! ウエディングドレスは、たくさんのフリルがついていて、風ですてきにゆれるドレスがいいです!(小3)

・わたしは、アミーナ姫やイザベラ姫みたいなドレスを着て、フランスとかで結婚式を開きたいな…(小3)

・わたしもアミーナ姫みたいなドレスで、結婚式をひらきたいな!(小1)

・わたしのあこがれている結婚式は、「だれもがしあわせになれる」こと。ドレスは、アクアマリン色のドレスがいいな~!(小1)

・ふうとうの中に入っていた、サムシング・ブルーのおまじないを、ありがとう!(小3)

・わたしのしょうらいの夢は、すてきな花よめさんなんだ。お手紙といっしょに入っていたおまじない、やってみるね!!(小2)

・しあわせの花よめさんになるために、わたしは、かくしごとがなくて、なんでもいえる人になるようにがんばります。アミーナ姫大すき(小2)

・アミーナ姫なら、きっとすてきな花よめになれると思います(小3)

・アミーナ姫は、とてもステキな花よめさんになれると思う。わたしね、思ったの。アミーナ姫の心は、とってもとてもキレイだなって!(小3)

・アミーナ姫ならきっと、しあわせな花よめになれるよ! なぜかというと、アミーナ姫は、心がやさしいからだよ(小3)

・わたしも、いつもやさしい心で接するということを心がけていこうと思っています。アミーナ姫もいっしょにがんばりましょう!(小5)

・アミーナ姫の気持ちや、ヘンリー王子の心などが、つたわってきました(小5)

・ヘンリー王子がどんな子だろうなぁと思ったけど、最後にはわかって、よかったと思いました(小4)

・わたし、アミーナ姫みたいに、きれいでやさしい子になりたいな! ティアラ会に入れてほしいです(小5)

・アミーナ姫みたいに、兄妹にもやさしくしたいなぁと思います(小3)

・アミーナ姫は、とても、ゆうかんでやさしい人ですね!! これからもがんばってください!!(小4)

・わたし、アミーナ姫は人のことと自分のことを同じぐらい考えて行動してるから、すてきだなーと思ったよ!! わたしもそんなふうになりたいな!!(小2)

・自分も「えんりょさえすれば、めいわくにならない」と考えていたから、アミーナ姫が大好きになった(小3)

・アミーナ姫、わたしも、かなしい気持ちになったときあったから、気持ちわかるよ(小1)

・アミーナ姫の勇気とやさしさがすごかったです(小2)

・表紙がとってもかわいくて、151ページの「ティアラ会おまけ報告」がおもしろかったです(小3)

・みんなほんとうにかわいいね。大―――――すき!(小3)

・とてもかしこくてかわいい(小6)

・アミーナ姫はとてもかわいいし、やさしそう。ほかの王女さまも、かしこそうだね!(小1)

・アミーナ姫のドレスって、とってもキレイだから、あこがれているんだ~(小2)

・アミーナ姫とお話をしてみたいです。アミーナ姫のドレスも着てみたいです。アミーナ姫にあこがれています(年長)

・アミーナ姫すごくかわいくてあこがれる!(小3)

・アミーナ姫のドレス、わたしもほしいな。イザベラ姫も大好き!(小1)

・アミーナ姫のドレス、いちばんかわいい!(小3)

・お姫さまにあこがれます。本の中では、アミーナ姫がいちばんかわいかったよ(小1)

・アミーナ姫の未来を楽しみにして、心でおうえんしているよ(小1)

・わたしは、はじめて本を買ったときからアミーナ姫が好きだったよ。これからもこのシリーズの本をよみたい(小2)

・アミーナ姫の本がどうしてもほしくて、すぐに買いました(小3)

・わたしは、はじめてこのシリーズを買った時「アミーナ姫ってかわいいな」って思いました。勇気があって、やさしいアミーナ姫が大好きです(小2)

・ほかの王女さまたちと協力して、赤ちゃんトラを助けたところがよかったです(小5)

・みんなで力をあわせたら、いいことがおきるんですね(小1)

・アミーナ姫がトラの赤ちゃんをみつけて、ほごしようときめたのが、わたしは、とてもゆうかんだと思ったよ。トラの赤ちゃんがみつかってよかったね!(小2)

・よく勇気を出してくらやみの中にいったね?! これからもいろいろなことがあると思うけどがんばってね!(小2)

・まぼろしのトラに出会えてよかったね!(小2)

・4人の勇気はすごいよ。トラがコワイのは、わかるけど。こんなに勇気のあるお姫さまは、みたことないよ。これからもがんばってね(小3)

・トラの赤ちゃんをたすけようとする、やさしい気持ちがすごいと思ったよ! でも今度からは、そうだんしてからやってみるといいと思うよ! もしも自分に何かあったら大変だからね。これからもがんばってね!(小4)

・タイガーズアイは、トラの目だとは思ってませんでした。ほうせきのことも、もっと、しりたいです(小1)

・最初はトラの赤ちゃんがしんぱいだったけど、アミーナ姫とロザリンド姫とナッティ姫、あとイザベラ姫で力をあわせてトラの赤ちゃんをたすけられていたのが、うれしかったです。これからもみんなとなかよくしてね!(小2)

・アミーナ姫は勇気があってやさしくてかわいくて、いいね! ラニ姫とアミーナ姫に会ってみたいよ(小2)

・トラの赤ちゃんかわいかった!(小3)

・トラのシズルとシャーベットが、かわいかったです(小3)

・トラの赤ちゃん、シズルとシャーベットという名前がかわいいね。フルーツ売りにへんそうするなんていいさくせんだね!(小2)

・言葉づかいなどが教育に悪くなく、子どもが気に入る絵の本を探していました!(小2母)

・感動する場面が多くて、おもしろかったです!(小5)

・もっとシリーズを集めて、いっぱいよみたいです。買ってきてすぐに、2さつもよみました!(小3)

・何回でもよめる!(小3)

・楽しかった!(小1)

・お話おもしろかったです。アミーナ姫のおねえさん、結婚式おめでとうございます!(小1)

・勇気をもらった(小3)

・表紙の色がカラフルでかわいいです(小4)

・絵がかわいい。かわいいお手紙がついているから、このシリーズ大すき(小2)

・すご~~~~~~~~~~く気に入った(小2)

・絵がかわいくて、お手紙が入っているので1日で読みおわった。手紙をみたとき、アミーナ姫のようになりたいと思った(小4)

・かわいくてよかったです☆(小4)

・このシリーズをはじめて読んだけど、こんなにおもしろいとは思ってなかったから、びっくりしました!(小4)

このページのトップにもどる

編集部よりひとこと

▲いとこの家族に、心のきょりを感じていたアミーナ姫ですが… ▲おばさまを心配させ、大勢の人にめいわくをかけてしまうことに… ▲ていねいな心理描写。女の子の心のおくまで、とりあげています

つい、えんりょをしてしまう女の子へ「ほんとうの気づかい」を伝えます!



主人公、アミーナ姫は“えんりょがち”な女の子。
人にたよることがにが手で、
がまんしたり、相手に気をつかってばかり。
なかなか自分の本音や心で思っていることを、うちあけることができません。

「だれかのめいわくにはなりたくない」

「こんなことを言って、相手の重荷になったら…」

「あまえるのは、よくないこと」


そんな不安やえんりょから、自分のなやみや心配ごとをひとりでかかえこんでしまうのです。

じつは、アミーナ姫は、おさないころに両親を病気でなくしていました。
それ以来、いとこの家族といっしょにくらしているのですが、これまで母親がわりになって育ててくれたおばさまに対しても「たよったらわるい」と思いこんでいます。

だいじな結婚セレモニーの前の日。
準備に大いそがしのお城で、アミーナ姫は、ある事件にでくわします。
大人をたよれば、すぐに解決できそうな問題でしたが、いそがしそうなおばさまのじゃまをしたくないからと「ぜんぶ自分で解決しよう」と、かかえこんでしまうのです。
でも、なかなか思うようにいかなくて……。

編集部がこだわったのは、アミーナ姫ならではともいえる、繊細で一生けんめいな心を、ていねいにとりあげること。
この本には、イギリスの原作がありますが、
原作の文にはなかった、アミーナ姫の“心の声”をおぎない、
さらに、さし絵のしぐさや表情、背景などからも、気持ちが伝わるようにくふうしました。

アミーナ姫が、事件を通じて気づく「ほんとうの気づかい」は、
きっと小学生の女の子たちの心にもひびくはず!
えんりょして、相手を遠ざけるのではなく、心をひらいて相談し、たよることで、
おたがいが笑顔になったり、ひとりではたどりつけなかった答えがみつかることもある……そんなふうに伝われば、と思っています。

このページのトップにもどる

販売部よりひとこと

▲ティアラ会からの招待状 ▲内気なティアラの新学期 ▲誕生日のおひろめドレス

シリーズのほかの本

「しあわせ色の結婚セレモニー」をよみおわったら、
次はこの本がおすすめです★





「王女さまのお手紙つき ティアラ会からの招待状」

大舞踏会でのデビューをひかえたナッティ姫は、姉のユリア姫から『ティアラ会』と魔法のジュエルのひみつを教えてもらいました。わくわくのナッティ姫を待ちうけていたのは……。
物語に加え、王女さま12人の自己しょうかいや、魔法のジュエル図鑑など『ティアラ会』に招待された気分で読める! ぶあついデラックス版。


「王女さまのお手紙つき 内気なティアラの新学期」

王女さまの学園“ロイヤル・アカデミー”へ入学した、エラ姫。両親とはなれ、ほかの国の王女さまたちとくらすお話です。
校舎で見つけたひみつの道や、お庭でのピクニック、ウサギの赤ちゃん……きびしい上級生や先生とのハラハラする事件も、みのがせません。


「王女さまのお手紙つき 誕生日のおひろめドレス」

12さいの誕生日をむかえたサマー姫。国の伝統儀式として、写真撮影をおこないます。でも、儀式用に準備されたのは、かなり古めかしいドレスで、大ショック……。
虹色にかがやく魔法のジュエルや、まいごの赤ちゃんコアラ……ロマンチックなできごとも、待っています。


「王女さまのお手紙つき たからさがしと魔法の蝶」

フルーツやお花にかこまれた、メルヘンチックなジャングルの平和をまもるため、伝説のたからものをさがすイザベラ姫のお話です。
いたずら好きの子ザルや、わくわくする探検、仲よしのお友だちとのお泊まり会、魔法の蝶……奇跡のようなできごとが、つづきます。


「王女さまのお手紙つき 銀色ペンダントのひみつ」

親しい王女さまたちと、ちいさな島にある赤レンガの館へ集まったロザリンド姫のお話です。
むじゃきな赤ちゃん犬や、おいしいチョコレートのおかし、夜のパーティー……それに、思いがけない事件。
気づいたら夢中になっている!?


「王女さまのお手紙つき 南の島の願いごとパール」

内気でおとなしい、クララベル姫が、南の島へいくお話です。
ターコイズブルーの海、仲よしの王女さまたちとすごす時間、けがをしたイルカの赤ちゃん、そして不思議な力をもつパール……。
ハラハラする事件も、起こります。


「王女さまのお手紙つき 雪ふる森のお守りジュエル」


雪と氷にかこまれたお城でくらす、フレイア姫のお話です。
過保護なお父さまにきびしく育てられてきたフレイア姫。ある日、ほかの国の王女さまたちがお城へやってきます。
雪ふる森のスケートリンクや、お守りジュエルにひめられた不思議な力……心あたたまるできごとが、待っています。


「王女さまのお手紙つき 舞踏会とジュエルの約束」


世界じゅうの王さまや王妃さまのそろう舞踏会に、はじめてデビューすることになったユリア姫のお話です。
森にかこまれたお城、バラのドレスやダンスのレッスン、すてきな王子さま……。
ドキドキするできごとが、次つぎに起こります。

このページのトップにもどる

幼児ワーク

商品を探す

詳しく検索

カテゴリ

ISBN

978-

出版年月

おすすめ [小学生(中学年~高学年)]
王女さまのお手紙つき  ティアラ会からの招待状
5分後に意外な結末  ①赤い悪夢
5分後に意外な結末  「悩み部」の結成と、その結末。
5分後に意外な結末  ②青いミステリー
魔法医トリシアの冒険カルテ  飛空城とつばさの指輪
もっと見る